FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

こちらの地方、市街地の積雪がほとんどゼロ

2014年12月21日(日)

とんでもない降雪で被害が出ている地方に比べ、こちらは積雪がなく道路など地肌が出ている。
しかし市街地に雨が降っても標高1000mは雪のはずなので、どのくらい積もったかな?と思いながらオロフレ峠に向う。


2014-12-21_09-27-40.jpg
道路分岐から展望台ゲートに向って雪が押し上げられていた。自衛隊さんが雪上訓練のためトラックを入れるべく除雪をした様子。
おかげで今日は10cmくらいをサッサッと雪かきして車を留める。

2014-12-21_09-55-44.jpg
ゲートから1kmくらい来ると真ん中に笹が刺さっている。通り過ぎると急にラッセルがきつくなった。例年だと自衛隊さんのクロスカントリーの折り返し地点として、1.5kmの所にあるのだが、今年は近めにしたのかな?
道路の積雪は50~70cm。

2014-12-21_10-44-32.jpg登山道は埋まっているので潅木の少ない右側から入る。しかし少し行くと笹薮にズボズボ足をとられるので夏道側にトラバース。1003Pまで膝ラッセル。

2014-12-21_12-03-56.jpg
羅漢岩のPⅡを過ぎた所で撤退。先週は同じ時刻で小岩峰まで行けたが今日は遠い。

2014-12-21_14-13-54.jpg
入山時気温-10℃ 下山時気温-12℃
風が強かった分、先週と比べ体感温度がかなり低かった。


今年は今日で終了とし、来年は1月11日から行くことになると思います。

さて今日のオロフレ山は?

2014年12月14日(日)

天気予報で雪マークが当たり前になってきたが今日は気温も低そう。


2014-12-14_09-20-12.jpg
展望台ゲート前は深いわだちが何本かあり、私の車では腹を擦りそうなので、駐車スペース分を除雪。

2014-12-14_09-33-12.jpg
道路は適度に圧雪された上に新雪が積もっている。自衛隊さんがスキー訓練をやっていたのかも知れない。1.5kmを過ぎると圧雪がなくなりラッセルが少しきつくなる。

2014-12-14_10-42-18.jpg
登山道入口からラッセルを覚悟していたが、所々昨日と思われるラッセル跡が見られた。

2014-12-14_11-56-30.jpg
羅漢岩稜線からここ小岩峰まで膝下ラッセル。12時になったところで撤退。
頂上まであと2時間以上は掛かると思われる。

2014-12-14_14-15-02.jpg
帰路、ゲート近くでスノーシューハイクの人と行き交った。


入山時気温-14℃ 下山時気温-12℃
厳冬期並みの気温だったが風が弱かったので体感はそうでもなかった。

ラッセル初日のオロフレ山

2014年12月7日(日)

平地は小刻みに雪が降っていたので、オロフレ山もそれなりに積もったかな?と思いながら家を出る。


2014-12-07_09-14-36.jpg
ゲート前は積雪10cmほど。車はすんなり置けた。

2014-12-07_10-02-24.jpg
ゲートからここ展望台(登山口)まで2.5kmは積雪0~20cm。

2014-12-07_10-13-44.jpg
登山道はまだ使えるので枝に着いた雪を払いながら進む。

2014-12-07_11-05-12.jpg
小岩峰下から始まるトラバースはちょっと多目の積雪。

2014-12-07_11-36-06.jpg
1062P下のトラバースは行く手を遮る枝が特にうるさい。

2014-12-07_12-33-54.jpg
頂上までU字形に掘られた道に積もった所は膝下ラッセルで。

2014-12-07_14-05-42.jpg
14時を過ぎると急速に体感温度が下がってくる。

2014-12-07_15-00-08.jpg
ピッタリ15時に終了。


今日は積雪があと10cm多かったら、ラッセルも相当きつくなったと思われ、時間的に頂上は無理だったろう。
年内にもう一度くらい頂上に行けるかな?

今日は暖かいオロフレ山

2014年11月30日(日)

今日の天気予報は午後から下り坂だが、日中は気温高めで暖かくなりそう。


2014-11-30_08-36-38.jpg
11月25日より規制に入ったので、今日から9時を過ぎての入山。

2014-11-30_08-59-04.jpg
いつもは57分頃に開く。今朝は9時丁度に開門。


2014-11-30_09-13-42.jpg
基本的に私は車を降りて直ぐに歩けるので、準備をしてる3人パーティーより先に入山。

2014-11-30_09-21-44.jpg
今日はこの辺りが一番雪が多かった。

2014-11-30_11-03-14.jpg
春のような湿った雪質の中を登ってきた。といっても凍った地面や岩石の上に少し乗っかっているだけの積雪。

2014-11-30_11-26-06.jpg
登山道にだけ雪が融けずに残っている。春には見られない景色だ。

2014-11-30_12-34-34.jpg
展望台(登山口)に下りた頃にはガスが濃くなってきた。


明後日からの天気予報は雪マークがずらり。12月からようやく冬山らしくなりそう。
天気

ツルツル登山道のオロフレ山

2014年11月23日(日)

この一週間は多少の雨もあったが概ね晴れが続いていた。
今日も晴れ。雪が融けてしまったかな?と思いながらオロフレ山に向う。


2014-11-23_06-42-42.jpg
先週、真っ白だった道路の雪が消え、路肩に残ってるだけ。

2014-11-23_06-51-00.jpg
黒い部分はブラックアイスバーン。怖くて上を歩けない。

2014-11-23_07-22-12.jpg
気温が上がらないので霜降り状態の展望台。

2014-11-23_07-50-16.jpg
頂上稜線の登山道に雪は見えないが、実際は登山口から頂上まで氷化したツルツルの雪道が主だった。
軽アイゼンってこんなとき有効なのかな?と考えながら上り下りしていた。

2014-11-23_08-50-00.jpg
頂上から見る羊蹄山上部は冬山そのもの。

2014-11-23_10-20-58.jpg
昨日?一昨日?と思われる足跡が今日も融けずに残っている。黒い部分は全部ツルツル。往路と同じく踏まれていない雪の上を歩いてゲートに戻る。

2014-11-23_10-48-58.jpg
羅漢岩入口で二人組に出会った。会話の中でアイゼンを着けたほうが良いか迷ってる風だった。


カルルス温泉ゲートが明後日より夜間規制に入るため来週から9時出勤のオロフレ山になる。早朝入山派としてはつらい半年間です。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