FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

来馬岳

今日は来馬岳です。
晴れと雨(霧雨・曇り)が1週間毎に切り替わるような7月です。
昨日までは暑く、今日は涼しくと一定しません。
これが登別を含めた太平洋側の特徴と云えます。


↓↓クリックで拡大
登山口にあるルート図です。

登山道(登山時間も含めた)の半分はサンライバスキー場のゲレンデ登りです。

ファミリーコースを登り、第一リフト終点で右に入り、ダイナミックコースを直上しますが、間違って通行止め方面に行ってしまう方が結構いるようです。途中からパノラマコースに合流するも、登山道は無く草付き斜面を登ることになります。








DSCF0049.JPG第一リフト終点までの中間地点ですが、ガスで視界がよくありません。

100Mくらいの視界です。

















DSCF0049.JPG途中の書き込みを省いてアッという間に頂上です。

標準で登り1.5時間の山ですが、私は平均2時間ぐらいでいつも登っています。

頂上の天気は青空も垣間見え、風も無く暖かですが、時々ガスが下から湧いてきます。

20分ぐらいのんびりしてから下山です。









↓↓クリックで拡大
ダイナミックコースの中間まで降りてきました。

カルルス温泉街の建物が見えます。













天気が良くなってきたので第一リフト終点の板の上で日光浴をしていましたが、10分もするとガスが湧いてきて肌寒くなってきたので下山しました。

クッタラ湖へウォーキング

天気は回復見込みですが今日はウォーキングです。
ルートは下記の赤線を歩いてきました。
クッタラ湖を入れた37.7kmです。


↓↓クリックで拡大
地図上では工学院に向かうのが近いように見えますが、同じ距離です。(100m違うだけ)
それと工学院までの3.4kmは傾斜の強い登りで、じわじわと高度が稼げる青藍牧場経由のほうが楽です。

コース的にはアップダウンが多く、変化に富んでいます。

ただ、危険な箇所が一部あります。
登別温泉手前の紅葉谷の道路は歩道もなく、大型バスが怖いくらい近くを走り抜けます。
今日は私の30cmそばを通って行きました。



07.07.22009.JPG4.5km来た青藍牧場上のT字路です。(一番最初の通行止めの看板です)

ここを右折します。

ガスっていますが、昨日までのように肌寒く感じることはありません。













07.07.22009.JPG今日はみんな立っています。

いつも泥の中にいますが、意味があるんでしょうね。


















07.07.22009.JPG登別大橋に着きました。

ガスが一気に晴れ今日は暑くなりそうです。


















07.07.22014.JPG登別温泉街に入りました。

まだ8時前なので人はまばらです。

















07.07.22009.JPG地獄谷入り口です。

ここで朝食を取っていると台湾系の団体がワサッとやって来ました。

ここで13.9kmなので折り返すと27.8kmですが、近辺を散策後、クッタラ湖へ向かいます。













07.07.22009.JPG変わり映えしない地獄谷です。





















07.07.22009.JPG自然遊歩道の一部です。

歩幅や段差の大きいところもありますが、気軽に散策が楽しめます。
















↓↓クリックで拡大
大正地獄です。(昔は大正池だったような)

先々月ここが吹き上げたとの報道があったので来てみましたが、最近は落ち着いているようです。













↓↓クリックで拡大
噴出の模様です。

















07.07.22009.JPG大正地獄から5分ほど下るとこのような天然の足湯が点在しています。

お湯はかなり熱めで、天然かけ湯なので衛生的です。

先日、ある観光地の足湯に入ろうとしたら、お湯が循環している様子もなく、濁っていてがっかりしました。










大湯沼から日和山展望台に行き、ここから2,1kmの長い登りでクッタラ湖の展望台に着きました。
湖面はガスっており、まったく見えません。
展望台から2.3kmを下って湖畔に着きますが、クッタラ湖は観光客が非常に少ないところです。
道路幅が狭く、中、大型バスなどが入れないため団体客が来れないためです。
もったいないような、このままのほうが良いような。



