FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

しつこく雪と戯れオロフレ山



昨日は一日中、夜中まで雨が降り続いていた。

今朝起きてみると(4時台)小雨模様だったが、天気予報は曇りなのでとりあえずオロフレ山に向かう。





壮瞥ルート出合いになる、トンネル入口がかすかに見える。

視界は20mくらい。

沢の水が岩の間から出ていたが、残雪ルートとしてOKなので取付く。








1003P手前の夏道と壮瞥ルートの分岐辺りにテープを付ける。

過去に2回くらい視界無しの下山時、夏道方面に間違って足を運んだことがある。

帰路、浅い足跡だと暖気で融けてしまい見失うことがある。

ここからは間違って下りてもなんとでもなるが、なし崩しにすることは良くない。

どんな山でも残雪(雪渓)と登山道(夏道)の接点は見つけにくいものだ。

小岩峰の尾根は前回で終了。

夏道が露出していない斜面のトラバースが続く。












鉄パイプ基準で、60~70cmあった頂上の雪が無くなっていた。

右奥の板看板(75cm)の頭が出てきたので、その付近はまだ60cmの積雪がある。

中を取って頂上の積雪は30cmくらいにしておこうと思う。







頂上稜線上部は夏道がかなり露出しているが、登りも下りも東側の雪稜をルートにする。

ガリガリではないので歩きやすい。











雪壁ボルダリング

小岩峰尾根の退化した雪庇の壁(高さ3m)で、今週も遊んでゆく。

先週と違って軟らかい壁のため、左手のホールドが作れず難儀する。

ハング気味の×のほうは2回ともスタンスが崩れ落下。

抜け口の傾斜が緩くなった○のほうで成功。

力が入ったので、今日の登山で唯一息切れを覚えた。





市街地から見える頂上稜線が大分黒味を帯びてきた。

展望台ゲートが開くまであと一ヶ月あまり。

もう少しだけ静かなオロフレ山を楽しめそうだ。




今日で9時入山終了



週始めの週間天気予報で金、土、日に雨マーク。

3日も雨は降らないだろうと希望的予想。

金、土は一日中、雨降りだったが、昨夕の予報で今日は晴れマークが出てきた。

夜半に雨が止み、今朝良さそうな天気の中、いつものようにオロフレ山へ向かう。





壮瞥ルートから入山。

さすが今の時期になると、平地の雨が山では雪に・・・は無かった。

とはいえ、雨が滲み込んで若干グサグサになった上にうっすら新雪も。

写真は小岩峰手前の羅漢岩稜線斜面に、顕著に現われてきた夏道。

先週、ブッシュに嵌りながらも歩けた、右上の稜線沿いは今季終了。


頂上の積雪は70cm。

右手奥にある板看板標識が出てくるのも、もうすぐ。












足跡は登りのもの。

視界が無いとき、左側をグリセードや尻セードをすると、ポンと飛んで滑落します。











十分にラインから離れてやる分には問題なし。

大して長さは無いですけど。












三角鉄板岩周辺も春になってきた。














1003Pから駐車場を見ると、向こうのチングルマのお花畑の雪融けが早い。

















時間通行規制解除が28日の予定なので、次週からはようやく山の基本なる早出、早着ができる。




低温気味の中オロフレ山へ



昨日は朝から昼過ぎまで雨が降っていた。

そして今日の朝は低温。

山はどうなのかなぁ~と思いながらカルルス近くに来ると、若干の新雪が道路脇に見られる。

車を走らせる途中、登別ルート出合を見ると、ブッシュの露出が多くなっており、そろそろ終盤の模様。





壮瞥ルートから入山。

すごく登り易い硬さのクラストで、靴のつま先、アウト、インのステップが小気味良く切れる。











2週間前に比べ雪融けが進んでおり、羅漢岩稜線、小岩峰の尾根沿いはブッシュ帯の踏み抜きが多いため、雪の多い部分を選んで歩く。

1062P経由の冬ルートは既に終わっていた。

あと一月半もすれば咲き出すシラネアオイ群生地の、1062Pを廻り込む夏道を行く。







オロフレ山で一番先に雪が融け出す頂上稜線の三角鉄板岩の下部。

岩混じりで斜度があるため陽に反応しやすく、市街地からもおぼろげに見える。

