FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

小笠原諸島父島 登山日記 その六

 5月07日(水) 千歳→羽田
 5月08日(木) 東京竹芝発10:00
 5月09日(金) 父島着11:20
 5月10日(土) 父島
 5月11日(日) 父島
 5月12日(月) 父島発14:00
 5月13日(火) 東京竹芝着15:20
 5月14日(水) 羽田→千歳


    歩行ルート
DSCF0049.JPG
5月9日(金)
民宿なぎ屋⇔ウェザーステーション展望台

5月10日(土)
民宿なぎ屋→宮之浜海岸→釣浜→長崎展望台→旭山南峰→旭山→旭平展望台→国立天文台→初寝浦展望台→初寝浦海岸→中央山→桑の木入口→連珠谷展望地→天狗鼻展望地→小笠原神社→扇浦海岸→境浦海岸→小笠原海洋センター→民宿なぎ屋

5月11日(日)
民宿なぎ屋→境浦→扇浦海岸→コペペ海岸→小港海岸→中山峠展望台→ブタ海岸→高山→ジョンビーチ→ブタ海岸→中山峠展望台→小港海岸→亜熱帯農業センター→扇浦海岸(バス)民宿なぎ屋                          

5月12日(月)バイク
民宿なぎ屋→宮之浜海岸→旭平展望台→初寝浦展望台→傘山→小港海岸→扇浦海岸→境浦→民宿なぎ屋


拡大⇔縮小DSCF0049.JPGDSCF0049.JPG


 








Internet Explorer利用で画像が消えてる場合は他のブラウザで正常に表示されます



2014年5月12日(月)

最終日。
目覚めたのが5時過ぎ。午前中は行動できるので、幹線道路をスクーターで走ってみることにした。レンタカー屋さんが開くのが8時。時間があるのですぐ近くの丘の上にある大神山神社へ。


今日も父島は過ごしやすい気温だ。登別は日中の気温が低く寒そう。

2014-05-12_05-45-22.jpg
今日の出航まで4日間つながれっぱなしのおがさわら丸。おかげで3泊4日を島で過ごすことが出来る。

2014-05-12_05-56-42.jpg
階段を登って

2014-05-12_06-02-38.jpg
由来をじっくり読んで

2014-05-12_06-03-34.jpg
お参り。・・・・賽銭を持ってこなかった。

2014-05-12_06-24-52.jpg
社殿からさらに登るとパノラマが広がっていた。

2014-05-12_06-37-56.jpg
民宿なぎ屋が見える。

2014-05-12_08-30-42.jpg
朝食を7時半に食べ、レンタルバイク屋さんでスクーターを借り、宮之浜海岸。

2014-05-12_09-12-58.jpg
旭平展望台・・・紺碧のボニンブルーには遠い色

2014-05-12_09-23-10.jpg
初寝浦・・・昔と変わりません

2014-05-12_09-37-50.jpg
初寝浦展望台から少し走ると岩肌を持つ尾根が見えた。私にとっては是非とも登りたい景色だ。

2014-05-10_09-13-36.jpg
そう思いながら少し走ると路肩にこのセットが置かれていた。(写真は5/10に歩いた時撮っていたもの)
一昨日は気が付かなかったが、良く見ると裏に小さな踏み跡ある。傘山への登山口で、先ほどの岩肌の尾根の約反対側になる。

2014-05-12_09-46-36.jpg
顕著な踏み跡と岩肌をスプーンカットしたように削ったスタンスが先を示している。

2014-05-12_09-48-00.jpg
ほどなく頂上に着いた。

2014-05-12_09-55-08.jpg
2014-05-12_09-52-34.jpg
周辺の島や海岸を全部見渡せるわけではないが、360度の展望があり今までのピークの中で一番だった。

