FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

荒天の週末が続きます  2月24日(日)気温-7℃→-3℃


昨日は朝から一日中、湿った雪が降り続いていたため入山中止。

今朝、外を見ると夜半からの冷え込みにより、ガリガリの氷雪が積っていました。

オロフレ峠は昨日午後から通行止めになり、今日も開通の見込みは立っていないとの事。

先週と同じく来馬岳に向かいます。



DSCF0049.JPGダイナミックスコース終点です。

ゲレンデ下部は圧雪されていましたが、上部のこのコースは整備はされていませんでした。

強風によりリフトもまだ動いていません。

【帰宅してからコース状況をHPで見ると第1リフトは11時20分に運行、第2は休止だったようです】








DSCF0049.JPG6合目付近からのオロフレ山ですが、久し振りに見た感じがします。

天候はめまぐるしく変化します。

風は空模様に関係なく、地吹雪となって強く吹き付けてきます。












DSCF0049.JPG9合目の看板を見つけました。

5、6、7、8合目の看板もありますが雪の中だと思います。


















DSCF0049.JPG天気が良く無風に見えますが全然違って、頂上に着くと背中を押してくれるほどの強風です。

風を避ける場所が無いので、看板を背中にしてしゃがみこみ、シバレた手を叩いて熱を取り戻しました。













DSCF0049.JPG馬の背の下山です。

この付近は秋頃から強い風が通り抜ける尾根で、冬季に雪庇が出来るのも当然の場所です。
















5合目から真っ直ぐ第2リフトに下りてきました。

建物の陰で風を避け、ひと休みと思ったのですが、ダメなので右のゲレンデに戻ります。












ダイナミックスコースを下山中です。

圧雪車が入ってなく、リフトも動いていないので、行き帰り遠慮なくルートを取りました。

上りは消えかかっていますが、ツボ足で中央を。(20cm前後のラッセル)

下りは隅をスノーシューでスタスタと。(圧雪の時は斜度的にちょっとキツイ)

右のシュプールはコース偵察のため、滑り降りたパトロール員のものと思います。

そのために一度だけ、リフトを動かしているはずです。

以前に何度か「気をつけて!」と声を掛けられたことがあります。



無雪期はゆっくりと2時間で登りますが、冬は平均3時間ほどです。

下りは冬のほうが、かなり楽です。













DSCF0049.JPG帰りにゲートを覗いてみましたが、片側のみ軽く除雪されていました。




















次回の山行きは早いものでもう3月です。

積ろうと降る雪は終わりに近づき、、これから降る雪は融けるために降ってきます。

今日久し振りに見た、オロフレ山は例年になく黒い部分が多いように感じました。

無風快晴になってくれるのはいつかな。


1年ぶりの冬季来馬岳   2月17日(日)気温-4℃→-1℃


先日来の低気圧の影響で、オロフレ峠は13日から通行止めが続いています。

室蘭土木現業所に確認すると、開通見込みは立っていないとの事。

市内は金曜日まで吹雪模様でしたが、積雪はほんの少しで終わりました。

オロフレ峠周辺との気象条件に、格段の差があるという事になります。

という訳で今日は、冬季のサブの山にしている来馬岳に入ります。




DSCF0049.JPGカルルス温泉に向かう途中の電光標識板です。

いつもは夜間通行止めの時間が表示されています。

















カルルス温泉ゲートからの画像です。

サンライバ スキー場と、左手に来馬岳が薄く見えます。

夏の登山コースである、6・ファミリーコースと1・ダイナミックコースをツボ足で登ります。

本来はまずいのでしょうが、注意されたことが無いので、図々しくコースに入って行きます。

夏のダイナミックコースは斜度がきつく、リピーターの少ない山です。




DSCF0049.JPGダイナミックコース中間部です。(8時51分:リフトはまだ動いていません)

雪上車がコースを均しながら下りて行く側を、キックステップでリズミカルに、快適に高度を稼いで行きます。(穴開けてすいませ~ん!!)













DSCF0049.JPG1時間ちょっとのゲレンデ登り終了です。

左手に第二リフト終了点があります。

ここでスノーシューを履いてラッセルに入り、すぐ上の5合目に向かいます。













DSCF0049.JPG6合目を過ぎた馬の背です。

馬の背と言っても岩稜があるわけでなく、夏、冬、共に何ら危険はありません。

















DSCF0049.JPG8合目で4人パーティーに追いつかれました。

後続しているのは、ダイナミックコースの上部で確認していました。

ジグを切って登って来るのが見えていました。

この辺りから頂上まで斜度があり、深いラッセルとクラストした斜面が交錯しています。

深雪にはまると、足を上げるのにひと苦労です。






DSCF0049.JPG頂上です。

正面に見えるはずのオロフレ山は、羅漢岩上部を含め雲の中です。

多分、強い風がうなりを上げていると思います。

そう考えると、オロフレ山は厳しい山だなあ~ と実感されます。

来馬岳からオロフレ山まで直線で5kmほどです。

年齢30~40代の4人パーティーは小休止後、稜線上にある1077峰に向かって行きました。





下山途中、7合目付近で、登って来る8人パーティー(中高年男女)と出会っています。

昔は夏、冬、通して入山者は数えるほどで、時代の変化が実感されます。
【ちなみに1077峰は1991年春に、夏道としても開拓されたようです】


オロフレ峠の除雪は天候が落ち着いてから一気に行うようです。

毎日、作業しても直ぐ吹き溜まりが出来て効率が悪いのでしょう。

全道的に除雪費削減のおり、交通量の少ない道路なので仕方がないかも知れません。



| ホーム |


 ホーム