FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今シーズン最後の冬季ルートかな?  4月26日(土)


登別・壮瞥間の夜間通行止めは今晩から解除になります。

明日以降、早朝から山に入れますが、日曜日の天気は雨マークなので、本日、いつものようにカルルスゲートに9時着です。

冬季ルートの登別側は先週でCLOSE。
壮瞥側にルートを取ります。




ルート出合から、ここ1003ピークまではしっかりと雪が締まっていました。

沢状を埋まる事も無く、キックステップを交え快適な登りです。

ただ、笹薮と潅木が登路を遮るところも出てきています。

展望台駐車場からゲートまでの車道に残雪が多く見られます。

来週、壮瞥ルートの残雪状況によって、2.5kmの車道を歩く、夏道ルートに入る可能性も有ります。



頂上尾根は、黒い部分のほうが多くなり、羅漢岩稜線の夏道も先週に比べはっきりと地肌が現われてきました。




DSCF0049.JPG頂上尾根下部のガレの道に、猩々袴のつぼみがぶら下がるように張り付いていました。

今年初めてのオロフレの花ですが、冬季間の苦節を物語っているような葉っぱです。















DSCF0049.JPG頂上直近からです。





















頂上は積雪ゼロですが、笹薮の裏にはまだまだ残雪がドンとあります。

風が強く寒いのですぐに下り、三角鉄板岩で昼食です。

下から2人組と6人組が1062ピークコルの雪面に見えました。

下山途中で挨拶を交わしますが、皆さん中高年です。

ほとんど私のトレース通り登って来ており、下山後見ると、壮瞥側の駐車場に3台の車がありました。




壮瞥ルートの状況は、

出合から1003ピークまでは残雪の上を快適に。
羅漢岩稜線は地肌の出た夏道、雪稜、少し気を使う斜面のトラバース。
小岩峰からの尾根は使用できないので、夏道の上に積った雪斜面のトラバース。
ケルン台地は雪面歩きから地肌の出た夏道。
1062ピークの捲き道は潅木を避けながらの雪面トラバース。
頂上尾根の下部は雪面のコル終了後、夏道と同じ急斜度の岩場。
三角鉄板岩から頂上までは夏道と雪面の繰り返し。



昨年は5月20日が壮瞥ルート最後の日でした。

来週、無理して入山できても、約3週間早く冬季ルート終了になります。

ウーン・・・逆だったらいいのにな・・と、思いながらの日記書き込みでした。



残雪のオロフレ山  4月19日(土)


