プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させてから11年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログサイト~2011.11.27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

チャラツナイ行き中止

2017年5月14日(日)

今日はチャラツナイへ行く予定だったが、雨で岩場のコンデションが悪そうなため、昨日の時点で中止にしていた。
今現在、春の冷たい雨が降ったり止んだりしています。


私の一番好きな山

“厳冬の利尻山”

東壁
バットレス
南稜
大槍
P1
P2
ヤムナイ沢
マオヤニ沢
仙法志ローソク岩
仙法志第2稜
仙法志第1稜

が美しい!

利尻山


1976年5月芦別岳:1稜に取付く前かな?
1976年5月芦別岳1稜


来週の山行きは休みです。

のんびりオロフレ山

2017年5月7日(日)


DSCF1905.jpg
今日登るルートは羅漢岩A沢が良さそう

DSCF1923.jpg
取り付きから30分くらいで稜線

DSCF1928.jpg
羅漢岩稜線は鹿も人間も同じルート取り

DSCF1940.jpg
来週は頂上の雪も消えているだろう

DSCF1946.jpg
グリセードが決まった

DSCF1961.jpg
A沢下降


C沢とPⅡリッジを偵察



羅漢岩の春先の落石が落ち着くにはもう少しかかりそう。

チャラツナイⅡ

2017年5月3日(日)

先日に引き続きTarochanとチャラツナイへ。


DSCF1861.jpg
今日は昼頃にかけて干潮になるようなので東側の岩塔に向う。

DSCF1867.jpg
一ヶ所だけ渡渉する。(帰りは干潮でクライミングシューズでも濡れなかった)

DSCF1869.jpg
階段状を1ピッチ。

DSCF1876.jpg
懸垂下降。

DSCF1884.jpg
Tarochanリードでもう一回。

DSCF1885.jpg
再度懸垂下降。

DSCF1873.jpg
対岸に渡り、適度なルートを物色する。

DSCF1896.jpg
昼から西側に戻り、先週登った前岩をクライミングシューズではなく、ハイカットのクライミングゾーンのある靴で再登。



さて後何回チャラツナイに来ようか?

チャラツナイ海岸

2017年4月30日(日)

今日はチャラツナイの岩場で、Tarochanとクライミングの訓練。
ハーネスを着けて岩登りをするのは30数年ぶりになる。


DSCF1836.jpg
前岩という初心者ルートを登ってみる。(昔は登る対象では無かったような?)
初めてクライミングシューズを履いて登ってみたが、馴染むにはもう少しかかりそう。

DSCF1846.jpg
次にBフェースを登ってみる。
あちこちにボルトやハーケンが有り、どこを登ったら良いのか戸惑ったが、自分なりのルートファインディングで1ピッチ。
ビレイを解いて、しっかりした支点からランニングビレイを回収しながら懸垂下降。

DSCF1840.jpg
CフェースとDフェースの間のルンゼを登り、裏の様子を確認してから下りる。



岩に掛けている手足の三点支持の内、二点目の岩が剥離したらアウトという感じだった。
ルンゼに積み重なった落石が、足元から何度もガラガラと崩れるのも、人が入ってないためと思われる。
鹿の通り道にでもなってくれればいいのだが居るわけもなし。。。

1月15日以来のオロフレ山頂上

2017年4月23日(日)

この一週間は雨降りが多かったが、山は雪だったようで、オロフレ峠の通行止めもあったようだ。


2017-04-23_08-29-24.jpg
山肌が春とは思えないほどに真っ白。

2017-04-23_09-22-56.jpg
登別ルートから入り、トンネルで出会ったくったらさんが後続して来る。頂上稜線まで山談義しながら登る。

くったらさん
先に頂上に着いたくったらさんが南東斜面を滑走して行った。

2017-04-23_11-54-44.jpg
うーん綺麗だな!と思いつつ、長居するタイプではないので即下山。


さて来週は・・・

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