2014-05-12_09-55-32.jpg
境浦をズーム。

2014-05-12_10-02-12.jpg
傘山を後に小港海岸に向かう。

2014-05-12_10-35-34.jpg
小港海岸は昨日に増して砂浜が輝きまぶしかった。昔と全然変わってない。

2014-05-12_10-40-22.jpg
ビーチ手前の東屋に女性(美人)がひとり。静かに海を眺めているだけで他に誰もいなかった。


昼食をなぎ屋で頂く。北海道から冷凍で持ってきたホタテと島の魚で海鮮丼を作ってくれた。
10数年前に亡くなった初代のご主人の仏前で手を合わせ、大女将さんに別れを告げ、民宿なぎ屋を後にする。


2014-05-12_13-51-40.jpg
見送り風景

2014-05-12_14-01-46.jpg
民宿なぎ屋の若女将。

小笠原諸島父島の海上見送りパフォーマンス。





2014-05-12_14-54-00.jpg
携帯電話はもう繋がらない。

2014-05-12_15-28-14.jpg
聟島列島の一部

2014-05-12_18-14-02.jpg
島影も無い太平洋真っ只中。

2014-05-12_23-17-50.jpg
帰りは皆さん静かに寝ています。





2014年5月13日(火)

2014-05-13_10-07-24.jpg
朝から雨が吹き付けてくる。時間的に伊豆諸島の三宅島付近。

2014-05-13_14-54-58.jpg
東京湾に入った。

2014-05-13_15-01-32.jpg
フジテレビ、お台場。

2014-05-13_15-04-10.jpg
レインボーブリッジをくぐって竹芝桟橋。



42年前に比べあまりにも短い滞在だったが小笠原諸島父島の旅を終えた。
私の脳裏に焼きついていた超紺碧ボニンブルーの太平洋と超満天の星空を望み見ることはできなかったが、小港海岸は昔と変わらず眩しいくらい綺麗な砂浜のままだった。展望台から見る初寝浦の白さも全然変わっていなかった。ただ境浦の朽ち果てて行く沈没船が時の流れを感じさせてくれた。
父島の森を歩いてみて亜熱帯特有の濃い緑の中、オガサワラビロウなどの生命力に圧倒された。

世界自然遺産登録に際し賛否両論があったと聞いた。以前に増して観光資源の優位性を持つ島は若者の村という空気感だった。
自然、開発、人間、さまざまな問題があると思うが、これから先も永久に美しい島であって欲しいと願っている。




今日は42年前、放浪の旅の節々で何度も立ち寄り寝泊りして世話になった友Wに会い夜中まで。



2014年5月14日(水)

“男はつらいよ”の葛飾柴又帝釈天参道、寅さん記念館、江戸川を満喫して北海道に戻る。


 一作品2~3回は観ている




               

              ・ ・ ・ 終わり ・ ・ ・


小笠原諸島父島 登山日記 その五


DSCF0049.JPG
DSCF0049.JPG



 





 5月07日(水) 千歳→羽田
 5月08日(木) 東京竹芝発10:00
 5月09日(金) 父島着11:20
 5月10日(土) 父島
 5月11日(日) 父島
 5月12日(月) 父島発14:00
 5月13日(火) 東京竹芝着15:20
 5月14日(水) 羽田→千歳

Internet Explorer利用で画像が消えてる場合は他のブラウザで正常に表示されます

2014年5月11日(日)

今日も前夜におにぎりを作ってもらい早朝の出発。

父島と登別で今日の日中最高気温が変わらない。しかし最低気温が父島19.4度、登別6.1度。


2014-05-11_04-39-40.jpg
内地では(小笠原でも北海道と同じように内地という)新聞配達の人を見かける早朝だが、父島で見ることはない。新聞はおがさわら丸が入港した時、何日か分まとめて生協で販売する。
42年前はラジオ電波は悪いし、テレビ電波も来ておらず、世の動向を知るため一週間分の新聞を買って読んでいた。






