FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ14年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

「利尻山登攀史」

取り寄せて目次を開いたとき、全てが何年、何十年も前の記事、記録なのにワクワク感が止まりませんでした。利尻山に魅せられた私にとって、嬉しい一冊となりました。

利尻山登攀史


北海道の山岳ニュース
2018/11/1
◆札幌登攀倶楽部が積雪期の利尻山に挑んだ全国の山岳団体の登攀の歴史をまとめ「利尻山登攀史」を自費出版。難易度が高い積雪期の利尻山にはザイルを使うルートが30以上あり、ヒマラヤ登山を目指す道内外のパーティーが遠征準備で登ってきた歴史がある。1934年の北大山岳部の記録以降、各ルートの初登頂や遭難の歴史を総括、年表や図面も添えた。主なルートを解説した上で、記録約80編を整理。A4判171ページで、初版は300部。希望者には送料込み2360円で郵送。詳しくは、幕田さん:メールアドレスmrccmak5545@gmail.com


    西壁      仙法志・南稜       東壁



山野井 泰史

登山ブームは「楽しむだけ」の登山者を生んだ。
    
ネット上には無数の「山」があふれ、
   
メディアはこぞって気楽な山を紹介する。
      
それにしても.....、
  
アルピニズムは失われつつあるのだろうか。

「どこまでやれるのか」は必要ではないのだろうか。
    
僕は古典的な考えかもしれないが、
   
いつまでも限界に向う道を
   
忘れないでいたいと思っている。



オロフレ山行きは?

2020年1月11日(土)

次のオロフレ山行きは今のところ未定です。


幌別駅からの遠望とズームアップ(1月10日AM)

来馬岳(1,040.1m)・オロフレ山(1,230.8m)・加車山(897.5m)

ピラミッド型のオロフレ山は幌別市街からしか望めません。
羅漢岩はズームアップ写真の左端に少し見えます。


来馬岳2

2019年12月22日(日)

オロフレ山沢ルートの積雪が、まだ足りてないと思うので、今日も来馬岳。


2019-12-22_08-37-52.jpg
ゲレンデの雪が増えたように見えるが、実際は草が露出してる場所もあり、オープン出来ずにいる。

2019-12-22_09-55-52.jpg
右の夏道でなく、左のパノラマコースを登ってきた。

2019-12-22_11-21-50.jpg
先週、見当たらなかった8合目。

2019-12-22_12-06-50.jpg
良い雰囲気の頂上。



5合目からしっかりラッセルをしたので、体力維持増進に役立った。

来馬岳

2019年12月15日(日)

たぶんオロフレ峠(展望台)入り口に、車を止められないと推測。


2019-12-15_08-20-28.jpg
よって今日は久しぶりに来馬岳へ。

2019-12-15_09-22-44.jpg
ゲレンデ下部の積雪は15㎝ほど。ゲレンデ終了点までツボ足。オープンが遅れている。


5合目からはワカン使用。
後続が2組4名いたので、下山は踏み固まりの道で楽。

2019-12-15_11-28-34a.jpg
7合目から夏道が分からないまま登ってたらロープが見えた。(荒れた急な登山道にフィックスしたようだ)

2019-12-15_11-51-36.jpg
8合目あたりから深いラッセルで頂上。



標高差700mの来馬岳は時間に追われず、天気が良ければのんびり登れる山である。

展望台(登山口)往復

2019年12月8日(日)

天気予報では今日の気温は低そうです。


2019-12-08_08-41-48.jpg
先週までとは打って変わって厳寒の空気感です。

2019-12-08_09-35-12.jpg
氷化した上に積もった新雪を除雪して駐車。

2019-12-08_10-04-54.jpg
積雪50~60㎝。

2019-12-08_10-18-02.jpg
ラッセルが続くと遠く感じる。

2019-12-08_11-21-30.jpg
展望台は厳寒の様相。

2019-12-08_11-27-52.jpg
登山口に入り、股下ラッセルを20mした所でギブアップ。夏道はもう使えない。



入山時気温-11℃。下山時気温-11℃。
風が強かったので冷え冷えとした日だった。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