オロフレ山は今日以降、好天が続き気温も上昇しそうです。



来馬岳、サンライバ・スキー場の雪はほとんど消えかかっています。

ゲレンデ終了点から上は、残雪も多いと思いますが、ぼちぼち登山者が増えてくることでしょう。










先週は登別ルートだったので2週間ぶりの1003ピークです。

積雪の下になっていた笹薮が一気に躍り出ています。











DSCF0049.JPG羅漢岩稜線上の、小岩峰に向かうルートも、夏道が顕著に現われてきました。

2週間前は、この右上の尾根ラインを行っていたのですが、あっという間に融雪が進んでいました。














DSCF0049.JPG1062ピーク手前のケルンの周りは地肌が出ています。

昨年、初冬時に崩れていたのを高さ70cm(ピッケル長さ)に積んで置きました。

ここは風の通り道なので積雪が少なく、厳冬期でも頭10cmはいつも露出していてくれました。

今日からは1062ピークに上がらず、左を捲く夏道沿いにルートを取ります。







頂上の積雪はパイプ周りで10cmになり、先週から40cm減です。

向こうに見える看板のところは40cmほどの深さはあります。

場所によって積雪はまちまちです。

一昨年はパイプが見えない時期もありましたが、昨年、今年と15cmは出ていました。

視界が無い時は、うろうろ探し当てる、このパイプが頂上の印となり、大事なものです。




DSCF0049.JPG下山はこの沢を下りる、登別ルートです。

朝、車を走らせながら、登別ルート出合いを見たと時、雪渓が細くなり、潅木や笹が被っていたようでした。

実際はどうなのか、把握するのが目的です。

尾根(斜面)のルートはブッシュがうるさく、沢ルートがOKです。

が、出合い近くの3ヶ所で、足元の雪下から水の流れる音が聞こえていました。




DSCF0049.JPG登別ルートを下りたので、約1kmのトンネル内を歩き、車に戻ることになります。

暗く狭い歩道を、足元に気を付けながら行きます。
















DSCF0049.JPGオロフレトンネル中間点の標識です。

適当に距離を取って、シャッターを押したのですが、撮れていました。


















市内の気温がぐんぐん上昇するとともに、オロフレ山も残雪の後退が一気に始まり、春モードになって来ました。

今日は入山すると直ぐに、ウグイスと2種類くらいの野鳥の鳴き声が聞こえて来ました。

遠くからはキツツキのドラミングの音も。

先週まで静寂そのものでしたが、にぎやかになって来ました。


さて、オロフレの夜間通行止めも4月26日までなので、それ以降は朝早く入山できます。

展望台ゲートは6月始めまで締まっているので、一般入山者は少ないとは思いますが、徐々に増えて来ます。

「冬山Only」の私としては、皆さんと逆で、シーズンオフが近づいて来ました。

場所を来馬岳に移す時期も、もう直ぐです。

晴天の春が続きます  4月6日(日)


今日は天気予報で快晴が約束された日曜日になりました。

「今日も雪焼けで顔が真っ黒になるなあ~」と思いながら壮瞥ルートに向かいます。




カルルスゲートから見ると、羅漢岩が屏風になってオロフレ山を守っているようです。

赤↓が先週入ったB沢右股左股です。

羅漢岩稜線に抜ける最短ルート(時間・距離)になると思います。









30分ほど登った尾根からの頂上稜線です。

登別(幌別)方面から見ると見事な三角錐ですが、壮瞥方面からは見栄えはせず、ただの尾根にしか見えません。











頂上のパイプ露出が60cmなので、積雪は先週より10cm減の70cmです。(ピッケル長さは70cm)

大曲ルートから入山した方が休憩しています。

小岩峰付近で頂上稜線の下部を登っているのを確認済みでした。

ケルン台地手前でツボ足のトレースと合流しましたが、私はスノーシューで平行して登って行きます。

頂上稜線下部で、ツボ足が深くはまっていないのを見極め、トレースを借りて楽して登ります。

トレースのお礼を言い、15分ほど会話をしてから下山します。



画像はC沢と東壁です。

帰路は天気も良いので、羅漢岩の状況を何ヶ所か、覗き込みながら行きます。

正面のC沢の抜け口は、オーバーハングの雪庇ともろい岩壁で、ザイル(ロープ)が必要です。

フツフツと沸き起こる登攀意欲を「若くないんだよ!」と押し留め下山します。







DSCF0049.JPG出合まで後5分ほどの所で振り返りカシャです。





















3月に入ってから入山者が多くなってきました。

直接出会ったのは今シーズン二人目でしたが、平日に入山している人もいるみたいです。

さて来週、頂上の残雪は何センチになっているかな?


一気に春模様  3月22日(土)気温+5℃

今週は全道的に気温が上昇して一気に春の陽射しになってきました。

2週間前は入山時の気温-5度で冬季の雰囲気がありましたが、今日は+5度と極端な暖気模様です。

昨年の今頃、2007年3月18日は寒波と暖気により、積丹岳で雪崩遭難(表層)があり、オロフレでもアイゼンが必要なくらいでした。

例年だと3月~4月に大雪の一度や二度あるのですが気配すら感じられません。




カルルス温泉入口からオロフレ山と羅漢岩の眺望です。

カルルスには6軒の旅館があり、昔から根強い人気がある湯治場です。

オロフレ山から下山後、必ずここで入浴して帰宅します。









DSCF0049.JPG出合の沢から30分ほど登り、尾根に上がるとスノーモービルの往復した跡がありました。

傾斜がきつくなり、潅木が混む辺りで引き返していましたがここは許可区域なのかな?