歩道にはめ込んである動植物の石版。

2014-05-11_05-56-54.jpg
扇浦に着いた。1.7km先のコペペ海岸に向かう。

2014-05-11_06-14-54.jpg
高度な測量をするためのアンテナとのことです。

2014-05-11_06-23-22.jpg
コペペ海岸:実際はもっときれいな砂地。

2014-05-11_06-27-58.jpg
小港海岸へ800m。小港は42年前に来たとき、バイクに乗ってビューンと一番最初に行った場所。

2014-05-11_06-34-28.jpg
こういう道が疲れる。左隅を歩いてしまうから荒れるのだろうけど・・・

2014-05-11_06-37-30.jpg
ちょっと見えてきた。

2014-05-11_06-41-54.jpg
道の整備にお金を掛けているのがわかる。

2014-05-11_06-48-52.jpg
懐かしの小港海岸

2014-05-11_06-54-52.jpg
ビーチに下りて右手の磯を伝って行く。北海道のような磯の香りは一切しない。

2014-05-11_07-00-30.jpg
昔はこの場所で、腰まで浸って水中眼鏡で覗くと熱帯魚や伊勢海老がいたのだが・・・。 うーん、上から覗いただけでは見えないか・・・。

2014-05-11_07-02-24.jpg
15cmくらの大きなカニが120度くらいのオーバーハングの岩を登っている。

2014-05-11_06-59-54.jpg
靴が濡れない程度の所まで来てからビーチに戻る。


朝早いので人はおらず、プライベートビーチです。

2014-05-11_07-26-48.jpg
小港海岸を後にブタ海岸に向かう。

2014-05-11_07-31-08.jpg
昔に造った道かな?

2014-05-11_07-37-08.jpg
小港海岸と向こうにコペペ海岸

2014-05-11_07-39-36.jpg
自然の岩を削った階段

2014-05-11_07-44-34.jpg
尾根に出ると、先の中山峠→ブタ海岸とは逆の方向に岩場のピークが見えたので行ってみる。

2014-05-11_07-48-24.jpg
ピークから中山峠展望台(赤丸)

2014-05-11_07-50-38.jpg
さらにもうひとつ奥にピークがあるので行きたかったが、岩場でなく道の無さそうな草木の斜面だったので止める。

2014-05-11_07-59-14.jpg
中山峠から

2014-05-11_08-01-22.jpg
下にブタ海岸、向こうに小笠原で一番有名な南島が見えてきた。

2014-05-11_08-23-58.jpg
ブタ海岸へ下る分岐の向こうに踏み跡があったので来てみたら結構恐ろしい道だった。スッパリ切れ落ちた崖のギリギリに道があり、危険な部分で草付きの方に入ると、いばらの植物がスネをひっかっく。こうして道を外れるから植物を荒らすのだなぁー・・・。といえ命に代えられない。

2014-05-11_08-28-24.jpg
帰りに少し道を間違いながら踏み跡に戻った。

2014-05-11_08-44-50.jpg
ブタ海岸は北海道にもある鉄分を含んだような普通の海岸だった。


2014-05-11_08-49-04K.jpg
ジョンビーチ方面と逆の丘に登ってみた。

2014-05-11_08-53-24.jpg
先ほど歩いたスッパリ切れた崖。

2014-05-11_08-57-00.jpg
ブタ海岸に戻ってみると珍しく先行者を発見。

2014-05-11_09-16-56.jpg
ブタ海岸から0.8km来た所に標識。ジョンビーチまで1.9kmで高山山頂経由だと2.3km。迷わず高山山頂経由に足を向ける。ここで先行者に追いついたので少しお話をする。重そうなカメラ、三脚とザックを背負い、仕事と言ってたのでカメラマンらしい。小笠原に何度か来てるそうだ。

2014-05-11_09-33-10.jpg
海岸から九十九折の道を30分ほどで高山山頂が見えた。

2014-05-11_09-34-42.jpg
高山山頂

2014-05-11_09-36-54.jpg
南島がすぐ目の前に。



岩場を下り、登り、下り、トラバースなどしながら進む。


岩場を終わり森の中へ。

2014-05-11_10-21-58.jpg
あと0.5km


ジョンビーチに着くと4人の若者がいた。追い越されていないので高山をショートカットしてきたようだ。

2014-05-11_11-16-58.jpg
南島から帰って行くボート。



ゆっくり休んでから帰路の森の中に。草木が陽を遮ってくれるので涼しい。
今日は遠くで野ヤギの鳴き声が聞こえていたのに姿は見えなかった。ここでも20m離れてないそばから鳴く声が聞こえても姿を現さない。昔は島中ヤギだらけだったのが、今は植物の生態系を壊す悪者になって駆除され激減している。一度も会えないのがちょっと寂しい気がした。