07.07.22009.JPG乗用車同士しかすれ違えません。




















07.07.22009.JPG湖畔に着きました。

シーズンには支笏湖ほどではありませんが、チップ釣りの人が船を出します。

冬は通行止めになりますが、一度来たことがあります。

非常に神秘的です。












07.07.22009.JPG湖畔からは1.5kmほどを登り、4kmの長い下りがあります。

アスファルト上を歩くのは足にかなり負担がかかります。

ですから極力、草の上などを歩きます。

厚いコケなど生えていたら絨毯の上を歩いているようで大変気持ちの良いものです。
画像はちょっと薄すぎますけど。

国道に出てサンクスで一休みして、登別大橋に向かいます。






07.07.22009.JPG登別大橋から見た来馬岳方面です。

うっすらと山陰がみえます。

















↓↓クリックで拡大
牧草の刈り取りが始まっています。

青藍牧場を過ぎたので残り4kmで自宅です。

帰路の10kmは気温が上り暑く、水分をかなり補給しました。

ウォーキングは小雨、霧雨の日が一番ですね。

ウォーキング距離図

4年前に作ったウォーキング用ルート図です。
この図を元に歩行距離を決めています。


↓↓クリックで拡大
もう少し広い範囲で、実際の地図上に詳しく距離を入れた物も作ってありますのでいずれUPしたいとおもいます。

全コース舗装道路ですが、地獄谷周辺には足に易しい自然遊歩道があり、多くの観光客が歩いています。

雨が降る前にウォーキング

この3連休は雨模様。
本格的な雨が来る前にカルルス温泉へのウォーキングです。
毎週、車で走っている道は片道16.8kmですが、今日は裏街道、片道12.9kmを歩きます。
何度か歩いているコースですが、久し振りなのでどうなるか。
帰路は足と相談しながら、どのルートを取るか決める予定です。
コース距離は折り返しの25.8km、別ルートの29.7km、37.2kmのどれかになります。
肌寒い曇り模様の中、出発です。

↓↓クリックで拡大
自宅を出てから4.7kmにある標識です。
ここからかなり行ったところで、車の通行止めになります。
毎年、年月日が延期されていつ開通するのか?です。
冬期間通行止め、夏季間道路工事なので1年中通れません。
道道なので工事予算取れないのでしょうかね。
個人的にはあまり必要性も無いと思うのでこのままのほうが良いかも。

この辺りに来ると霧雨から小雨になりましたが、炎天下より歩きやすく喉も渇きません。




07.07.14DSCF0041 (3).JPGこんな感じの道を黙々と歩きます。

負担にならない程度に高度が徐々に上がって行きます。
















07.07.14DSCF0041 (8).JPG登別ゴルフ倶楽部の入り口です。

ゴルファーが上がって来る道と、1.2km下で合流しています。

ここから上に行く人は工事関係者かシーズンの山菜取りの人だけです。
それと私くらいでしょうか。

ここまでの距離は8.4kmです。








07.07.14DSCF0041 (10).JPGゴルフ場から少し来た所にある、通行止めのバリケードです。

ここからカルルス温泉までは車も人にも会うことは無いと思います。















07.07.14DSCF0041 (11).JPG 一般車両が通らないので伐採も簡単にしているみたいです。

両側のかん木が道路の中央上で重なり合いそうです。

しばらくは暗い、うっそうとした道を行きます。

なぜか画像の右下が切れてました。










07.07.14DSCF0041 (13).JPG新しいコンクリート橋です。

以前の道は左上に有り、何度も木橋が水に流されていました。

工事が入っている気配は全然ありません。














07.07.14DSCF0041 (15).JPGカルルス温泉に着きました。
温泉街の裏から入ることになります。

このバリケードまで12.9kmです。















07.07.14DSCF0041 (17).JPG 温泉街の真ん中を流れています。

温泉街といっても6軒しか有りません。(2.8km下に新登別温泉2軒も含めると8軒です)















07.07.14DSCF0041 (18).JPG温泉入り口にある駐車場です。

建物はトイレでいつもきれいに清掃され、冬でも24時間暖房が入っています。

ここのベンチで休憩を取っていると、画像の大阪ナンバーの車の方が「温泉入れるところないですか?」と聞くので新登別温泉の旅館四季を紹介してあげました。
他は午後からの開館で四季はAM8:00から開いています。(現在8時30分)





ここから3.8km下った所に登別温泉方面との分岐があります。
登別温泉経由だと7.5km延長され37.2kmコースになり、ちょっときつく感じるので今日は、29.7kmのコースを取ることにしました。



07.07.14DSCF0041 (23).JPG新登別大橋です。

ここで20.6kmです。


















07.07.14DSCF0041 (28).JPGこの橋から下を除くとそこは100mの谷底です。

真上から撮った画像で滝ではありません。
























07.07.14DSCF0041 (30).JPGのぼりべつ酪農館が札内という地域にあります。
ここは廃校になった建物を再生し、乳製品を製造しているとのことです。

牛乳を買って飲もうかと思い中に入ると何故か、小さな体育館に高さ5mほどのクライミングボードが設置されていました。

4人が交替で取り付いて練習をしており、しばらく見学をしていました。







07.07.14DSCF0041 (31).JPG横になってくつろいでいる所を撮ろうとしたら立ち上がってしまい、迷惑そうな顔をしていました。


ここから後、5.5kmで終了です。


ウォーキングと云うのは「いけいけどんどん」で歩いても、必ずその距離を戻らなければ成らず、時間、体調を考えどこで折り返すか、どのルートを取るか、判断しないといけません。

今日は帰路、7.5kmオーバーの登別温泉ルートとったら、かなりきつかったと思います。

3連休で山に入っている人も多いと思いますが、無理しないよう願っています。


来馬岳

朝早く目が覚めたので早速カルルスへ向かいます。
金曜日までは雨、曇りの日が多かったんですが、昨日、今日は夏の天気です。

私が住む地域で手頃な山というと、室蘭岳、カムイヌプリ、オロフレ山、来馬岳の4つがポピュラーです。
室蘭岳、カムイヌプリには3年ほど行っていません。
何故、カルルスなのかは単純な理由がありまして、それは下山後に温泉に入れるからということです。
ですから毎週1回は温泉に浸かっている贅沢な趣味とも言えます。


