FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ルート図

2018年11月6日掲載
2014-04-20_08-29-46-40AB.jpg

2018年11月6日掲載
2017-03-26_08-33-36-40.jpg



以下2010年8月15日掲載


オロフレ山羅漢岩概念図














来馬岳積雪期

夏道ルート












来馬岳東面沢積雪期

Aルンゼ
Bルンゼ
Cルンゼ










カルルス温泉⇔オロフレ峠循環ルート














カムイヌプリ循環ルート














ウォーキングルート

オロフレ山のルート上の名称

◆オロフレ山のルート上の名称◆


ブログの中で使用しているルート上の名称は従来から呼称されているものと、私が勝手に命名しているものとがあります。


◆勝手に命名

・冬季夏道ルート・・・冬季通行止めの展望台ゲートから道路を歩き夏道沿いをを1003Pに向う

・冬季登別ルート(オロフレトンネルと第4覆道間の沢から入る)

・冬季壮瞥ルート(オロフレトンネル壮瞥側の沢から入る)

・羅漢岩稜線・・・1003ピークから東壁の頭まで(一般登山コース及び隣接するルートファインディングルート)

・キレット(切処)・・・羅漢岩西壁の頭とPIとの間(落差がある岩場の鞍部をいう登山用語ですが、オロフレ山ではかなり大げさかも)

・小岩峰コル・・・夏道と冬季登別ルートの分岐も含む

・1000mケルン・・・ケルンがある970コル周辺

・頂上稜線・・・1050コルから頂上までの尾根

・三角鉄板岩・・・頂上稜線の中間にある鉄板の祈願碑(今は無い)


◆従来からの名称

・羅漢岩々壁の各名称

・小岩峰

・1003ピーク

・1062ピーク

・970コル

・1050コル

ウォーキング距離図

4年前に作ったウォーキング用ルート図です。
この図を元に歩行距離を決めています。


↓↓クリックで拡大
もう少し広い範囲で、実際の地図上に詳しく距離を入れた物も作ってありますのでいずれUPしたいとおもいます。

全コース舗装道路ですが、地獄谷周辺には足に易しい自然遊歩道があり、多くの観光客が歩いています。

| ホーム |


 ホーム