DSCF0049.JPG頂上の登りに入る前に1062ピークでいつものように行動食を取ります。

基本的に昼食=行動食という形なので簡単なビスケット類が多いです。

オロフレ山はタコ足のような木が多く腰掛けるのに便利です。












頂上稜線中間部の三角鉄板岩から見た小規模なデブリです。

草付き斜面から崩れ落ちたブロックですが、登りの途中、横から見たところでは高さは1mに満たないものでした。

この斜面は登山ルートではなく登山者には問題ありませんが、バックカントリー愛好者が入る場合、冬季の表層雪崩、残雪期の底雪崩には注意が必要と思います。






DSCF0049.JPG最近、入山した登山者が積雪量を測るために穴を掘ったようです。

頂上の積雪は二週間前より10cm減少している程度でほとんど変わりません。

そのため頂上看板もまだ露出しておらず、どこにあるか見当たりません。

このパイプは130cmなので現在の積雪は80cmです。









厳冬期ではお目にかかれない遠望。








函館方面の渡島半島と駒が岳space.gif洞爺湖と有珠山space.gifニセコ山系と羊蹄山space.gif中間の白い線は日高山脈



DSCF0049.JPG今日はスノーシューを履いていないので何ヶ所かシリセードで下ります。

70mくらいの急斜面を左脇に抱えたピッケルで制動を掛けながら一気に。
















帰路、振り返って眺めましたが頂上稜線は春山そのものでした。















今日はツボ足で登りましたが、1003ピークから片足がズボッと埋まる部分が多く消耗させられました。

もう少しクラストしていると思ったのですが読みを間違えました。

クラストしていた場所も帰りは膝ぐらい埋まるのでスノーシューがあればと後悔。


頂上以外の融雪が例年以上に、かなりの早さで進んでいるオロフレ山でした。



快晴・一時風強し  3月8日(土)気温-5℃→記録忘れ


今日の天気は全道的に晴れマークです。

特に太平洋側は快晴になりそうなので、壮瞥ルート予定でオロフレに向かいます。





カルルス温泉ゲート手前2kmですが、正面に見えるはずのオロフレ山は、いつものように雲がかかっています。

雲の下に水平に横断しているラインがオロフレ峠への道路です。

左のサンライバスキー場(来馬岳)はスッキリ晴れており、良いスキー日和になるでしょう。







DSCF0049.JPG1003ピークから見る頂上は軽く雲が流れています。




















DSCF0049.JPG1003ピークからちょっとの所ですが、私が最も好きなアングルです。

私が羅漢岩稜線と勝手に命名した尾根を、アップダウンを繰り返しながら行きます。

神経を使う、強風視界無しの時に比べ、気持ち良くスノーシューを運べます。











右上に白く見える、登別温泉の奥にある倶多楽(クッタラ)湖が結氷しています。

今年になって初めて見ることが出来ました。

これがもし1月中に見れたら、スノーシューを履いて湖面に行っていたかも知れません。

残念な思いがありますが、来年の楽しみに取っておきます。

ちなみにクッタラ湖に向かう道路は、2ヶ所のゲートで11月26日~4月25日まで冬季通行止めです。

ただ、ウォーキングの経験があるので最短往復で10.2km、ループのコースで16.5kmの歩きで済みます。




DSCF0049.JPG羅漢岩稜線を終わり、ここを下るとY字の分岐です。

左手が頂上方面、右手の喬木帯の斜面を下ると登別ルート、尾根を向こう方面に辿るとスキー登山の七曲コースです。















DSCF0049.JPG三角鉄板岩から下を見ると単独登山者が後続してきます。

正面の1062ピークで行動食を食べているときに、小岩峰尾根から下っているのを確認していました。















DSCF0049.JPGこのピークを越え、少しで頂上です。

昨年、右の東斜面を降りる予定のボーダー二人と頂上で会話を交わしました。

完全ホワイトアウトで私が下りる時に1、2時間待機すると言っていました。

昨年、出会った唯一の登山者(バックカントリー)です。









DSCF0049.JPG前回と積雪量は変わりません。

左から徳舜瞥山、ホロホロ山、P1260です。

















DSCF0049.JPG正面に羊蹄山(えぞ富士)が見えます。

左奥に見えるはずのニセコの山並みは霞んで見えません。

















DSCF0049.JPG後続の単独者が着きました。

今シーズン出会った最初の登山者です。

風が強いので長話は出来ませんでしたが、本州方面から近郊に移住してきた方で、オロフレ山は初めてとの事です。

正面に来馬岳、その右奥の左に霞んでいるのがカムイヌプリ、右が室蘭岳(鷲別岳)です。










初冬を除けば3ヶ月ぶりに頂上で青空を望むことが出来ました。

雪を相手のオロフレ山は5月半ばまで続きますが、晴れる確率も高くなると思います。


前回、不思議に思った頂上そばの陥没穴は、気温のギャップを考え来年厳冬期に調べることにしました。


尚、来週は所用のため山に入れませんのでご了承を。


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