FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

大岸海岸

2017年9月3日(日)

今日は大岸海岸の岩場で岩登りの練習。



2017-09-03_13-08-40.jpg
全部で10本くらいのルートがあるようです。
40数年前にN山岳会のF氏とこの壁に初めて開拓したルートは健在かな?
【写真は帰りがけに撮ったもの】

2017-09-03_10-14-20.jpg
海側のルートにTarochanリードで取り付く。

2017-09-03_11-08-04.jpg
下降

2017-09-03_11-18-34.jpg
山側フェースの右手を登る。○印にスズメバチの巣がある。

2017-09-03_11-28-46-50.jpg
双眼鏡で覗くと出入りが忙しそう。

2017-09-03_12-09-28.jpg
1ピッチ終了点。

2017-09-03_12-10-58.jpg
セカンドのTarochanが顔を出す。

2017-09-03_12-30-22.jpg
下降


続いて40数年前にトレースした中央のルートに取り付いたが、5mほどの所で唇に強烈な痛み。続いてシャツの上から左腕も。スズメバチに刺されてしまった。
2時間ほどで少し腫れた唇は元に戻った。



台風がそれて秋晴れの快適なクライミング日和と思ったが、スズメバチの巣に近づき過ぎたのは間違いだった。

チャラツナイⅡ

2017年5月3日(水)

先日に引き続きTarochanとチャラツナイへ。


DSCF1861.jpg
今日は昼頃にかけて干潮になるようなので東側の岩塔に向う。

DSCF1867.jpg
一ヶ所だけ渡渉する。(帰りは干潮でクライミングシューズでも濡れなかった)

DSCF1869.jpg
階段状を1ピッチ。

DSCF1876.jpg
懸垂下降。

DSCF1884.jpg
Tarochanリードでもう一回。

DSCF1885.jpg
再度懸垂下降。

DSCF1873.jpg
対岸に渡り、適度なルートを物色する。

DSCF1896.jpg
昼から西側に戻り、先週登った前岩をクライミングシューズではなく、ハイカットのクライミングゾーンのある靴で再登。



さて後何回チャラツナイに来ようか?

チャラツナイ海岸

2017年4月30日(日)

今日はチャラツナイの岩場で、Tarochanとクライミングの訓練。
ハーネスを着けて岩登りをするのは30数年ぶりになる。


DSCF1836.jpg
前岩という初心者ルートを登ってみる。(昔は登る対象では無かったような?)
初めてクライミングシューズを履いて登ってみたが、馴染むにはもう少しかかりそう。

DSCF1846.jpg
次にBフェースを登ってみる。
あちこちにボルトやハーケンが有り、どこを登ったら良いのか戸惑ったが、自分なりのルートファインディングで1ピッチ。
ビレイを解いて、しっかりした支点からランニングビレイを回収しながら懸垂下降。

DSCF1840.jpg
CフェースとDフェースの間のルンゼを登り、裏の様子を確認してから下りる。



岩に掛けている手足の三点支持の内、二点目の岩が剥離したらアウトという感じだった。
ルンゼに積み重なった落石が、足元から何度もガラガラと崩れるのも、人が入ってないためと思われる。
鹿の通り道にでもなってくれればいいのだが居るわけもなし。。。

| ホーム |


 ホーム