FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

装備だけ冬山モード



天気は今晩から荒れ、雪になる予報が出ている。

本日の午前中は雨にあたることなく済みそう。





平地は雲と青空が五分五分だったが、標高900m以上は毎度のことながらスッポリ雲の中。













今日から冬山装備に衣替えしたため、身に付けている物が重たい感じ。

ザック、靴、ソックス、ロングスパッツ、下着上下、ズボン、上着など。ザックの中身も冬用に入れ替え。

気温がプラス圏なので汗びっしょりで頂上に着く。体重減には良かったかも。






下山途中、頂上尾根にまとわり付いていた雲が切れたので三角鉄板岩にて休憩。

陽が差したのは5分くらい。直ぐガスに包まれてしまった。














来週は早や11月下旬。低山といえもう冬山でしょう。



晩秋



昨日、週間天気予報で日曜日の雨マークが消え、晴れ曇りマークになっていた。

オロフレ、来馬の2山登りを終了し、オロフレ山のみになったので、自宅を出るのもゆっくり。




来る途中、登別側は青空も見えていたが、オロフレトンネルを抜けると壮瞥側はガスの中。

壮瞥側の天気が悪いわけでなく、オロフレ山の標高800m以上がすっぽりガスに包まれているだけ。









展望台(登山口)に着いたが、視界は無し。














頂上も視界無し。

しかし下山に入りしばらくするとガスが切れ始めてきた。

ちょっと肌寒いが風のない、私にとっての登山日和になった。











天気予報の週半ばに雪マークが付き始めてきた。

そろそろ雨マークが雪マークに置き換わる季節が近づいてきた。



一ヶ月ぶりのオロフレ山



週末以外は小春日和が続き、暖か過ぎるような天気が続いている。

そして今日はどよーんとした曇り空。しかし雨だけは避けられそう。

10月9日以来、1ヶ月ぶりにオロフレ山に入山。




11月4日に予定通り、展望台ゲートが冬期閉鎖となった。

当日、雪が遅いので延びるかなと思い電話で聞いてみたが予定通りだった。


入山時気温5℃







視界50mくらいの中、閉鎖道路(2.5km)を歩いて展望台(登山口)に着く。


風が無いので暖かい。










ケルン平(広場)に着いたとき、一時的にガスが晴れる。

この時以外はずーっとガスの中だった。













10月9日に持って上がりデポしておいた積雪期限定の240cmの棒を立てた。(家庭菜園に使う緑のポール)

視界無しのときの頂上確認と、20cm間隔にテープを巻いたので積雪量が分かり易くなる。





暖かい穏やかな日が続いているが、雪を伴った寒気が入ってくるのは月末くらいなのかな?


下山終了時(10:30)に他の登山者は見なかったので、今日のオロフレ山は私1人で終わったと思う。



穏やかな良い天気



今日は天気が良さそう。

いつものように日の出時刻の1時間前に起床。

登山口に着き直ぐ登れる準備をして自宅を出る。




オロフレ山

来る途中、オロフレ山頂上全体に大きな傘雲に似た雲が乗っかっていた。

そしてその通りの天気で、標高1000m以上の頂上方面は雲の中。










頂上に冬期間限定の積雪量を測るポールを看板の隙間に仮に差し込んでみた。

今日持って登ったが、実際に立てるのは展望台ゲートが閉鎖になり、人が来なくなってから。

冬場、吹雪で視界無く、頂上が分からず向こう方面に下りたことがあった。

登りきってからこんなに下ることは無いはずと折り返したが。




羅漢岩の壁に張り付く黄葉

















来馬岳

来馬岳の頂上に着く頃には陽射しも暖かで小春日和。

オロフレ山も雲が取れて暖かそう。














オロフレ山の入山名簿ノートを見るとめっきり人が少なくなった。

カルルス温泉周辺の紅葉の見頃は来週あたりかな?



オロフレ山に雪が舞う



自宅を出る時の気温が3℃。

グッと冷え込んだ早朝、オロフレ山に向かう。





展望台(登山口)気温1℃

東の空は晴れているが、北西側は厚みのある灰色の雲が重なっている。

羊蹄山も見えないので天気は下り坂。

日高山脈の山並みがクッキりだったのでズームで撮る。

ズームしたので近くに見えるが直線で約150kmほどある。



頂上は霜柱でサクサク状態。

途中、白く冠雪した日高山脈を期待したが、雲が湧き出して遠望は利かなかった。











下山に入ると雪が舞い出し、一時的に軽い吹雪模様になる。

















登山を終了し車に戻るころには雨が降り出し、カルルス温泉に着いても止みそうに無い。

秋雨でカッパを着ての来馬岳は敬遠しているため中止とした。




| ホーム |


 ホーム  » 次のページ