07.07.08DSCF0001 (6).JPGカルルス温泉入口から見た来馬岳です。

右のゲレンデの中を登り切ると5合目に着きます。

















07.07.08DSCF0001 (27).JPGゲレンデ終了地点の標識看板です。
この直ぐ上が5合目です。

先週、右横に咲いていた花はほとんど枯れていました。
















07.07.08DSCF0001 (26).JPG5合目です。

この標識も冬には埋もれてしまいます。

ここから上が山らしい道になります。















07.07.08DSCF0001 (25).JPG6合目です。

ここから「馬の背」と言われる平坦な稜線を歩きます。

名前ほど危険な箇所は無く、来馬岳で一番楽な箇所です。















07.07.08DSCF0001 (24).JPG7合目です。

ここの手前が冬場、右から左に北風が突き抜ける場所で耐風訓練には持って来いです。

















07.07.08DSCF0001 (23).JPG8合目です。

ここから頂上までの急登が始まります。
とは言っても、1号あたり10分ほどの登りなのでひと頑張りです。















07.07.08DSCF0001 (22).JPG9合目です。

息が上がったら呼吸を整え、もう一度ひと頑張りです。


















07.07.08DSCF0001 (21).JPG頂上です。

変わり映えしませんが、今日も来てしまいました。

オロフレ山は今日も多くの登山者が入山しているようです。















07.07.08DSCF0001 (33).JPG5合目下の下山途中、ゲレンデ内(ガレ場)に咲いている小さな花です。



















07.07.08DSCF0001 (31).JPGコラ!!お前はどこに咲いてるんだ!!
と、言いたくなるような、幅50cmの登山道の真ん中に一生懸命咲いています。

花の名前は調べたんですが分りませんでした。














07.07.08DSCF0036 (3).JPG2合目とでも言うか、第一リフト終点です。

上着を脱いで乾かしているところです。
風が無く天気の良い日はここの板の上で昼寝をすることもあります。

誰も上がってくる気配が無かったのでラジオを聴きながらゴロゴロしていると、突然、人が顔を出しました。

この方は、長期出張で室蘭に来ており、休みには近郊の山に登っているそうです。
登山口からゲレンデ内の道を上がらず、迂回しながらの車道を上がってきたそうで、道を間違えたようです。

確かに昨年は車止めのゲートを広い駐車場に設けていましたが、今年は一歩、中に入った登山口の標識に被さるように設置されており、初心者には分りづらいかもしれません。

さあ、これから温泉に入って帰宅です。

来馬岳と橘湖

来馬岳を登った後、橘(たちばな)湖に行ってきました。
橘湖は「知る人ぞ知る」訪れる人が少ない小さな湖で、カルルス温泉入口から
40分ぐらいで行ける神秘的な湖です。


来馬岳
先週と似たような天気ですが、晴れるのは午後からと思います。


07.07.01DSCF0001 (4-1).JPG5合目手前の看板の横に咲いていた花です。(名前は調べたんですがよく分りません)


















07.07.01DSCF0001 (1-1).JPG視界は200Mくらいでしょうか。

晴れる見込みが無さそうなので直ぐに下山です。

















07.07.01DSCF0001 (6-1).JPG一面マーガレット畑です。

野に咲く花でもあるとWeb検索で知りました。



















橘湖

シーズン的には秋の紅葉の頃がブッシュが少なく快適と思います。
橘湖の簡単な紹介は橘湖の概要からどうぞ。


07.07.01DSCF0001 (52).JPGカルルス温泉の入口に今年の春に看板が立ちました。

昨年までは一切、標識らしきものはありませんでした。
















07.07.01DSCF0001 (48).JPG砂利道を上がって直ぐ登山口です。



















07.07.01DSCF0001 (46).JPG草が少しかぶっていますが問題ありません。



















07.07.01DSCF0001 (44).JPG少し行くとこのような笹がかぶったところがあります。

ハイカーであれば引き返すかも知れませんが、強引にかき分けると直ぐに開けます。















07.07.01DSCF0001 (37).JPG枝道には分りやすい標識があります。



















07.07.01DSCF0001 (15).JPG標識です。




















07.07.01DSCF0001 (40).JPG平らな歩きやすい登山道が続きます。



















07.07.01DSCF0001 (28).JPG開けた緩やかな坂道を九十九折に3~4ヶ所で一番高いところに到着します。

下り5分ぐらいで湖が見えてきます。















07.07.01DSCF0001 (27).JPGこちらのコースからは全景を撮れる唯一の場所と思います。



















07.07.01DSCF0001 (19).JPG陽が射すとなかなか色あざやかです。



















07.07.01DSCF0001 (23).JPG画像では広く見えますが小さいです。

| ホーム |


 ホーム