タコノキ

2014-05-11_10-00-18.jpg
帰りは高山山頂経由でなくショートカット経由で。(写真は高山の下りで撮った)

2014-05-11_12-27-52.jpg
ブタ海岸に戻るとカヌーが二艘

2014-05-11_12-50-28.jpg
中山峠が見えてきた

2014-05-11_13-06-00.jpg
再度中山峠。下に小港、コペペ。

2014-05-11_13-32-04.jpg
小港海岸からは往路のコペペ方面でなく、車道2.5kmを扇浦に向かう。(写真は一部並行している歩道)

2014-05-11_13-39-02.jpg
ガジュマル

2014-05-11_14-18-56.jpg
亜熱帯農業センターの構内を横断して。

2014-05-11_14-30-52.jpg
自撮り

2014-05-11_14-44-18.jpg
扇浦に着いた。ここからなぎ屋までは昨日歩いたので村営バスで戻った。


歩行距離約20km

小笠原諸島父島 登山日記 その六に続く

小笠原諸島父島 登山日記 その四


DSCF0049.JPG
DSCF0049.JPG



 





 5月07日(水) 千歳→羽田
 5月08日(木) 東京竹芝発10:00
 5月09日(金) 父島着11:20
 5月10日(土) 父島
 5月11日(日) 父島
 5月12日(月) 父島発14:00
 5月13日(火) 東京竹芝着15:20
 5月14日(水) 羽田→千歳

Internet Explorer利用で画像が消えてる場合は他のブラウザで正常に表示されます

2014年5月10日(土)

昨夜はかき集めたマップとにらめっこしながら今日の歩きルートの予定を立てた。(事前にネットで調べたが情報が少なかった)
ビーチ⇔ピークへのアップダウンの繰り返し。舗装された車道歩きから山道に入りピークを踏んで戻ったり、そのまま縦走というルートもある。自然保護の観点からガイド同行でなければダメという山道もある。
四国歩き遍路のときのような感覚で、そのときのように早朝出立するため、朝食用におにぎりを作っていただいた。


2014-05-10_04-14-24.jpg
今日の天気予報は曇りで最高気温は北海道と変わらない。大きく違うのは最低気温との差が小さいこと。結果的には晴れたり曇ったりの良い天気だった。
テレビの時刻が4時13分。ご存知と思いますが、オロフレ山も含め基本的に撮影時間が写真名です。(カメラの時刻がテレビより1分ほど進んでいます:2014-05-10_04-14-24)

2014-05-10_04-58-42.jpg
車道を上り下り30分でで宮之浜海岸。夜が明けたばかりの逆光で暗く撮れている。(向かいの兄島との間に珊瑚礁が発達し熱帯魚が多くシュノーケリングに最適)

2014-05-10_05-02-54.jpg
宮之浜から釣浜に行くため海岸沿いの石段登りから尾根へ。

2014-05-10_05-12-18.jpg
尾根からの兄島北部

2014-05-10_05-30-36.jpg
植物が覆いかぶさった道を行く。

2014-05-10_05-33-56.jpg
尾根歩きから海岸に下って釣浜に着く。古くからの釣り場らしい。
再度登り返して長崎展望台へ。

2014-05-10_05-49-08.jpg
野生化した飼い猫が固有の鳥などを襲うため置かれた捕獲用カゴ。

2014-05-10_06-16-38.jpg
もうすぐ着く長崎展望台を終わってから歩く車道

2014-05-10_06-16-50.jpg
あの向こうが長崎展望台

2014-05-10_06-27-20.jpg
兄島側がスッパリ切れた落ちた尾根歩き(逆光)

2014-05-10_06-28-00.jpg
振り返って撮る。(順光)
昔から何度か兄島に飛行場を造る計画があったが、世界遺産になった今日では不可能だろう。確か父島に小さな飛行場があったはずで、42年前に戦時中の飛行機の残骸を見た記憶があった。後で調べてみると州崎という場所だった。

