FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

初雪が融けた晩秋のオロフレ山

2014年11月9日(日)

荒天だった先週の連休はオロフレ峠も通行止めになったようだ。


2014-11-07_10-24-22.jpg
雪がすっかり消えていた樽前山、風不死岳、恵庭岳
(11/7入港の太平洋フェリーきたかみより)


2014-11-09_06-21-50.jpg
先日の雪がどのくらい降ったか分からないが、展望台ゲートに雪はほとんど無い。
冬靴と夏靴を持ってきたが夏靴を履いて入山。

2014-11-09_06-52-14.jpg
展望台(登山口)もほとんど無し。

2014-11-09_07-11-22.jpg
1003Pから見る頂上稜線は雲の中。

2014-11-09_08-09-36.jpg
昨日の登山者の泥土を踏んだ足跡が凍った状態で化石のように残っていた。

2014-11-09_08-26-22.jpg
下山に入ると一転、上空の雲が切れ出した。

2014-11-09_08-59-24.jpg
晩秋らしく羅漢岩稜線の夏道が分かりやすい。

2014-11-09_09-55-14.jpg
時間的に今日の登山者は私一人だけと思う。


今週木曜日から気温が低くなるようだ。それに伴った積雪がどれだけあるか・・・?

天気良し!!

2014年10月26日(日)

先日までの週間天気予報で、今日は曇り~雨だったが、昨日の予報で晴れ~曇りに変わり、雨の心配がない日になった。10月に雨天中止が無いのは多分初めてと思う。


オロフレ山

2014-10-26_06-39-18.jpg
展望台(登山口930m)から加車山(897m)を見れば、そこにだけ雨雲が乗っかっている。

2014-10-26_07-48-20.jpg
入山時気温が8℃で頂上も寒くない。


来馬岳

2014-10-26_09-25-30.jpg
紅葉が終わり、雪を待つだけのサンライバスキー場。

2014-10-26_11-05-24.jpg
先週までに比べ登山者がいなくなり、静けさが戻った来馬岳。


来週2、3日の連休が終われば展望台ゲートが閉鎖になる。以降積雪が進み他ルートが取れる日まで2.5kmの道路歩き後のオロフレ山となる。
これから降ってくる晩秋の冷たい雨が雪に変わるのはいつ頃になるだろうか?

冬季限定頂上ポール

2014年10月19日(日)

今週も晴天です。
来週も雨が降らなければ10月に雨天中止ゼロという珍しい年になりそうです。


オロフレ山

2014-10-19_06-08-26.jpg
展望台(登山口)に来たら、夜明けの青空に飛行機が・・・。

2014-10-19_07-53-50.jpg
来月早々に展望台ゲートが閉まる。その前に冬季の間、頂上地点が確認できるようポールを立てる。年に一二度、悪天で頂上がどこか分からなくなるため。
3年前は園芸用のポールが強風でくの字に曲がり、昨年は1.8mの物が冬季早々に埋没した。今年は2.6mの竹竿を立てた。果たして春まで持ちこたえることができるか?。



来馬岳

2014-10-19_09-56-00.jpg
来馬岳には珍しく今日も登山者が多い。

2014-10-19_11-03-38.jpg
頂上から遠望で日高山脈。肉眼では横長の雲か山か判断しづらかったが、自宅で画像を見ると山肌がくっきり。


来週で10月が終了。
雪の無い1000m級の山々も徐々に冬が近づいてます。

本日も良い天気!!

2014年10月12日(日)

今日も秋晴れ登山です。


オロフレ山

2014-10-12_05-48-44.jpg
登別大橋に来たら丁度陽が昇ったところだった。

2014-10-12_05-58-44.jpg
カルルス温泉手前で、車と平行に走っていた雄鹿が立ち止まる。そばに母鹿と小鹿がいっしょ。

2014-10-12_06-42-26.jpg
登山口 羅漢岩入口から羊蹄山を見ると冠雪していた。

2014-10-12_07-42-32.jpg
頂上からは右手遠望で日高山脈がうっすらと。



来馬岳

2014-10-12_11-04-30.jpg
風も無く暖かいので三角点標石に腰を下ろししばし休憩。

2014-10-12_11-48-20.jpg
逆さまの写真ではありません。帰路ゲレンデを後ろ向きで下り、股の間から撮った写真。 


穏やかな秋空のもとオロフレ山、来馬岳共に登山者が多かった。

日曜日・安定した天気が続いているオロフレと来馬

2014年10月5日(日)

今朝は先週までとは打って変わり気温が低め。車内に表示される外気温表示はずーっと3℃。
今日からの服装は秋山スタイルで、わずか一ヶ月くらいの中途半端な格好。


オロフレ山

2014-10-05_06-08-56.jpg
6時頃展望台に着くと車が3台。赤い車は観光者。オロフレ山に登っていたのは1組二人で入山ノート記入をみると4時台。頂上近くで行き交うとヘッドランプを付けてたのでご来光目的か?

2014-10-05_06-32-58.jpg
旧道復活!!
といってもわずか5mくらいだが、元来あった踏み跡が使われなくなり、斜面下側に崩れやすい道がルートになっていた。上を通るのは私と鹿だけだったが3年も踏むと道らしくなってきた。
来馬岳の馬の背にも今年になって安易に造られつつある場所が2ヵ所ある。

2014-10-05_07-18-20.jpg
霜降りの頂上。


来馬岳

2014-10-05_10-33-06.jpg
早朝で寒かったオロフレ山から暖かい来馬岳頂上。

2014-10-05_11-20-20.jpg
この前からダイナミックスコースの急な所は後ろ向きで下っている。石ころがあるところを避け、草付きを結構なスピードで下ることができる。前向で下ると掛かる膝への負担がぜんぜん無い。


今朝は寒かったが山も平地も日中は暖かく過ごしやすい天候だった。しかし雪虫も飛んでいるし冬はもうすぐ。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