FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

涼しいうちに来馬岳

昨日の早朝は空気がひんやりでしたが、日中は快晴で強い日差しでした。
しかし風は爽やかに感じました。

今日は気温も上がり湿度が高くなるとの予報なので早めに来馬岳に向かいました。
昨日と違い空気が暖かく感じられます。


DSCF0049.JPG今頃の季節が一番、登山道に草がかぶっている時期なので草露ですぐズボンが濡れます。

ロングスパッツを着ける方が多いようですが、私は今のところ着けてもショートです。
冬場も含めて年中だとうっとうしいので。













DSCF0049.JPG5合目標識の右横にあるただの小さな石ですが、私に取っては腰を下ろせる大事な石です。

昨年来、この定位置から動いていないので立派なものです。
















DSCF0049.JPG昔の7合目標識ですが4Mの高さのところにくくられています。

積雪期に取り付けたと予想されます。

















DSCF0049.JPG頂上です。

今日は看板の裏側から撮りました。

ガスが上がってきて視界はありません。














今日も下山後、温泉に直行です。


先日のカムイヌプリで忘れた画像を張りました。

DSCF0049.JPG4合目からの松林を過ぎると最終水場がありますが、形跡が無く自然の沢になっていたのでおかしいなと思っていると、少し行った所に水場が新設されていました。
















DSCF0049.JPG大きな看板です。




















↓↓クリックで拡大
清潔で立派な水場です。

本当にありがたいことです。

クジャクチョウ

DSCF0049.JPG8月18日に幌別鷲別林道で見た蝶はクジャクチョウという種類でした。
蝶に興味はありませんでしたが、視点を変えて見ると山歩きは楽しいものです。

ウォーキングとカムイヌプリ

今週末は車を使用できないので今日は自宅から歩いて行けるカムイヌプリです。
天気は先週に予想したとおり、夏が終わった感じで今日は小雨模様で気温も低めです。
歩くには適していますし、雨も上がりそうですので傘を差して出発です。
3年ぶりのカムイですが、以前に経験あるルートを取る予定です。



↓↓クリックで拡大
ルートを説明します。

予定所要時間 11時間くらいを見ています。

自宅~幌別ダム(林道入口)まで3.7KM。

幌別ダム(林道入口)~登山口まで2.0KM。

登山口~カムイ頂上を経て室蘭岳とのコルにある分岐から水元沢コースに下ります。

水元沢コース出合の林道終点から下り、幌別鷲別林道分岐(A)に入り6.2KMの砂利、砕石の歩きにくい道をカムイ登山口(B)まで行きます。
A点からB点の中間の青線の道筋はアバウトです。



DSCF0049.JPG幌別ダムの下に来ましたが正面のカムイヌプリはガスの中です。

ずっと傘を差して来ましたが風が無いのが幸いです。

















DSCF0049.JPGカムイヌプリ登山道入口の標識です。

夏は2KM先まで車が入れますのでこの林道から歩く人は少ないと思います。

冬はこの入口に車を置いて通常の登山口まで歩きになります。













DSCF0049.JPG林道途中から雨も止み快調なペースで登山口に着きました。

鉄のゲートは鍵が掛かっており一般車両は入れません。

帰路はこのゲートから出てくることになります。

入山届けを記入して右の登山道に入ります。











DSCF0049.JPG天気が悪いので暗くうっそうとしているトド松の中を行きます。

私は登山道(山道)で一番好きなのは松林や杉林の中を歩くときです。
















DSCF0049.JPGカムイヒュッテに着きました。

登別山岳会の建設によるものでいっかりした立派な山小屋です。

登山口から入って気がつきましたが、以前より地肌の露出が激しくなっているようです。

ヒュッテ手前のなみだ坂も土がえぐられ、石の露出も多くなっており、原因はいろいろと思いますが室蘭岳の南尾根のように石段登山路にならん事を。







DSCF0049.JPG近郊の山には無い鎖場です。

左には巻き道も有りますが、あまり使われてないようです。


















DSCF0049.JPG頂上です。

視界は100mもありません。

ここまでの登山道は整備されていましたが、室蘭岳方面はどうでしょうか?