2014-05-10_06-34-28.jpg
展望台まで35m

2014-05-10_06-35-18.jpg
長崎展望台。車で来る人はここの高台から兄島を見ることができる。

2014-05-10_06-44-30.jpg
展望台から10分ほど下って

2014-05-10_06-45-20.jpg
車道に出た

2014-05-10_06-53-48.jpg
道路歩きから登山道に入り旭山に向かう。

2014-05-10_07-11-46.jpg
ネットに囲われた中に希少植物が保護されていた。

2014-05-10_07-15-18.jpg
向かっているのは旭山南峰で右手に沢を挟んで旭山。

2014-05-10_07-23-04.jpg
遠くに島影が見えたのでズームで撮ったら聟島列島だった。

2014-05-10_07-17-26.jpg
停泊しているおがさわら丸と目の前に旭山(267m)。

2014-05-10_07-32-24.jpg
来た道を中間まで下り、分岐から旭山に向かう。

2014-05-10_07-33-32.jpg
歩きやすい道。

2014-05-10_07-34-38.jpg
山頂

2014-05-10_07-34-44.jpg
扇浦の向こうに南島

2014-05-10_07-35-58.jpg
頂上より高い所に道があるので行ってみる。

2014-05-10_07-36-56拡大
ガサガサと音がしたらトカゲ。後で調べてみるとオガサワラトカゲとは模様が違う。グリーンアノールという、固有生物を食い荒らす外来生物で根絶対象になっている。色が茶褐色だが変色能力を持つらしいのでグリーンアノールだろう。
2014-05-10_07-42-42A.jpg
起点から結構歩いて来たようにみえるが距離的にそうでもない。
                 
2014-05-10_07-37-36.jpg
二見港をアップで

2014-05-10_08-04-16.jpg
島で一番多く見られるタコノキ


旭山から車道に戻り、少し歩いて旭平展望台に着いた。
42年前と同じような場所からのアングル。

2014-05-10_08-09-34.jpg
所々にある戦跡を見ながら車道を行く。

2014-05-10_08-17-00.jpg
父島ではヤギとカニの標識が多かった。


国立天文台があり、構内出入り自由で、無人事務所の玄関にパンフレットが置いてあった。帰りがけそばを通るとグオーンと台が回転しだしたのでビックリ!。タイミングが良すぎるのでモニター遠隔監視のついでにサービスしてくれたのな?と思ってしまった。 

2014-05-10_08-27-22カーブミラー
夏山スタイル。しかし運動靴はちょっとまずかった。軽登山靴を履いてくればよかった。山の中で道迷いしたら困るので一応非常食はザックの中に入れてある。水分はポカリスエット500m3本。住宅街を離れるので自販機は無い。


夜明山へのスッキリした登山道に入って行ったら、途中で道が不明瞭になってしまった。小笠原村観光協会のマップを見るとガイド同行となってたので引き返す。
この茎は細いやつでも両手で折り曲げることが出来ないほど堅い。葉っぱを支えるだけの強度が必要なんだろう。

2014-05-10_08-40-28B.jpg
車道に戻り、少し行くと初寝浦展望台入口の看板があり2分ほどで着く。


懐かしの初寝浦  左の写真が42年前  変わっていません

2014-05-10_08-41-48.jpg
そばにある旧日本軍の建物。外、内ともにイタズラ書きだらけ。

2014-05-10_09-24-52.jpg
42前に行きたかった初寝浦海岸に向かう。標高200mから急降下の道。(昔は道らしきものがなかったと思う)

2014-05-10_09-37-42.jpg
ネットはヤギ、ネコなどからの植物、鳥類保護のため。


しっかり整備されてます。

2014-05-10_09-55-06.jpg
初寝浦に着いてすぐ目に付いたのが、海がめの産卵の跡。

2014-05-10_10-10-42.jpg
岩場から熱帯魚が見えるかなと思ったが見えなかった。

2014-05-10_10-18-38.jpg
正面に東島。白い砂地が見えてるが海流が強くて人は近づかないらしい。ここで行動食を摂りゆっくり休んだ後登り返しに入る。

