FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ラッセルが深いと頂上は遠く・・ 12月21日(日)-7℃→-7℃


平地では雪があまり降らず、積雪も0レベルです。

一昨日はかなりの雨が降り続いていましたが、その分オロフレ山は雪が積っていると想像。

今朝の天気は風が無く曇天模様。暖かく感じながらカルルスに向かいます。





圧雪の上に積った20cmほどの雪かきをして駐車スペースを確保。

先週は車を前後に何度か移動させ、踏み固めるだけでOKでしたが今週はそういうわけにはいきません。










ゲートから1kmは先週と同じく、自衛隊さんのスキー訓練の圧雪上に積った新雪の軽いラッセル。残り1.5kmは15cm沈むくらい。

展望台(登山口)から1003ピークまでは風が弱かったのか、ウインドクラストはあまりしていません。

羅漢岩稜線に入ると、先週以上に潅木が覆いかぶさっています。

ラッセルのきつい夏道を避けたり、戻ったり、と不規則にルートを取って進みます。

画像の小さな足跡はエゾ鹿で、今日はあちこちにかなり見られます。


時間的に頂上は無理と判断していたので、小岩峰からはトラバースせず尾根に上がってみました。

やはり積雪は少なく、ブッシュに足を取られながら進みます。










尾根を外れ、下りて上を見ると、小さな雪庇がそろそろ出来てきました。

台地上のケルンに向かう手前で12時。ここで撤退します。

もし頂上に行ったとしても、下山時刻は16時を軽く過ぎ日没になります。









今日は微風、曇り、常に雪片が舞っていて視界150m平均。

気温は入山時-7℃、下山時-7℃で先週と全く同じですが、陽射しが無い分少し寒さを感じる程度の一日でした。


無風・晴れ・頂上へ 12月14日(日)-7℃→-7℃


今日は朝から天気が良く、冷え込みも適度で登山日和です。



DSCF0049.JPG展望台入口ゲートに入ると、カルルス温泉ゲートから後続してきた車もデポ。

今日は団体さんが入山するようです。
















ここ1003ピークまで夏道に入らず、直登にルートを取るとクラストしており正解でした。

下を見ると展望台に14人の姿が見えますが、頂上に向かうのかどうか?

