FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

来馬岳

2018年3月11日(日)

今日は室蘭RCCの方々5人とオロフレを予定していたが、3月1日からの通行止めが解除にならず、来馬岳へ変更となった。
2018-03-11_08-33-38.jpg



2018-03-11_09-39-48.jpg
ゲレンデ下部の左隅を行く。

2018-03-11_09-50-34.jpg
ゲレンデ上部は先日の雨で完全クラスト。曇天で気温低めのため、アイゼンが良く利く。

2018-03-11_10-20-04.jpg
ゲレンデ終了点。

2018-03-11_10-51-46.jpg
今年の馬の背は雪が多いのに雪庇が全然発達してない。右手からの北風が弱いと思われる。

2018-03-11_11-27-20.jpg
9合目前後は氷結部分が多く、滑落に気を付ける。


頂上の鐘付きの柱が見当たらない。2月11日は有ったのだが、積雪で埋まったと思われる。

2018-03-11_11-57-50.jpg
下山ルートはカルルス墓地へ下りる尾根に取る。

2018-03-11_13-08-36.jpg
墓地を右手に見ながら道路に出る。

2018-03-11_13-09-40.jpg
登山口までスケートリンク状態の道路をアイゼンやスノーシューを着けたまま戻る。



来週は、通行止めも解除になってると思うので羅漢岩へ行けるだろう。

来馬岳

2018年2月11日(日)

金曜日の17時からオロフレ峠は通行止め。



2018-02-11_08-41-36.jpg
ひょっとして開通するかも知れないと思いカルルスゲートへ。土現にTELしてみると、明日の天気が下り坂のため除雪しないとのこと。

2018-02-11_09-01-46.jpg
サブ山の来馬岳へ。

2018-02-11_09-23-50.jpg
第2リフトはケーブルに座席が付いてなかった。

2018-02-11_11-01-26.jpg
圧雪されてないゲレンデ中間部からワカンで。

2018-02-11_11-14-30.jpg
雪庇が発達してない馬の背。

2018-02-11_12-10-54.jpg
5合目から文字通り一歩一歩のラッセル。

2018-02-11_12-33-14.jpg
頂上付近だけが雲の中と思われる。



2週続けてオロフレ峠が通行止めだったが、さて来週は?



来馬岳

2017年11月19日(日)

来週末からカルルスゲートが夜間規制に入るので、オロフレ山に早朝登山できるのは今日が最後。



2017-11-19_05-20-22.jpg
あれ!昨日は天気が良かったのに?

2017-11-19_05-27-26.jpg
カルルス温泉周辺は雪が無いけど峠は積もってるらしい。

ゲートが開くとしても9時以降と思われる。(結果的に終日閉門だった)
現在5時半。来馬岳に変更。

2017-11-19_05-45-44.jpg
肉眼で見えるゲレンデは白くなってるが写真には写らず。

2017-11-19_08-53-22.jpg
6合目からワカンを履いて頂上に。8~9合目の急登でスネくらいの深さ。

2017-11-19_09-24-36.jpg
6合目~7合目の馬の背は強風。

2017-11-19_10-20-30.jpg
天気下り坂の中、下山終了。


さて来週から9時出勤のオロフレ山が始まります。

来馬岳

2013年12月15日(日)

風が強く、あちこちで暴風雪警報が出ている。
道路情報のHPでオロフレ峠を確認したが通行止めになっていない。
カルルス温泉に行く途中、2ヵ所ある電光掲示板もいつもの夜間通行止めだけの表示。


0810_2013-12-15_09-00-10.jpg
ところがカルルス温泉駐車場に着き待機の後、9時に合わせゲートに行くと『地吹雪の為通行止』

来馬岳へ
0814_2013-12-15_09-32-06.jpg
時期が早いため圧雪車が入っておらず、登山口からラッセルを強いられる。

0816_2013-12-15_10-44-14.jpg
ゲレンデ中間部から5合目まで膝ラッセルで一歩一歩の登高。

0819_2013-12-15_11-09-42.jpg
馬の背に小さな雪庇が出来ている。
これが合体して雪庇の尾根が作られる。

0822_2013-12-15_11-49-08.jpg
積雪が中途半端なので夏道を見失わないように登るしかない。
頂上まで深いラッセルの登りとなった。

0823_2013-12-15_12-33-14.jpg
強風で頂上の鐘がひっきりなしに鳴っている。

0827_2013-12-15_12-36-38.jpg
写真を撮り、即下山。
風の弱いところで行動食を摂って、急斜面を泳ぐように下る。


今年は来週で登り納めになると思う。
登別ルートから頂上を踏めたら嬉しいのだが・・・。

峠通行止めにより来馬岳へ

2013年2月3日(日)

昨日の雨から一転して今日は冬型の荒れた天気。
7時40分頃、土現の携帯に電話を掛け聞くと、今日は終日オロフレ峠通行止めとのこと。
ということで来馬岳へ。


2013-02-03_08-48-08.jpg
道路情報掲示板には 【峠・吹雪通行止 開通未定】 と表示されている。

2013-02-03_08-48-08.jpg
登山口から見るゲレンデは時折吹雪模様。

2013-02-03_10-39-58.jpg
ゲレンデ上部(ダイナミックスコース)は新雪下を、キックステップを交えて登った。
5合目からワカンを着け、馬の背まで膝下ラッセル。
写真の6合目~7合目間にある馬の背は、北風の通り道のためクラスト気味で歩き易い。

2013-02-03_11-00-12.jpg
馬の背の終わりころから後続して来る登山者が見えていた。追い着かれ、サングラスを取った顔は、クッタラさんだった。
少し一緒に歩き、7合目で下山するクッタラさんと別れる。

2013-02-03_11-32-36.jpg
7合目上の緩斜面を過ぎ、急登が始まり出すと、膝上ラッセルが頂上まで続いた。いつもなら右側のアイスバーンにルートを取るが無かった。
写真は9合目。

2013-02-03_11-54-38.jpg
風雪強しの頂上。
即折り返し、風の弱い所で行動食を摂って下山。
9合目辺りでスキーを履いた登山者2名と行き交った。



冬のオロフレ峠通行止めで、来馬岳に変更したのは2年ぶりになる。
来馬岳の下山は登り返しがないので楽である。



| ホーム |


 ホーム  » 次のページ