FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

積雪期も終盤のオロフレ山



今朝は天気予報通りの高曇り。

カルルス温泉に向かう途中の札内高原から来馬岳、オロフレ山がしっかり見える。






カルルス温泉駐車場で車を止め、羅漢岩を双眼鏡で覗く。


2週間前、オーバーハングしていたB沢左股の抜け口の雪庇が大きく後退している。


雪渓が切れることなく抜け口まで続いているので登れそうだ。





トンネル内駐車帯の向かいにあるドアを押すと、人一人が出られる隙間が開いた。



羅漢岩ルートの出合いは、この真上になる。









曇り空の早朝なので、暗い感じのするB沢左股。


抜け口は容易そうに見える。


風が少しあり肌寒く、いい感じである。


ただ、ウォーミングアップ無しに、即登りなのがちょっとつらい。(取り付きまで30分~1時間位歩くのが丁度良い)










大小の落石が雪渓上に転がっている。
このルートは斜度が少なく難しさはまったく無いが、ルンゼ特有の危険性は有り。



2年前(3月29日)に垂直だった抜け口もなだらか。




















5時20分:取り付き

5時55分:終了。

わずか35分の登り。



羅漢岩稜線に出る最短距離、最短時間のルートといえる。
時期限定であるが・・




下山は登別ルートの締まった沢を下った。






頂上は2週間前から見て、積雪減1m。
ズームしたニセコアンヌプリ、羊蹄山、尻別岳がきれい。






先週あたりで終了と思っていた羅漢岩に、今の時期入れるとは思いも寄らなかった。

羅漢岩稜線や頂上稜線の一般登山道が徐々に露出されており、積雪期オロフレ山も終盤である。





例年になくまだ雪を楽しめそう!


昨日の夕方、羅漢岩(カルルス温泉ゲートからの遠望)と来馬岳山麓の残雪状況を偵察に行った。

一昨年3/29にB沢左股、昨年4/12にA沢を登っているが、その時期より4月末の今のほうが多いとは。

来馬岳も残雪多く、山麓やスキーコース共に地肌がまだ出ていない。

南西向きの羅漢岩は通行時間規制が解除になった後、早朝に入ったほうがリスクは少ないと思われる。

逆に来馬岳北東面沢は、アプローチとなる沢の遡行が残雪多いと容易になる。


ということで、来馬岳登山口に5時30分着。
しかしポツポツの雨が徐々にフロントガラスをたたき出す。
30分ほど待機したが上がりそうも無いので自宅に引き返す。

先日、録画しておいた谷川岳三スラ登攀を再び見ていたら、外が明るくなり雨が上がってきた。
来馬岳は時間的に無理なので、ゲート開門(9時)に合わせ、急いでカルルス温泉に向かう。


オロフレトンネルに近づくにつれ、道路わきに新雪がうっすら積っている。




昨日撮ったカルルス温泉ゲートからの遠望。














今日は頂上には行かず、羅漢岩の偵察を兼ねてA沢に入る。

取付きのすぐ上に薄いデブリが見られたが問題なさそう。

沢沿いに登ったつもりが、つららが下がっている岩壁を見ると洞窟になっている。

あれ!昨年は確か左側に見えたはず。そばに行ってみると右手がルートだった。

左手の沢の方が緩やかなので、自然にそちらに向かっていた。


沢をトラバースしている時、刺したピッケルに手応えが無い。

削ってみると1m深さの小さなシュルンドだった。

踏み込んでいたらドキッとしていたかも。









下からずーっと軟雪ラッセルだったが、中間部から程よいクラスト。

画像ほど実際は斜度は無い。











稜線に上がるが視界は悪く、結果下山するまで50~80m。


A沢は斜度が緩いので、アイスバーンでない限り、下降ルートとして使えそう。

しかし、他に下降ルートして考えていた斜面を下ってみる。






B沢下部の偵察。


4月4日、B沢左股にまったく無かったデブリが2ヶ所、視界の範囲内で見られる。


同じくC沢からのデブリも潅木帯の中まで落ちてきている。






トンネル風除帯の雪庇も、本当に今年は息が長い。













先週登ったEルンゼの取付きにデブリが発生していた。


デブリの上の大岩(先週の画像の岩)まで上がってみるが、視界が無いのでどこから発生したのか分らない。




















通行規制解除が4月27日予定なので、次回からは早朝入山できる。

朝一番だけで良いから、放射冷却でガシッと締まった雪面を登りたい。




羅漢岩Eルンゼ(仮称)


2週間ぶりのオロフレ山。

春先に、2週間も経っていれば融雪が一気に進んでいるのが、通年であるが・・・。

しかし低温気味の天候が4月に入っても続いている。

今日のルートはカルルス温泉入口駐車場で、羅漢岩を双眼鏡で覗いてから決まる予定。




そして
羅漢岩の積雪は2週間前とそれほど変わっていない。
直近に降ったのか、岩壁に雪が付着して白く見える。
B沢左股は気温の上昇と共に落ちる落石が怖いので今日は回避。

くったらさんの来馬岳から撮った写真を参考に、新ルートに入る。





トンネル内の駐車帯から外に出てみるが、突き当りまで行くにはリスクが大きすぎるので止める。



気温が上がってきたのでツララから水滴も落ちている。







一度外に出て、防護壁の上に上がり、トンネルの上を進む。




画像は下山してから撮ったもの。(登別ルート出合から)







広い取付き点から狭いルンゼの中に入る。



右手の大きな岩の裏に行かないと、上のほうの状況は分らない。









両岸は潅木帯と小さな岩稜になっており、来馬岳の東面沢に似た感じ。

4m幅なので都合悪ければいくらでもエスケープできる。

中央を氷の欠片がシャワーのように音を立てて落ちてくる。

何のことは無い。樹木の枝に張り付いた氷がドシドシと落ちて、ルンゼに集中しているだけ。




上部岩壁からの落石や、張り付いた雪などに注意し、中央を避けながら登る。

陽が当たっているところは浅いキックステッップで、日陰はアイスバーン気味。


助かるのはヒューンと音がして飛んでくる落石が無いこと。

ゆえに上部に被さった大きな岩壁が無いということになる。



一時間くらいで抜けた。

B沢左股のように落下物から一切逃げ道がないのに比べ、安心感を持てるルートだった。











東壁の頭でヘルメットを脱ぎ出アイゼンは着けたまま、いつものルートで頂上へ向かう。

1062Pで行動食を摂っている時に下を見ると、ケルン平あたりに5人くらいのパーティーが突然出現!

大曲ルートから入り、尾根を乗っ越した後、沢沿いにケルン平らに上がった模様。

画像は頂上稜線の三角鉄板岩から、1062Pに上がったパーティーをズームで撮ったもの。

だがここで撤退した。


ようやく頂上の鉄パイプが出ていた。

ここの積雪130cm。


三角鉄板岩から雪が降り始め視界が悪くなった。








オロフレ山の7ルート

くったらさんの来馬岳頂上からの画像を使用しています。

私の場合、荒天でカルルスゲートが通行止めになったときだけしか来馬岳に登らないので、オロフレ山の晴れた積雪期画像が無いのです。

今回のEルンゼ(仮称)は本画像を見て発見しました。
カルルス温泉付近からは陰になって見えないルートです。





次週のルートは今日と同じように、気温積雪の状況次第。

来週半ばに交通時間規制が解除されるので以降、早朝入山できる。

雪解けが遅くなってほしいと願うばかりである。


NHKワンダー×ワンダーの谷川岳一ノ倉沢滝沢第三スラブ登攀は久し振りに食い入って見た。



| ホーム |


 ホーム