FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今週も来馬岳とオロフレ山

2012年5月13日

先週からオロフレ峠は夜間通行止めだが、時間帯が19時~7時でした。
また、先週はカルルス温泉にすんなり入れたが、今朝行くと温泉手前で夜間通行止20時~7時をやっていた。
仕方なく戻って迂回ルート(登別カントリークラブ経由)を走りカルルス温泉に入る。
今週もまずは来馬岳へ。


来馬岳

登山道ゲレンデコース終点の5合目。
先週、雪面に落ちていたネックウォーマーを、私の手の届く高さの枝に吊り下げておいた。それが倍近くの高さの所に。ゆえに1.5m以上の雪が融けたということか。
DSCN4208.jpg


馬の背から頂上までは一部夏道が出ていたが、まだ雪の上を歩ける。
DSCN4193.jpg


天気は良いが風が強く、冷えてくるので即下山。
DSCN4198.jpg


8合目で行き交った、短いスキーを担いだくったらさんが頂上へと登って行く。
私は今日も8合目下までグリセードで遊ぶ。
DSCN4205.jpg



オロフレ山

壮瞥ルートは終了していたので展望台ゲートへ。
DSCN4211.jpg


中高年グループもそろそろ増えてきた。
DSCN4212.jpg


展望台手前のカーブ。最後まで雪が残る場所で、ここが消えたら車道(2.5km)が開通する。
DSCN4215.jpg


頂上手前。
バサバサうるさいなと思っていたら、昨夜出来たと思われるエビの尻尾が枝に。
DSCN4222.jpg


ホロホロ方面も春です。
DSCN4226.jpg



雪の斜面登り・歩きに慣れていたせいか、雪が切れて土の登山道に変わった所では、途端に疲労感を感じてしまう。

オロフレ山はそろそろ登山者が増えて来る時期になってきた。先週、先々週と人に会わなかったが。今日は二組9人に出会った。

冬期オロフレ山の始まり



カルルス温泉ゲートの冬期間時間規制(17:00~09:00)が11/25から。

その前にということでオロフレ山に向かう。




月曜日に降った雪がオロフレを冬山にしてくれた。













展望台ゲートを07:30に出発。

展望台(登山口)到着まで、後10分の所から見るオロフレ山。

道路の積雪は2~3cm。

露出したアスファルトよりずっと歩き易い。







展望台(登山口)は軽く凸凹のアイスバーン。

今日は気温が上がらなかったので下山時もこの状態だった。

入山時-5℃ 下山時-3℃









登山口から頂上までの積雪は平均で足首ほど。

一部吹き溜まりでスネくらい。












冬山初日としては良い天気。

今日はそれを見越して来たわけだが・・・。















嫌いな秋雨が終わり、ようやく冬モードになってくれた。

ドッカーンとドカ雪が降れば頂上を踏む確率が低くなる。

小刻みに増えてくれれば理想だがそうはいかないのだろう、とは思う。




| ホーム |


 ホーム