FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

景色は冬。空気は春のオロフレ山  3月29日(日)


昨日、友人からオロフレ山に連れてっての、Eメールが入りました。

以前から「時期を見て連絡くれればいつでもいいよ」と言っていたので本日同行です。

天気が午後から下降気味なので、頂上優先を考え登別ルートに向かいます。





カルルス温泉手前からのオロフレ山です。

先週、頂上稜線に見えた黒い部分(岩肌)が消えており、積雪があったようです。

羅漢岩各ルンゼも昨年同期に比べ、積雪が多い状況です。









急斜面を登る途中に見えた濃紺の青空も稜線に出ると、空には低い雲が西からふわふわと湧いてきます。

気温が高い上、スノーシューの爪も新雪に滑り、汗びっしょりの登りでした。











DSCF0049.JPG1062ピークで休憩と早めの昼食を取り、頂上への登高に入ります。

私の場合、頂上(休憩・昼食)という概念は基本的にありません。
















DSCF0049.JPG頂上の積雪は30cmで先週と変わりません。

太陽が天気予報どおり午後に隠れましたが、終始無風状態で視界はまあまあです。

カメラが趣味の彼に、道中を含め頂上でも思う存分撮ってもらい、下山は速やかに行います。














昨日の降雪で景色は冬に逆戻りですが、気温が高く(頂上0℃)、先週のアイゼンを利かせた快適なクラスト斜面は無しでした。

深いラッセルはありませんが、湿雪の重みを感じた登高で、着実に春に向かっている感じです。

来週以降、冬季オロフレ山のCloseまで、状況変化に対応しながらルートを選び、頂上に向かうことになります。



一ヶ月ぶりのオロフレ山  3月1日(日)


頂上手前から引き返した2月1日以後、2/8.2/15.2/22と、峠の通行止めで入山できず、1ヶ月ぶりのオロフレ山です。

オロフレトンネルが完成する前の昔は冬期間全面通行止めで、カルルスから山スキーで道路を行ったこともありましたが・・・。





取り付きからの斜面を登り終え稜線に出ます。

左上の白い斜面は壮瞥ルート(羅漢岩稜線)で、コンタクトラインを下ると登別ルートと合流します。

ここまでほとんどクラスト斜面でスノーシューの爪がよく利き、埋まっても10cm未満です。

ピッケルがギューと刺さり込む圧雪層で、最近多かった「糠に釘」の新雪の層ではありません。





DSCF0049.JPG1062ピーク手前のコルにあるケルンは今日も露出しています。(絶対に埋まりません)



















頂上稜線下部付近まで来て振り返ったところです。左上は1062ピーク。

小岩峰尾根からの斜面に私のトレース跡があります。

画像では分りませんが、小岩峰基部で小休止している単独者が見えます。

目を凝らすと羅漢岩稜線にトレースが見えるので、壮瞥ルートから入ったようです。





頂上の鉄ポールが見えてきました。

頂上稜線の登りはウインドクラスト斜面で快適な登りでしたが、いつものように何度もズリ下がりながら越えた所が一ヶ所。(必ず息が上がります)










頂上を抜け、高度40mほど反対斜面に下った所から見た頂上です。

往復30分をみて下りましたが、20分で頂上に戻れました。











頂上からの帰路、10分ほど下ったところです。

左のトレースがハの字登り。(後続単独者のワカン跡も込み)
右がスノーシューを履いたまま腰を下げてのグリセード下降。

画像では分りませんが、スノーシューが滑るほどの斜度があります。







帰路、小岩峰基部から頂上方面を振り返ると、単独者が降りて来るのと、今朝ゲートの開門前に出会い、大曲りルートを予定にすると言っていた若者男女4人組の、頂上への登りが点となって見えます。(見えるような見えないような)














今日の頂上積雪は鉄ポールを基準にすると50cm。板標識看板も露出していました。昨年3月2日が90cmなので少ないわけですが、標高1000m以下から市街地にかけては例年より多い状況です。

新聞の地方欄に載っていましたが、本来の冬型の気圧配置とは違った2月だったようです。




頂上手前150mで引き返す  2月1日(日)-9℃→?


