FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

雪融けが遅いオロフレ山

2013年5月26日(日)

家を出てからオロフレトンネルに入るまでは曇り空。
トンネルを抜けると壮瞥側はほぼ快晴に近く、白老、登別の上空にだけ雲海が被さっている。


2013-05-26_05-15-04.jpg
壮瞥ルート取付きの沢は、割れてブリッジ化している。
少し登ると沢の水音も聞こえなくなり、沢に詰まった雪渓を快適に登る。

2013-05-26_06-02-40.jpg
羅漢岩稜線A沢抜け口から、先週下山ルートに取った廃道を見る。

2013-05-26_06-15-12.jpg
先週、登山道に一個だけあった蕾の猩猩袴(ショウジョウバカマ)が、今週は20個くらい花を咲かせていた。

2013-05-26_06-31-02.jpg
オロフレで真っ先に雪が融ける頂上稜線は、一部を除いて夏道モードに入っている。

2013-05-26_07-07-28.jpg
頂上稜線から車を停めている、駐車公園を望む。

2013-05-26_07-08-02.jpg
家に帰りPCに落とすと、私の車が見えていた。

2013-05-26_07-31-06.jpg
頂上看板はまだ頭を出していない。
鉄パイプ周辺の積雪が60cm。

2013-05-26_07-38-32.jpg
上りと下り。

2013-05-26_09-04-22.jpg
1003Pから展望台(夏道登山口)に下り、テーブルで休んでいると一人の登山者が霧の中からにゅーっと現われる。
ストック無しの長靴姿で通り過ぎていったが、雪面のトラバースに木の枝を絶対に使うだろうなと思いながら見送った。

下山は駐車場向こうの沢に入り、壮瞥ルート出合まで下った。



今の時期は一週間で60~80cmの雪融けも普通なので、来週には頂上の雪もほとんど無くなっているだろう。

展望台ゲート5月26日 【5/28追加】
2013-05-26_09-32-48.jpg

雲海のオロフレ山頂上

2013年5月12日(日)


昨日は一日いっぱい、就寝するまで雨が降り続いていた。
しかし天気予報の通り、朝起きると雨は止んでおり、曇りの空模様。


2013-05-12_05-10-28.jpg
壮瞥ルートに取り付く。

2013-05-12_05-22-36.jpg
傾斜の緩い沢状にルートを取り登る。

2013-05-12_05-54-12.jpg
夏道が露出してきた。(右はA沢の下り口)

2013-05-12_07-07-22.jpg
頂上稜線の登りに入ったところで、空が明るくなってきた。
上は晴れているかも?

2013-05-12_07-42-54.jpg
標高1200mを越すと、雲海の上に出た。

1-3.jpg

2013-05-12_07-53-56.jpg
アンヌプリ、羊蹄山、札幌方面の山1つ、ホロホロ3山が雲の上に。

2013-05-12_07-55-50.jpg
後ろを振り返って見るが、1040mの来馬岳は雲の下。



頂上稜線以外で、夏道が2、3ヶ所露出してきた。

来週には頂上の看板も頭を出しているかな?

午前中、春の陽が差したオロフレ山

2013年4月21日(日)


風が強くなく、陽が差しているので先週のように快適に登ることは期待できないが壮瞥ルートに向かう。


カルルス温泉駐車場から見る羅漢岩ルンゼの雪の量は昨年とほとんど変わらない。

       2013.04.21                2012.04.22

2013-04-21_09-24-16.jpg
駐車公園で車を降りた4人パーティーが壮瞥ルートを後続してくる。

2013-04-21_10-04-46.jpg
赤丸の部分だけクライムダウンで下降。
4人はアイゼンを取り出しているようだ。

2013-04-21_12-02-10.jpg
いつもの垂直気味の場所で、ピッケルを刺してもスカスカなので右手から登ろうとして4mほど滑落した。
落ちながらピッケルを押し込んで止まったが、使用していなければ何十メートルか滑っていたと思う。アイゼンは装着していない。
後続していた4人の目の前で落ちたのでビックリさせてしまった。
写真は下山時に撮ったもの。

2013-04-21_11-45-12.jpg
北西方面から天気は下り坂、の頂上。

2013-04-21_11-46-06.jpg
4人パーティーも追っかけ到着。



4月26日でカルルス温泉ゲートの冬期時間規制が終了。

次週から早朝入山になるので、朝だけ、固い雪面を快適に登ることが出来る。

今季初めての壮瞥ルート

2013年3月31日(日)


今日は天候が大きく崩れることもない様なので、壮瞥ルートから入山。



        入山                  下山

2013-03-31_09-39-54.jpg
壮瞥ルート出合から斜面を登り、尾根に出るところに雪庇ではなく、大きな壁が出来ていた。

2013-03-31_10-00-12.jpg
1003Pより、羅漢岩~小岩峰~1062P~頂上稜線を望む。
オロフレ山の場合、頂上が遠いように感じるが実際に登ってみると、以外に時間が掛からない山である。

2013-03-31_10-11-42.jpg
B沢左股上部の雪庇が見事。
抜け口の上でギリギリ近寄って下を覗いてみたら、登攀意欲をそそられてしまった。

2013-03-31_11-54-14.jpg
頂上は視界無し。
小岩峰辺りから先行しているスキー跡が見え隠れしていた。
登っている人影を捉えることが出来ず、何かステルスのような感じだった。
頂上に着くと東南斜面に飛び込んで行った跡があった。

2013-03-31_12-57-56.jpg
PⅠに架かる雪庇も見事。
崩れて雪崩を誘発し、沢をデブリで埋めるのも近い。


帰りに車の中から登別ルートを見ると、取り付きに登山者の足跡があった。
朝、ゲートから先行していた車が1台、トンネル駐車帯に車を停めようとしていたが、あの車の色はやっぱり『くったらさん?』だったようです。


| ホーム |


 ホーム