FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

オロフレも来馬も雲の中


夜明け前、峠に向かうとオロフレトンネルを境に登別側は快晴。壮瞥側は雲(ガス)の中。

よって、展望台駐車場(登山口)は視界20mくらい。

今日の天気予報は雲マークが無く、周辺全域、快晴模様のはずだが??

天候回復を期待して入山。気温3℃。





オロフレ山

頂上までずっとガスの中の登高。



行動中、草木の葉に着いた水滴が身体を濡らすが、空気に夏のような湿気感が無いのが晩秋らしい。









下山に入ると風が強くなり、ガスの流れが忙しくなる。




羅漢岩の下部から、壁を垂直に吹き上がってくるガスのスピードに圧倒される。











来馬岳

来馬岳も晴れる気配がないまま頂上に。




下山途中、珍しく馬の背で20代の娘さん方5名と相対する。

「若いのに偉いねぇ~!」と声を掛ける。







先週、紅葉真っ盛りだったカルルス温泉周辺は葉も落ち、ほぼ終了。

画像は登別大橋渓谷。あと2、3日というところ。

正面に来馬岳。













山は紅葉が終わり、木々の葉が落ち、荒涼感が漂う時期になってきた。

11月に入ると展望台ゲートが閉じ、続いてカルルス温泉ゲートが指定時間閉鎖になる。


そうすると今年も文字通り、オロフレ山Onlyの季節到来となる。






紅葉真っ盛りのカルルス温泉周辺


今日の天気予報は晴れを望めない不安定な感じ・・

雨は降っていないが、濡れた路面を走ってオロフレに向かう。




オロフレ山

登山口から頂上までずーっとガスの中で、霧雨が衣服を湿らせる程度。


しかし、下山に入り出すとポツポツ始まったので、標準装備の傘を取り出し差しながら下る。

時折強い雨で下半身は濡れるが、気もなるほどではない。



今日は気温が高めで入山時7℃、下山時8℃だった。


葉が落ちると、木々の隙間から視界が広がる。

直ぐ下の駐車場(登山口)が見通せるようになった。

先週まで、私の下山時刻頃に登り始める人は何人かいたが、今日は車が無いのでいないようだ。







帰路、壮瞥側から見るオロフレ山の上が晴れてきた。

どうやら、下山中だけ雨雲にスッポリ包まれていたようだ。














来馬岳

先週と同じアングルで、カルルスゲート付近から。(正面の来馬岳は雲の中)

紅葉真っ盛り!












スキーコース下部を登る。

対面の加車山(898m)の紅葉も真っ盛り。













頂上の木々の葉は、既に落ちきっている。

標高100、200変わると風景が全然違ってくる。













カルルス温泉周辺は近年になく鮮やかに紅葉している。

















紅葉も今週で終わり、来週から晩秋に入る。そして山は雪を待つだけになる。


そろそろ人間(私)の身体も、徐々に低温に慣らしていかなければ・・・。



初雪のオロフレ山


台風は来なかった。圏内に入らないままで少し雨が降ったくらい。風も全く無かった。



今日の天気予報は、晴れマークと曇りマークが時間ごと交互に表示されている。

変わりやすい天気になりそうだが、まだ暗い早朝の空には星が一面に!

と、思って北方面のオロフレ山に向かうと暗雲が広がっている。





オロフレ山

頂上に着くと吹雪になり、うっすら雪化粧。オロフレ山の初雪を観測というところか。

陽が当たるとすぐ融けそうなので、この後、雲が切れ平地から見えたとしても白く見えないだろう。



入山時の気温2℃。

時折、雨と雪片が混じる暗い登山道。駐車場と頂上だけが強い風だった。しかし雪片が頬を刺すわけでもなく、まだ冬到来とはいえない。



羅漢岩に張り付いた草が、真っ赤になって見える。



天気が良いともう少し鮮やかに撮れるのかな?

















登山口近くに下りてきた所。



入口から頂上まで、登山道脇の木々はほとんど葉っぱが落ちており、雪を待つばかりの風景。














来馬岳

頂上直下。左から廻り込んで上がる。






時々雨混じりの風が強いので早々に下山。








オロフレ山の紅葉はトンネルを出た壮瞥側はそろそろ終了。手前の登別側は真っ盛り。





カルルス温泉付近は今週末くらいが見ごろか。











秋になってから来馬岳に登る団体(10~20人)さんが多くなっている。


今日もゲレンデを下山中、60歳~80歳くらいの10人と相対した。(駐車場の車は札幌ナンバー)

遅れがちな人を待ちながら、雨の中を登っていった。ただ皆さん装備だけはしっかりしていた。(トムラウシの教訓と思われる)

しかし、時間的に5合目に着くのは12時半頃、全員が頂上に着くのは2時頃か。


「季節的に、もう少し早めの時間から登ったほうが良いのになぁ~」と思ったりした。


紅葉が少しづつ


秋晴れと適度の雨でメリハリが利いた一週間。

先週に続き今日も快晴模様の夜明け前を、オロフレに向かう。


※1日遅れの更新です





オロフレ山

P1003付近から見る稜線裏の東の空は、夜が明けている時刻。














頂上手前から洞爺湖と、左向こうに噴火湾。

風も無く良い天気。













帰路、羅漢岩稜線から下を見ると紅葉が始まりかけている。
















来馬岳

オロフレ山をちょっとズームアップ。

前衛の羅漢岩は、木々の葉が枯れ落ちると灰色肌が目立ってくるはず。















オロフレ山域全体の紅葉が少しずつ進んできた。

ひと雨ごとに冷たさが凍みてくる時期だけに、週末だけは何とか晴れて欲しいなあ~ と思う。


秋晴れのオロフレと来馬


連休の週間天気予報が修正され、後半は少し崩れそうです。

しかし、今日、明日は秋晴れの絶好の登山日和になりそう。

晴れた夜明け前の東の空に、星が一つだけ大きく輝いている。(金星?)




オロフレ山

P1062手前のケルン平から見る羊蹄山がスッキリ。

登山口駐車場に車が2台あったが、先行している気配が無い。




対面の1077峰(最近はカルルス山と云うらしい)に入ったのかと思っていたら・・・





頂上にテントが2張り。

目的は分らないが夜を明かしたようだ。















来馬岳

ゲレンデは草刈り整備が終わり、シーズンを待っているところ。


歩く傍からバッタ類が気持ち良さそうに飛んでゆく。










苫小牧、日高方面の海岸線が、いつもより増してスッキリ見える。

今日は時間が経つほどに視界が良くなってくるようだ。













来馬岳の登りは少し暑かったが、爽やかな秋晴れの一日だった。

5合目から頂上まで、NHK9時からの日曜討論を、ラジオで聴いて登ったので飽きもこなかった。




| ホーム |


 ホーム  » 次のページ