2014-05-10_10-55-04.jpg
岩石をきれいに削って階段を造ってくれている。

2014-05-10_11-10-32.jpg
ネット内は完全に保護区です

2014-05-10_11-15-34.jpg
道路に戻り中央山方面へ

2014-05-10_11-22-56.jpg
道路から中央山へは330m。

2014-05-10_11-26-12.jpg
奥の見晴台に行き

2014-05-10_11-28-28.jpg
グアム島方面に母島

2014-05-10_11-43-32.jpg
道路に戻り、扇浦経由で帰路につく。

2014-05-10_11-55-46.jpg
途中ショートカットできる山道があったので入る。

2014-05-10_12-04-54.jpg
下り50分の原生林の山道。途中2~3ヶ所で道迷いしながら。

2014-05-10_12-28-28.jpg
2ヶ所ある展望地に寄り道して扇浦へ。

2014-05-10_12-36-58.jpg
扇浦に出る手前に小笠原神社があったので寄る。

碑文
碑文石

2014-05-10_13-04-02.jpg
扇浦に到着。

2014-05-10_13-03-00.jpg
扇浦海岸の東屋で休んでいるとグリーンアノールがチョロチョロ。


扇浦から湾岸道路を5.4km歩いて民宿まで戻る。村営バスが走ってるが景色を見ながら歩くほうがいい。


2014-05-10_13-17-28.jpg
目立つようにハイビスカスが咲いている。

2014-05-10_13-46-24.jpg
道路から少し下って境浦。

2014-05-10_13-42-54.jpg
濱江丸

2014-05-10_13-55-38.jpg
カップルが着の身着のままで、背の立つ深さでシュノーケリングしていた。
私 「熱帯魚見えた?」

カップル 「2.、3種類。船のそばは深いので止めました。寒いです・・」

2014-05-10_14-01-58.jpg
道路に戻って振り返る。

2014-05-10_14-23-06.jpg
街に入る手前の小笠原海洋センターに立ち寄る。人懐っこいカメが餌が欲しいとそばを離れない。職員に初寝浦でカメの産卵跡があったと伝えたら喜んでいた。(確かにあそこの下り登りは頻繁に行ける所ではない)

2014-05-10_14-35-24.jpg
おがさわら丸とははじま丸

2014-05-10_14-45-12公園
公園で子供がサッカー。大人はゲートボール。

2014-05-10_15-13-58.jpg
なぎ屋に到着。

歩行距離は概算で20kmくらいと思う。

小笠原諸島父島 登山日記 その五に続く

小笠原諸島父島 登山日記 その三


DSCF0049.JPG
DSCF0049.JPG



 





 5月07日(水) 千歳→羽田
 5月08日(木) 東京竹芝発10:00
 5月09日(金) 父島着11:20
 5月10日(土) 父島
 5月11日(日) 父島
 5月12日(月) 父島発14:00
 5月13日(火) 東京竹芝着15:20
 5月14日(水) 羽田→千歳


Internet Explorer利用で画像が消えてる場合は他のブラウザで正常に表示されます

2014年5月9日(金)

2014-05-09_02-46-12.jpg
熟睡することができないので夜中に船内をウロウロ。
レストランの入口に貼ってあるツアー会社のリーフレット。

2014-05-09_02-55-30.jpg
椅子がガッチリ固定してある。

2014-05-09_04-30-42.jpg
鳥島は夜中の1時頃に通過していた。聟島列島を過ぎればもうすぐ父島。

2014-05-09_04-50-42.jpg
寝てる人は寝てる。

2014-05-12_15-59-12.jpg
時間的に聟島列島が見えるはずだが天気が悪くて見えない。
《写真は帰りに見えた17km先の聟島列島。》

2014-05-09_10-52-50.jpg
父島が近づいてきた。携帯電話も到着30分前頃から通じる。

2014-05-09_11-10-36.jpg
二見港ターミナル。

2014-05-09_11-16-34.jpg
出迎えの人たち。

2014-05-12_06-50-20.jpg
若女将さんの車で民宿なぎ屋さんへ。歩いても5分かからない。(写真は5月12日)

