FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ12年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

「利尻山登攀史」

取り寄せて目次を開いたとき、全て何年、何十年も前の記事、記録なのにワクワク感が止まりませんでした。利尻山に魅せられた私にとって、嬉しい一冊となりました。

利尻山登攀史

北海道の山岳ニュース
11/1
◆札幌登攀倶楽部が積雪期の利尻山に挑んだ全国の山岳団体の登攀の歴史をまとめ「利尻山登攀史」を自費出版。難易度が高い積雪期の利尻山にはザイルを使うルートが30以上あり、ヒマラヤ登山を目指す道内外のパーティーが遠征準備で登ってきた歴史がある。1934年の北大山岳部の記録以降、各ルートの初登頂や遭難の歴史を総括、年表や図面も添えた。主なルートを解説した上で、記録約80編を整理。A4判171ページで、初版は300部。希望者には送料込み2360円で郵送。詳しくは、幕田さん:メールアドレスmrccmak5545@gmail.com


    西壁      仙法志・南稜       東壁

アイスクライミング

2019年1月20日(日)

今日は東山の滝にアイスクライミングの真似事をしに行って来た。
東山の沢と岩壁は遠い記憶がうっすらとあるだけだが、確保訓練の記憶は鮮明にある。林道に面した岩壁にタイヤをロープでぶら下げ、それを車で引っ張り上げ、落として制動確保をするという。ATCなぞ生まれてないので、胴がらみ、肩がらみで火傷をしないようにやっていた。


天狗滝a
Tarochanから借りて、アイスアックスを初めて握る。

銀河の滝1976年2月
ダブルアックス技術が広まり始めた時代。(銀河の滝1976年2月)

天狗滝b
動画で見たフィフィを使ってのアックステンションのかけ方もやってみる。



沢とアイスはやるつもりなかったが、Tarochanに付き合って、あと1~2回やってみるつもり。
Tarochanの写真は撮り忘れたので無しです。


無風快晴で春山のよう

2019年1月13日(日)

天気予報の通り、今日は快晴。
気温は-9℃くらいだが、日差しが当たってくると春の陽気。


2019-01-13_08-36-34.jpg
快晴

2019-01-13_09-52-52.jpg
C沢に向う。先週と違いクラストしてる部分があり登り易いが、草付き岩壁から昨日落ちたと思われるデブリが各沢のあちこちに。

2019-01-13_10-15-08.jpg
途中にあるルンゼ。Tarochanと同行。

2019-01-13_10-40-56.jpg
ルンゼから小さな雪壁を越えC沢へ。

2019-01-13_10-51-08.jpg
PⅡリッジの末端に向う。


PⅡリッジ右のC沢上部に来たが、稜線の雪庇がハングしており、ひっきりなしに雪片が流れ落ちてくるのでここで引き返す。やっぱり12月のルートです。

2019-01-13_11-36-24.jpg
飛んでくる雪に気をつけながら、一人ずつ下りる。

2019-01-13_11-59-18.jpg
風が無く暖かく春山気分。



先週から積雪が増えておらず、暖気で壁から落ちたデブリが目立った。
天気が悪くても良くても、羅漢岩の中に入ってるだけで楽しい。

今年も羅漢岩をウロウロ

2019年1月6日(日)

昨日千歳方面が大雪だったので、大滝区に影響を受けるオロフレ山はどうかな?
と思いながらオロフレトンネルへ向う。



2019-01-06_09-50-06.jpg
今日はTarochanと同行。出合からラッセル深し。
C沢の雪庇が大きく張ってなければ登る予定だったが、視界が無く見えないので止める。

2019-01-06_10-13-50.jpg
前岩の基部から

IMG_3067A.jpg
胸ラッセルで頭に上がる。[ tarochan撮影]

2019-01-06_12-07-22.jpg
一本杉から2ピッチ35mの懸垂下降。



2人とも今期初めて登攀道具を付けたので、訓練を兼ねての行動となった。

今年最後のオロフレ

2018年12月23日(日)

カルルス温泉駐車場の路面がガリガリのアイスバーンだったので、登別ルートもクラストしてるかな?と思い向かう。



2018-12-23_09-24-08.jpg
先週より雪が多かったので取付いてみたが、直ぐに足が取られるラッセルになったので止めて羅漢岩へ。

2018-12-23_10-01-26.jpg
トンネル覆道外の雪庇は、昨日か今日落ちた感じ。

2018-12-23_11-10-44.jpg
前岩

2018-12-23_12-09-42.jpg
C沢をラッセルして遊ぶ。雪壁が崩壊するだけでなかなか上がれない小さな滝。

2018-12-23_12-35-42.jpg
今年2月に付けた羅漢岩出合のテープが3m上にある。春までに帳尻が合う積雪量になると思う。



さて年明けからはどのような行動ができるのか・・・・・。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