時間的に先週と同じペースで登っていましたが、携帯に急用の連絡が入ったため即下山しました。




この一週間、新雪がほとんど降っていないため、先週と同じようなアイスバーン状態は変わりありません。

今日は取り付きから5分ほどのところで、スノーシューからさっさとアイゼンに履き替え登ります。









もう少しで稜線に抜けます。

取りつきからほとんど足首より埋まらない登りですが、斜面にフラットなアイゼンワークなので負荷も感じます。











視界が悪いため写真を取っていませんでしたが、この少し上で引き返したので、時間記録のため一応撮影(12:00)。
















小岩峰付近から北西の風がかなり強く、尾根で身体が振られる事も。

1062ピークへの登りはクラストした斜面を、アイゼンのツアッケを利かしながら快適。

頂上稜線も風が強いため、前を見るより足元を見ての登り。

しかし、アイゼン効果で先週と同じくらいの時間で頂上に立てたと思います。

今の時期にツボ足で登れるのは稀な事と思います。これも温暖化の影響でしょうか・・・。

厳冬期真っ盛りなのに2007年3月18日に似ている状況です。




天気が良くても足元が・・・ 1月25日(日)-10℃→-7℃


厳寒期のこの時期ですが、週半ばに春先のような陽気になり、雨が降りました。

しかし、昨日から寒気が入り込み、今朝はいつもの真冬に戻っています。

今時期珍しい気象の変化が、山ではどうなのか?と考えながらオロフレ山に向かいます。






登別ルートの出合から稜線までの新雪の量は10cmから30cm。

取り付いて10mほど登ったあたりから、ピッケルの石突きが5cmより深く刺さりません。

暖気から寒気の影響でアイスバーンになっています。。

吹き溜まりの登りははラッセル。上部の斜度がある新雪10cm未満の登りは、スノーシューの爪を利かせながら直上です。

トラバースなど、不可能な状態です。

オロフレ山の喬木帯では考えられませんが、他の山では表層雪崩の条件が揃っています。



1062ピークからの稜線ですが、見えるのは頂上ではなく、その上3個のピークを経て頂上があります。

始めて登る人には疲れさせるようですが、今日などは稜線上がほとんどクラストしており、快適な登りです。

いつものようにここで行動食を取り、一休みしてから頂上に向かいます。






三角鉄板岩の下部です。(下山時に撮影)

先週と同じように雪の着きかたが少ないので悪戦苦闘。

右に行ったり、左に行ったりの後、スノーシューの爪をアイゼン代わりに強引に。

正面は垂直2m。







頂上が見えてきました。

ウインドクラストした部分を、埋まる事なく登ってゆきます。

1062ピークからは青空も広がって風も弱いので寒さを感じません。









右手奥にある頂上の看板標識は埋まっています。














頂上で一番高い場所はここで、ポールの左奥になります。

夏場は笹と潅木が茂っているところで、今は北西の風で雪が積み上がり、オロフレ山の頂点になっています。












今日は帰路、稜線から出合までの下りで、多少の危険を感じました。

登りで直上を強いられた付近の下りで、スノーシューの爪が利かず、クライムダウン状態で下降。

新雪が10~20cmの所でスノーシューのまま、腰を下ろして滑り降りたら尻制動になってしまい止まらず、うつ伏せに反転し、ピッケルのピックを使って制動。(滑落停止体勢)

冬のオロフレ山で、アイゼン代わりにしていたスノーシューが役に立たない日でした。

最近の温暖化の条件下では、セオリーが通用しないという事を認識させられた一日でもありました。




荒れるとの予報の前に  1月18日(日)?→-3℃


今週は大雪も無く穏やかな一週間でしたが、今日の天気は夕方近く、西の方から雨を伴って崩れるとの予報が出ています。

朝、家を出るときはその兆候も無く晴れており、どうにか天気が持ってくれることを祈りながらカルルスゲートに向かいます。




いきなり頂上で、積雪70cm。

直径5cmほどの鉄パイプにベルグラがこのように大きく張り付いているのを始めて見ます。

登別ルート出合いから稜線までの登りは、2時間のラッセルを要した先週と違い、クラストしている部分が多く、半分の1時間。

この一週間、風が弱かったのか小岩峰基部から頂上まで、ウインドクラストというより好天で自然に締まった雪面です。




三角鉄板岩の下部を登った跡です。

平らに見えるのは撮り方が下手なためで、急傾斜のこの岩場は雪の着き方が薄く、踏み外すことが多い場所です。











小岩峰基部まで下山して振り返ったところです。

頂上稜線中間部を登っている時、右の1062ピーク上に単独登山者が見えました。

朝、カルルスゲートから先頭で走っていた車が大曲で停車したので、その登山者と思われます。

ただ、時刻が12時近くであり、下山終了時刻を考えると、初見ならば頂上をあきらめたほうが・・・。

結果的に引き返していました。



小岩峰基部を下りて振り返ったところ。

ラッセル跡の左の線は、下りで右手に持ったピッケルの跡です。

疲れてくる頃なので、意思なく引きずってしまいます。









稜線から出合いに向け、下りかけたところで振り返って。
















今日は天気が持った上に、ほとんど無風状態で、下山時、西日が正面から暖かく春のようでした。

帰路、いつものように温泉に入り終わり外に出た時には、濃い灰色の空から雪が降っていたので、天気予報は当たったようです。

登り3時間、下り2時間の私的標準タイム。

登山ガイドで紹介されているオロフレ山の冬季ルートは、大曲コースだけのようです。

スキーを前提にしているルートなので入った事はありませんが、雪が締まる春先に一度登ってみるつもりです。




| ホーム |


 ホーム  » 次のページ