FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

オロフレ山初冠雪

2016年10月23日(日)

早朝家を出るとき、車のフロントガラスが凍っていた。南の空に星が見えるも、カルルス温泉に着くと小雨。
先週まで夏山スタイルで間に合っていたが、温泉駐車場で準冬山スタイルにて準備。
上が雨なら中止かな?だが標高を上げて行くと雨粒が雪になってきた。



2016-10-23_06-11-10.jpg
展望台(登山口)で-2℃。

2016-10-23_06-27-38.jpg
羅漢岩入口。(実際は少し手前のA沢上部が羅漢岩入口になる)

2016-10-23_07-30-20.jpg
うっすら雪景色の頂上。

2016-10-23_08-31-32.jpg
駐車場の雪は2時間前より少し融けたが気温は変わらず-2℃

2016-10-23_11-13-52.jpg
帰路日差しが出て来たので羅漢岩に入る。雪は沢にちょっと見えるだけ。B沢下部にある20~30mの岩。

2016-10-16_11-03-50.jpg
岩の下に放置されてるトラックタイヤ(40~50kg?)。昔、引っ張り上げては落とす、確保訓練をやった記憶有り。



昨日まで市街地から見るオロフレ山は黒かった。オロフレ山域特有の1000m以上の雲が雪を降らしたようだ。
さて根雪になるのはいつ頃か?

天気予報は気温高めで秋晴れの予定。。。

2016年10月16日(日)

やはり今朝は気温高め。ただ曇り空で朝日も出ず、晴れる雰囲気がない。



2016-10-16_06-03-36.jpg
展望台(登山口)視界なし。

2016-10-16_07-13-58.jpg
頂上前。ここ2年で雨による土砂流出が激しい。冬に雪面を踏み抜く元になる。

2016-10-16_07-14-46.jpg
頂上の視界20m。

2016-10-16_08-14-48.jpg
展望台(登山口)の看板ポールがポッキリ折れている。人の声が聞こえるも、車と人が見えない。

2016-10-16_08-42-18.jpg
標高800mのオロフレトンネル上、羅漢岩出合。羅漢岩は見えず。

火曜日に展望台から旧道を下り羅漢岩正面から撮影。と2013-5月の残雪期。

2016-10-16_09-29-38.jpg
D沢を詰め右手に東壁。

2016-10-16_09-41-18.jpg
どんづまりからのAルート取付に40年は経ってると思われるハーケン。(ハンマーで叩いても壊れなかった)

2016-10-16_09-42-38.jpg
東壁基部を下りながらC沢へトラバースして下山。



今日のオロフレ山は濃霧で視界無しだったが、雨の気配はなかった。

秋の天気は変わりやすく

2016年10月9日(日)

先週まで暖かい秋と思っていたが、さすがに最近は朝晩冷えてきた。
今日はまずまずの天気予報と思いながらオロフレ山に向う。



2016-10-09_06-08-34.jpg
展望台(登山口)は視界なしで強烈な風。いつもカルルス温泉駐車場で入山準備をして来る。なので車を降り即登山道に入る。

2016-10-09_06-10-10.jpg
一週間で葉っぱがすっかり落ちていた。オロフレ山の強風は、吹き抜ける数ヶ所の鞍部以外気にならない。(冬を除いて)

2016-10-09_06-24-38.jpg
羅漢岩入口。まったく視界なし。下山した頃には晴れてもらわないと、予定してる羅漢岩D沢東壁の偵察に行けない。

2016-10-09_07-23-18.jpg
視界30mの頂上。

2016-10-09_08-23-08.jpg
下山に入ってから小粒の雨が降ってきた。残念ながら羅漢岩を中止して帰宅。



今日の平地は一日中、雨と青空が交互に繰り返されていた。

来週は晴れて欲しいがさてさて。。。


気温高めの10月初日

2016年10月2日(日)

今日もオロフレ山は暖かそうで登山日和。



2016-10-02_05-45-32.jpg
オロフレ峠展望台(登山口)に来ると、車が4台止まっていたが、登山者は私一人だった。

2016-10-02_06-58-50.jpg
標高1000m以上は上は雲の中。



今日はC沢をウロウロしてみた。
4~50年前と思われるハーケンが見えた。左側のハーケンは岩肌が剥がれたのか浮いている。岩壁の中身は石灰が固まったような岩質で、叩いてもいい音がしない。まともなクラックやリスも見当たらない。



10月に入り、早ければ今月末頃に冬山初日となる。
今のところ暖かい日が多いけど、気候変動が激しかった今年はどうなるのか?

今日は暖かくなりそう

2016年9月25日(日)

朝晩、気温が低くなってきたが、今朝は暖かい空気感の中、オロフレ山に向かう。


2016-09-25_05-55-48.jpg
オロフレ峠展望台(登山口)周辺だけが雲にスッポリ包まれている様子。

2016-09-25_07-10-34.jpg
頂上に着くころには青空が見えてきた。

2016-09-25_08-19-18.jpg
羅漢岩入口で10人くらいの若者と行き交う。

2016-09-25_08-29-34.jpg
直ぐに小学生の団体50人くらいが賑やかに到着した。



この後、羅漢岩に入り、2時間ほどあちこち見て回ってから下山。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