84歳になる大女将さんは腰を痛めたそうでゆったりとした日常生活を送っていた。42年前の私のことは覚えていなったが、昔のことを共通の話題としてお話が出来た。現在民宿を経営されている次男さんは五島列島から移住してきたとき12歳で、その頃の小笠原の海の色と今は違うかも知れないといっていた。

2014-05-09_14-07-08.jpg
一時的な霧雨が晴れて青空。小笠原ビジターセンターへ。

2014-05-09_14-12-14.jpg
郷土民族資料館のような施設で小笠原の歴史などが展示されている。
2014-05-09_14-09-38.jpg


2014-05-09_14-32-22.jpg
二見港の横に広がる大村海岸。

2014-05-09_14-44-46.jpg
ハイビスカス

2014-05-09_14-46-44.jpg
横道から下校途中の小学生がゾロゾロ出てきた。多くの若者が移住して来てるせいか過疎化とは無縁のようだ。

2014-05-09_15-58-04.jpg
夕日のスポットになってるウェザーステーションへ歩いて行く。

2014-05-09_16-13-08.jpg
途中、戦跡を見に森に入ったりしながら1時間ほどかけて着く。
母島が一番奥に。二日後に登った高山も見えている。
2014-05-09_16-13-52.jpg


2014-05-09_16-37-12.jpg
5月初旬までフォエール ウォッチングができるらしい。

2014-05-12_06-51-00.jpg
なぎ屋に戻る。昔と同じ場所に建っているが、民宿・ホテル街の真っ只中の一角になっていた。(写真は5月12日)
9-民宿なぎや
           民宿なぎ屋 1972年(昭和47年)当時


小笠原諸島父島 登山日記 その四に続く

小笠原諸島父島 登山日記 その二


DSCF0049.JPG
 5月07日(水) 千歳→羽田
 5月08日(木) 東京竹芝発10:00
 5月09日(金) 父島着11:20
 5月10日(土) 父島
 5月11日(日) 父島
 5月12日(月) 父島発14:00
 5月13日(火) 東京竹芝着15:20
 5月14日(水) 羽田→千歳



Internet Explorer利用で画像が消えてる場合は他のブラウザで正常に表示されます


2014年5月8日(木)

2014-05-08_08-39-12.jpg
前泊したシーサイドホテル芝弥生から2分で竹芝桟橋。

2014-05-08_08-45-40.jpg
貨物を積み込みしているおがさわら丸。小さく見えるが全長110mあり乗客定員は約800人。左手にスカイツリーが見える。

2014-05-08_09-37-24.jpg
乗船後、乗組員に聞いたら今日の乗客は約300人くらいとのこと。

2014-05-08_10-03-52.jpg
見送りは船会社関係者と2階の送迎デッキに10人ほど。

2014-05-08_10-17-42.jpg
船賃がいちばん安い2等和室で片道25620円(燃料価格の変動で毎月変わる)。自分の場所は先着順ではなく、乗り込むときに渡される番号で決まる。

2014-05-08_10-30-18.jpg
5階建ての船内を探索。

2014-05-08_10-38-32.jpg
2014-05-08_10-39-24.jpg
廊下に飾ってある写真。アホウドリと鳥島

2014-05-08_10-47-14.jpg
スカイツリーと羽田に着陸する飛行機。

2014-05-08_14-23-20.jpg
数時間か掛かって東京湾を出る。後は太平洋真っ只中となる。

2014-05-08_17-53-14.jpg
青い●がおがさわら丸の現在位置。8時間くらいで八丈島近海を通過。

2014-05-08_17-58-22.jpg
42年前、3ヶ月間暮らした八丈島は天気が悪く肉眼でうっすらと。ズームアップで撮ってようやっと輪郭が。船から八丈島まで38kmある。

レストランで晩御飯を食べた後は寝たり起きたり。


小笠原諸島父島 登山日記 その三に続く



| ホーム |


 ホーム  » 次のページ