FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

天気はまあまあと思ったが・・・

2019年9月29日(日)

今日の天気予報はNHKテレビが日中曇りから晴れ。新聞が曇り/雨から晴れ。



2019-09-29_07-48-46.jpg
こんな感じの天気で登れるかなと思いながら展望台(登山口)へ。

2019-09-29_08-25-24.jpg
羊蹄山もまだ見えるが・・・3分後。

2019-09-29_08-38-32.jpg
高曇りの雨が降り出し、止みそうな気配なし。


平地でも雨が降ってるし、リアルタイムで出せるNHK天気情報よりも、新聞のほうが当たることもあるんだ。

オロフレ峠通行止め及び来馬岳雨天中止

2018年3月4日(日)

オロフレ峠は3月1日9時から通行止めが続いている。
カルルスゲート


今朝、土現に確認すると今日の除雪予定はないとのこと。
今日の天気予報は9時頃雨マーク。その後曇りのち晴れ。
気温が高いし、雨が上がったらラッセルで汗を掻こうと思い来馬岳に行ったが、10時を過ぎても降り止まないので帰宅。



2018-03-04_08-28-14B.jpg
カルルス温泉ゲート。


2018-03-04_10-02-46A.jpg
カルルス温泉駐車場向かいの道路斜面。厚さ30cmの小さな底雪崩。



さて来週の雪の状態はどんなものだろか?

荒天にて山行き中止

2018年2月4日(日)

昨日、大雪警報が出たせいか、オロフレ峠が“雪崩の恐れ”により夕方から通行止め。
山行きを中止にして、朝起きてみると外は積雪5cm程度。
しかし8時頃から2時間で一気に25cm降り積もった。
Yahoo天気予報の雨(雪)雲をチェックしながら、通り過ぎたところで雪かきをした。


山での短時間の急激な降雪は、日中でも薄暗い灰色の世界になる。
当然視界もないため方向感覚なども正常に機能しない。

オロフレ山での急激な降雪によるビバーク。2011.1.30~31
下山は腰下の水中ウォーキングのようなラッセルで4時間掛っている。



利尻山 東壁左・中央リッジが美しい
IMG_0001a.jpg
(山渓日本百名山カレンダー:本間晶子)


今日の山行きは休止

2018年1月28日(日)

今日のオロフレ行きは休止です。


近年、2月になると山は春めいてくるような気がします。

昔は2月が一番シバレルので、氷壁登りなどは2月11日の建国記念日頃に行ったような記憶があります。
40年前ころに登攀技術でピオレトラクションという言葉が広まってきました。
とはいえ、層雲峡銀河の滝の上段中央もピッケルで、ハンド、フットホールドを階段状にカッティングしながら登っていました。


層雲峡銀河の滝(1976年2月)
銀河の滝1976年2月
写真は下段でのピオレトラクションの真似事。
現在も歩きで使っているシモンのピッケル【スーパーD中期モデル(Super D, 4th.model)】が新しい。

明日のオロフレ山行きは休止

2017年11月11日(土)

今日は大荒れの天気だったが、明日は好天のきざし。
雪浅い初冬のオロフレ山頂上に行きたかったが休止。





私の一番好きな山

“厳冬の利尻山”

東壁
バットレス
南稜
大槍
P1
P2
ヤムナイ沢
マオヤニ沢
仙法志ローソク岩
仙法志第2稜
仙法志第1稜

が美しい!

利尻山




チャラツナイ海岸 空中懸垂岩 1975年
IMG_0022.jpg

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