FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

羅漢岩A沢

2019年4月7日(日)

今日の予定はA沢~頂上~登別ルート




2019-04-07_08-32-44AA.jpg
この何日か、雪が小刻みに降っているので、頂上稜線の黒かった部分も白くなっている。

2019-04-07_09-44-28.jpg
A沢に入って直ぐにある岩。練習に丁度良いかもしれない。

2019-04-07_09-53-58.jpg
昨年3月18日に破断した場所だが、今日はそんな気配は無し。

2019-04-07_09-58-30.jpg
足首くらいのキックステップで心地良い。

2019-04-07_10-17-54.jpg
羅漢岩稜線に出てB沢左股を振り返る。雪庇を落としてみると、垂直で丁度良い感じになっていた。

2019-04-07_12-01-12.jpg
頂上稜線の急登に来たら、登別ルートから入り、頂上を踏んできた単独者が下りて来た。(ラッセルのお礼を申し上げ、少しお話をする)

2019-04-07_12-38-26.jpg
一瞬、青空が出ただけの頂上。

2019-04-07_13-29-44.jpg
下山に入ると天気が回復してきた。(天気予報通り)

2019-04-07_13-44-16.jpg
小岩峰付近から振り返る。



晴れると白銀が眩しい、きれいな新雪を味わえるのも、もうわずか。


晴れ続きで春山の羅漢岩

2019年3月3日(日)

この一週間の暖気で、山は既に春山。



2019-03-03_08-36-10.jpg
PM2.5なのか?周辺の山もオロフレ山も霞んでいる。

2019-03-03_09-19-16.jpg
予定ルートのザレに、雪がくっ付いているのを見込んで向う。

2019-03-03_09-37-52AA.jpg
落ちきったデブリが小さい。Tarochan同行。

rakan20190303-1-2_RA.jpg
ルンゼを登り、右のリッジに上がる。【Tarochan撮影】

2019-03-03_11-03-04.jpg
上部ザレ部分の雪が薄く柔らか過ぎてトライ出来ず。

2019-03-03_11-15-02.jpg
下降支点を作りようがないので、幅60cmのリッジをまたいで、反対側にロワーダウン。

2019-03-03_11-31-26.jpg
Tarochanにトップロープ状態で、スノーバー1本を回収してもらう。



天気が良いと10時を過ぎれば、雪が不安定になり登りにくくなる。
カルルス温泉ゲート、9時開門の宿命でもある。

無風快晴で春山のよう

2019年1月13日(日)

天気予報の通り、今日は快晴。
気温は-9℃くらいだが、日差しが当たってくると春の陽気。


2019-01-13_08-36-34.jpg
快晴

2019-01-13_09-52-52.jpg
C沢に向う。先週と違いクラストしてる部分があり登り易いが、草付き岩壁から昨日落ちたと思われるデブリが各沢のあちこちに。

2019-01-13_10-15-08.jpg
途中にあるルンゼ。Tarochanと同行。

2019-01-13_10-40-56.jpg
ルンゼから小さな雪壁を越えC沢へ。

2019-01-13_10-51-08.jpg
PⅡリッジの末端に向う。


PⅡリッジ右のC沢上部に来たが、稜線の雪庇がハングしており、ひっきりなしに雪片が流れ落ちてくるのでここで引き返す。やっぱり12月のルートです。

2019-01-13_11-36-24.jpg
飛んでくる雪に気をつけながら、一人ずつ下りる。

2019-01-13_11-59-18.jpg
風が無く暖かく春山気分。



先週から積雪が増えておらず、暖気で壁から落ちたデブリが目立った。
天気が悪くても良くても、羅漢岩の中に入ってるだけで楽しい。

今年も羅漢岩をウロウロ

2019年1月6日(日)

昨日千歳方面が大雪だったので、大滝区に影響を受けるオロフレ山はどうかな?
と思いながらオロフレトンネルへ向う。



2019-01-06_09-50-06.jpg
今日はTarochanと同行。出合からラッセル深し。
C沢の雪庇が大きく張ってなければ登る予定だったが、視界が無く見えないので止める。

2019-01-06_10-13-50.jpg
前岩の基部から

IMG_3067A.jpg
胸ラッセルで頭に上がる。[ tarochan撮影]

2019-01-06_12-07-22.jpg
一本杉から2ピッチ35mの懸垂下降。



2人とも今期初めて登攀道具を付けたので、訓練を兼ねての行動となった。

今年最後のオロフレ

2018年12月23日(日)

カルルス温泉駐車場の路面がガリガリのアイスバーンだったので、登別ルートもクラストしてるかな?と思い向かう。



2018-12-23_09-24-08.jpg
先週より雪が多かったので取付いてみたが、直ぐに足が取られるラッセルになったので止めて羅漢岩へ。

2018-12-23_10-01-26.jpg
トンネル覆道外の雪庇は、昨日か今日落ちた感じ。

2018-12-23_11-10-44.jpg
前岩

2018-12-23_12-09-42.jpg
C沢をラッセルして遊ぶ。雪壁が崩壊するだけでなかなか上がれない小さな滝。

2018-12-23_12-35-42.jpg
今年2月に付けた羅漢岩出合のテープが3m上にある。春までに帳尻が合う積雪量になると思う。



さて年明けからはどのような行動ができるのか・・・・・。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