下から見て、黒い部分が増えたら「融けたな」白くなったら「降ったな」と判断できる。







頂上の雪も30cmくらい減っていた。

今日(今)は強烈な風で、足を踏ん張っていないとグラつく。











羅漢岩B沢左股の抜け口。

この2週間で上部の雪壁も融け落ち、笹の壁になっていた。














GWウィーク前に時間帯通行規制が解かれるので、再来週以降は早朝入山ができる。

朝早いうちに快適なキックステップで登りたいものだ。帰路はズボズボ埋まるのだから。




天候が安定し出したオロフレ山


今日の天気予報(3時間毎)は晴れ気味の中、午後に雪マークがひとつ?

これが下山中、見事に当たった。

30分ぐらい風雪が身体に吹き付けバリバリと凍り、冬並みだった。

その後は静かになったが。




快晴の中、壮瞥ルートを予定してオロフレに向かう。














出合の沢状斜面を直上して尾根に出る。

例年だと一枚の尾根(斜面)だが、今年は積雪量が少なかったのも影響してウネっている。











1003Pに着いて左前方を見ると、3人パーティーが頂上稜線下部を登っている。

9時のゲート開門後に登別ルート、大曲ルートから入ったとしたら時間的にありえない。

カルルス温泉駐車場に車が1台あったので、ゲート開門前に車道を歩いて入山したと思われる。

後で丁度、画像の場所で行き交ったので聞いてみるとやはりそうだった。




そして後続する2人パーティー。

羅漢岩稜線を歩いているとき、小岩峰基部にいたのを見ていたので、登別ルートから入山と推測。











頂上に着くと視界は無し。頂上だけスッポリ雲の中という、いつものパターン。

先行していた2人組みが見当たらない。

スキーで東斜面を滑降した跡があったので下のほうに居るようだ。

ただ、上がってくる気配がなく時折、会話している声と何か木を叩くような音が聞こえてくる。

雪稜沿いを下りながら、目を凝らしてずーっと下の樹林帯を見るが人影は見えない。

壮瞥ルートを下山しながら振り返って見ても下りている雰囲気が無かったので、泊まりかな?。


先週、踏み抜いた場所が危険なので、此処を通らないように木を刺しテープを付けておく。






















先週、今週と午前中は春らしく午後になると冬のような天気。

雪が腐れてくる時期にはまだちょっと早いようで、さすがに3月の山だ。




2週間ぶりのオロフレ山は春の気配


今日は天気が保障されているようなので壮瞥ルートに向かう。



壮瞥ルートにも登別ルートと同じようなアーチがあった。

昨年までは右手を登ることが多かったが、今年は積雪状態の関係でやや左にルートを取っている。

クラスト期待でツボ足で登ってきたが、踏み抜きがあるのでこの斜面を終え、尾根に上がったところでワカンを履く。






1003ピークから着雪の少ない羅漢岩と結氷したクッタラ湖。













小岩峰尾根のちょっとした下りで片足を踏み抜く。

焦るとアリ地獄になるので落ち着いて這い上がる。

垂直の岩に沿って出来た隙間が穴になっていた。(ベルクシュルント)

どう見ても3mの深さがあり、身体ごとスッポリだったら這い出すのが大変。(小岩峰で一度経験がある)






頂上稜線の登りに入ると、10cm厚さの表層でワカンが滑るのでツボ足に変える。

そして下を見るといつの間にか二人組が後続して来ていた。










久し振りに視界の利く頂上。

ひょっとしたら今シーズン初めてかも知れない。












頂上稜線を半分くらい下りると、ケルン平の向こうを登ってくる人がいる。(ズームなので近くに見える)

後続していた2人組みは1062コル(頂上稜線下部)で引き返し、小岩峰尾根に姿が見える。

この単独者も行き交った後、どうするのかなあ~と思いながら、帰路の羅漢岩稜線から見ていると、1062コルでUターンした。

二組とも大曲ルートから来たようだ。単独者が頂上に行くには時間が遅すぎると思っていたが・・・。





小さい山だが良い山だ。
















今日は午前中気温が高く、午後から急に冷えてきた。

このため往路に付けたトレースが、帰路崩れることなく使えて助かった。




| ホーム |


 ホーム  » 次のページ