FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

「利尻山登攀史」

取り寄せて目次を開いたとき、全て何年、何十年も前の記事、記録なのにワクワク感が止まりませんでした。利尻山に魅せられた私にとって、嬉しい一冊となりました。

利尻山登攀史


北海道の山岳ニュース
11/1
◆札幌登攀倶楽部が積雪期の利尻山に挑んだ全国の山岳団体の登攀の歴史をまとめ「利尻山登攀史」を自費出版。難易度が高い積雪期の利尻山にはザイルを使うルートが30以上あり、ヒマラヤ登山を目指す道内外のパーティーが遠征準備で登ってきた歴史がある。1934年の北大山岳部の記録以降、各ルートの初登頂や遭難の歴史を総括、年表や図面も添えた。主なルートを解説した上で、記録約80編を整理。A4判171ページで、初版は300部。希望者には送料込み2360円で郵送。詳しくは、幕田さん:メールアドレスmrccmak5545@gmail.com


    西壁      仙法志・南稜       東壁

山野井 泰史

登山ブームは「楽しむだけ」の登山者を生んだ。
    
ネット上には無数の「山」があふれ、
   
メディアはこぞって気楽な山を紹介する。
      
それにしても.....、
  
アルピニズムは失われつつあるのだろうか。

「どこまでやれるのか」は必要ではないのだろうか。
    
僕は古典的な考えかもしれないが、
   
いつまでも限界に向う道を
   
忘れないでいたいと思っている。

抜釘 手術

2019年4月18日(木)

左足関節に1年間入っていた金物類の撤去を行いました。


  骨折     手術    入院中1本抜き  抜釘手術

 2018-3-18  2018-3-26   2018-5-7   2019-4-12


医者から普通に歩くのは問題ないが、最低1ヶ月くらいは慎重を期して日常生活をするよう指導されてしまいました。
昨年秋~今冬期間は、多少の痛みがあっても山行きを許可されていましたが、抜釘手術後はダメとのことで、再骨折してしまったら最初からやり直しらしいです。


羅漢岩A沢

2019年4月7日(日)

今日の予定はA沢~頂上~登別ルート




2019-04-07_08-32-44AA.jpg
この何日か、雪が小刻みに降っているので、頂上稜線の黒かった部分も白くなっている。

2019-04-07_09-44-28.jpg
A沢に入って直ぐにある岩。練習に丁度良いかもしれない。

2019-04-07_09-53-58.jpg
昨年3月18日に破断した場所だが、今日はそんな気配は無し。

2019-04-07_09-58-30.jpg
足首くらいのキックステップで心地良い。

2019-04-07_10-17-54.jpg
羅漢岩稜線に出てB沢左股を振り返る。雪庇を落としてみると、垂直で丁度良い感じになっていた。

2019-04-07_12-01-12.jpg
頂上稜線の急登に来たら、登別ルートから入り、頂上を踏んできた単独者が下りて来た。(ラッセルのお礼を申し上げ、少しお話をする)

2019-04-07_12-38-26.jpg
一瞬、青空が出ただけの頂上。

2019-04-07_13-29-44.jpg
下山に入ると天気が回復してきた。(天気予報通り)

2019-04-07_13-44-16.jpg
小岩峰付近から振り返る。



晴れると白銀が眩しい、きれいな新雪を味わえるのも、もうわずか。


9年ぶりの室蘭岳

2019年3月31日(日)

前はいつだったかなぁ~と思い起こしてみると、2010年2月11日に室蘭岳 に行っていた。



2019-03-31_08-53-14.jpg
夜半に降った雪がうっすらと。

2019-03-31_09-45-26.jpg
西尾根の急登は新雪下が固く、キックステップが利かなくなったのでアイゼンを着ける。

2019-03-31_10-33-08.jpg
西尾根ピーク。

2019-03-31_11-23-02.jpg
頂上

2019-03-31_11-27-06.jpg
北尾根を少し下りてみる。

2019-03-31_12-07-10.jpg
新雪で、帰路の夏道が分かりにくい。吹雪かれたら迷う自信がある。(40数年前、頂上からのスキー下山で、少し角度を間違ったため、水元沢へ下ってしまい、トラバースを重ねてヒュッテに戻ったことがあった)

2019-03-31_12-56-42.jpg
下山後、ヒュッテに寄ったが、管理人さんは外出中だった。(中に飾ってある大昔の写真・・裏沢)
ヒュッテの行く末を訊きたかったのだが・・・・・。白鳥ヒュッテ20年度廃止へ



今日の入山届けは13時時点で私一人。室蘭岳は私一人だけのトレースで、静かな静かな山だった。

厳冬期並みの頂上

2019年3月24日(日)

今日も羅漢岩はスルーして頂上へ。



2019-03-24_09-12-42.jpg
先週と同じように夜間に降ったパウダー状の雪が積もったオロフレ山。

2019-03-24_10-02-12A.jpg
Tarochanと同行。

2019-03-24_11-36-10.jpg
頂上稜線で一番斜度がある場所。夏道が出ている。

2019-03-24_12-03-38.jpg
頂上はほとんど視界なし。



先週、今週と雪が降り積もったが、春とは思えないサラサラ雪だった。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