今日は自衛隊の雪上訓練があったと見え、ゲートから1.5kmが圧雪状態で、その上に5cmほどの新雪が乗っているだけ。

ラッセルも無く快適に進め、展望台までの残り1kmも10cm程度のラッセルで低疲労です。

自衛隊の訓練は今時期から何度か行われます。


DSCF0049.JPG無風で天気が良いと頂上が近く見えます。

しかし、夏道沿いのルートは潅木の雪をピッケルで叩き落したり、くぐり抜けたり、雪をドサッとかぶったり、と結構忙しい登行です。














小岩峰からの斜面トラバースを振り返ったところです。

今週も右上の尾根に上がれるほどの積雪はありません。

積雪が進むと尾根は小型の雪庇だらけになります。








頂上に着くと青空が消え、視界不良。

積雪は11月30日より減っており、看板が露出しています。

後続のグループは1062ピーク下のコルで、先程の斜面をトラバースしてくるのを確認していました。

頂上へは5分遅れで到着し、会話すると地元の登別嶝友会でした。私が山を止めた頃には創立されていなかった山岳会です。




帰路、キレットに入ると、下りにザイルがフィックスされていました。

オロフレ山で唯一危険な場所であり、さすが山岳会です。














下山時刻は14時50分。

下山予定ぎりぎりの時間で、降りる事が出来ました。

無風、晴れ、前半1.5kmの圧雪、1003ピークへのクラスト斜面、ラッセル負荷減など好条件が揃っての頂上でした。

昨年同時期は積雪量が多く、夏道に苦労させられ頂上に行けていません。

今年も残り少なくなってきましたが、今日のような好条件を期待したいものです。




好条件でなければなかなか・・・  12月7日(日)-10℃→-9℃


昨日から寒気が入って急にシバレがきつくなりましたが、朝起きると雪のほうは1cmほどサラッと積っているだけです。

山で1cmという事はありえないので、新雪ラッセルだと頂上は無理かなと思いながら車を走らせます。




カルルス温泉近くになると青空も見えてきましたが、オロフレ山は相変わらず雲の中です。

左の来馬岳スキー場はもう少し積らないとオープン出来ないように見えます。










ゲートから展望台まで、道路を3分の2来た所で振り返って撮影。

10cmのラッセルで2.5kmを1時間くらいの予定で歩いています。










いつものキレット手前ですが、積雪量が週ごとに増えています。

夏道は先週よりも木々が覆いかぶさっている場所が多く、腰をかがめて通るため、負担もきつくなってきました。









小岩峰下からの斜面トラバース中です。

夏道は既に埋まっており、まだ見える潅木も埋まると雪崩の危険があります。

その頃には左上の尾根のブッシュが埋まりクラストしているのでそちらにルートを変えます。








ケルンの高さ80cmほど。

風が強い場所なのでシーズンを通して全部が埋まる事はありません。

現在、12時03分。ここで撤退です。












登山口からの夏道は10~30cmのラッセルがあり、やはり頂上は無理でした。

夏道と潅木帯が埋まり、ウィンドクラストして最短ルートが取れ、好天になれば、という時期に入っています。

そうするうちにドカ雪が降り、登別ルートに取り付くことができる。というのが毎年のことではあります。


トレースのおかげで頂上へ  11月30日(日)-5℃→-8℃


今週は先週と似通った天気です。

何日か晴れが続いた後、昨晩から夜半まで強い雨が降っていました。

先週、山はドンと雪が積ってラッセルに苦しみましたが、今日は?と思いながら車を走らせます。





9時5分前にゲートが開いたので峠へ。

来春まで週一の9時出勤が続くことになります。












こちらは来春まで開かずの展望台ゲートです。

車が何度か行ったり来たりしている跡が残っています。

先週に比べ雪は増えておらず、新雪がサラッと乗っているだけです。









この展望台まで、先週の私のラッセル上に、昨日と思われる入山者(2人?)のトレースが見え隠れしながら残っており、圧雪されている上に乗るとスノーシューは埋まりませんでした。

先週、私が撤退した場所より上にトレースが伸びていれば嬉しいな、と思いながらU字状に掘り込まれた夏道に入ります。








ここ頂上稜線下のコルで、休憩(行動食)を取ります。(11時57分)

このピークに三角鉄板岩があり、その上の3つか4つのコブを越えて頂上があります。

トレースは頂上まで行ってるようで、ここまでも深いラッセルに苦しむ事無く、心の中で「ありがとうございます」・・でした。







頂上は積雪60cm。

一瞬、青空が出ましたが下山まで天気は悪く、いつものように風が頬を刺します。

とは言っても、厳冬期のような厳しさはまだありません。












昨日と思われる入山者のトレースを利用でき、頂上まで行くことが出来ました。

昨日は快晴模様だったので、良い登山日和だった事でしょう!



今日は下山時刻15時で-8℃です。

やはり14時を過ぎると気温が下がってくるのが行動中、体感されます。

明日に向け天気予報が上り坂だったので頂上に行きましたが、下り坂だったら時間的に撤退しているはずです。

時間に追われる夏道ルートですが、来週は好天を期待して・・・



ラッセル深しオロフレ山  11月23日(日)-5℃→-5℃


全道的に積雪が一気に進みましたが、こちら太平洋側の市街地は相変わらず少なめで、雪かきに汗をかくほどではありません。

昨晩は強めの雨が降っていたので、山はどうかなあ~ と思っていましたが、家を出て標高を100mくらい上がると5cm、10cmと増えて行きます。

カルルス温泉ゲートから上は除雪が入っておらず、道路の真ん中にワダチが一本の状態です。

積雪はバンパー下くらいなので止まったら終わり!対向車が来ないことを祈りながら登ります。
(車はFFです)




DSCF0049.JPG結局、展望台入口ゲートまで対向車なしでした。

車を道路の真ん中に止めたまま、ゲート側に駐車スペースを設けるため雪かきです。

終わった後に除雪車が2台通って行ったので"OKでした。













DSCF0049.JPGゲートから展望台(登山口)までは積雪30~40cmで、スノーシューの沈みは20cmくらい。
2.5kmを1時間20分なので、先週の倍以上の時間が掛かっています。

登山口からはU字型にえぐられた夏道に、雪がしっかり詰まっています。

判別できる夏道を忠実に、膝上ラッセルを交えながら登ります。







先週、全く雪が無かったキレット手前ですが、視界が無いのでコンタクトラインは見えません。

登山道を遮る、雪が付いた枝を掃ったり、くぐったりと、今時期特有の登りが続きます。











DSCF0049.JPG小岩峰を過ぎ、斜面トラバースを終えた所で11時。

このラッセル状況から、頂上まで行けたとしても下山時間を考えると、明るいうちに下りてくるのは不可能です。

ラッセルの疲労度も溜まってきたのでここで撤退。












DSCF0049.JPG帰路、P2の所で休憩(行動食)を取りますが、時折の風が強く、休んでいると冷え込んでくるので早々に下山します。



























今日は積雪10cmぐらいをツボ足で快適に頂上まで、を期待していたのですが甘かったようです。

昨年同時期は、晴れが続いた3連休に、一日目のトレースを利用し、2日目に頂上まで行っていました。

やはり、ワンプッシュでの頂上は無理だったようです。

しかし、昨年12月2日には減った雪の中、容易に頂上に行けていますし。

まあ~臨機応変に楽しみながら、冬季オロフレ山に通うことにしたいと思います。


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