被った笹、草で濡れるのを覚悟して出発です。












DSCF0049.JPG分岐です。

頂上から45分ほどです。



















DSCF0049.JPG分岐まではかなり濡れましたが、期待していなかったこのルートは完璧なまでに整備されていました。


















DSCF0049.JPG最後の急斜面を下ると水元沢に出合います。

小さな沢を水に濡れることなく下っていくと松林が何度か現れて来ます
















DSCF0049.JPGこの辺りは背の丈が低い松です。

石ころも露出していない歩きやすい道です。

















DSCF0049.JPGいつ頃の倒木でしょうか。

あちこちの山で何年か前の強風によって、文字通り根こそぎ倒れている木を見ましたが、こんな大木は始めてです。

画像の中央の下をくぐって通ります。













DSCF0049.JPGこの林は登山道の右手に現われる整然とした松林ですが、中に入り歩き回りました。

すごく気持ちよく、フワフワ絨毯の上を歩いている気がします。

ウォーキングで長時間、長期間、アスファルトや硬い砂利道などを歩いていると、足の負担が蓄積して非常につらいものがあります。
そんな時、枯れ葉(広葉樹でなく針葉樹の葉です)が積み重なった上を歩く快感が身体を癒してくれる気がします。

北海道に見られない杉林の道についてはいづれ雑感の中で経験談としてお話したいと思います。













DSCF0049.JPG水元沢を抜け林道に出て2KMほど下ります。




















DSCF0049.JPG幌別鷲別林道です。

同じ看板が幌別ダムそばのカムイヌプリ登山道入口にもあります。

以前には看板は無く、歩いた時間から自分なりに10KM以上と思っていました。

さて、看板は立派なんですが・・・・・。










DSCF0049.JPG林道に入ってすぐに落石が見られてきました。




















DSCF0049.JPGしばらく来て振り返ったところです。

室蘭方面の水元沢は山の向こうです。
















↓↓クリックで拡大
林道から終始、カムイの頂上や稜線は見えません。

赤いがこの林道の最高点です。

九十九折の道がまだまだ続きますが・・・。












DSCF0049.JPG斜面の崩壊による林道遮断が何箇所も現われてきます。

赤土の斜面は全ての場所で落石が発生しています。

















DSCF0049.JPG車の通行は完全不可です。

3年前は有に可能でした。

整備する予定は全く無いように見受けられます。

見られたのは1台分の単車のタイヤ痕だけでした。












↓↓クリックで拡大
先ほどの赤いを過ぎ、少し下ったところに来ました。

東側(西側)から唯一、幌別ダムが見える場所です。

たしかカムイの登山道からはダムは見えないはずです。










DSCF0049.JPGカメラを近づけても逃げないので撮らせてもらいました。

横幅6センチぐらいです。

暇を見て名前を確認したいと思います。















DSCF0049.JPG伏流水ですが飲んだことはありません。

以前より増して上部の落石に気を付けないと近寄れません。

















DSCF0049.JPGやっと登山口に着きました。

車が1台止まっていましたが、下山届けを記入していると丁度持ち主が降りてきました。

名前欄を見ると月に何度も登っている方のようです。













↓↓クリックで拡大
ダムの下にある川上公園で市内中学校の野球の試合をやっていました。

天気も良かったのでしばし見学していました。













DSCF0049.JPGいつもこんな感じで放水されています。


















ここから2.5KMほどで自宅です。

今日は土木現業所の現地調査のような山行でしたが、10時間を歩けたので満足です。

野鳥

私のニックネームはKAWARAHIRA(カワラヒラ)ですが、我が家の野鳥用餌台にヒマワリの種、木の枝にりんごを挿して置くとここ数年、春先に何種類かの野鳥が訪れます。

DSCF0002.JPGカワラヒラ

いつも5~6羽が来て上手に種の中身を食べる姿を見せてくれます。
時には朝早くから電線の上で待っていることさえありますが、ヒマワリの種を与えるのは春のうちだけです。
現在でも時々電線の上でビービーと鳴いていることがありますが無視しています。
鳴き声はコロコロと可愛いい時とビービーとやかましい時のふた通りがあります。


DSCF0002.JPGアカゲラ

一度だけ雌が来ましたがきれいな鳥です。




DSCF0002.JPGシジュウカラ

ヒマワリやりんごを食べるところは見たことがありません。
動作が機敏ですぐいなくなります。


DSCF0002.JPGツグミ

頻繁には来ないので特徴にあまり記憶がありません。




その他、今まで我が家に来た野鳥です。

イカル
キレンジャク
ヒレンジャク
コムクドリ
ハラツグミ
シメ
ヒヨドリ


キレンジャク、ヒレンジャクは年に1~2度集団で来て、喧嘩しながらガツガツりんごを食べて、サーッといなくなります。

ヒヨドリはギー、ギーと鳴き声がうるさいのですが必ず夫婦で来ます。

シメは頭がツルッとしており、顔は歌舞伎役者みたいで、気が強くいつもカワラヒラを追っ払ってヒマワリの種を食べています。

鳥が来たときは直ぐに特徴を絵に描き、忘れないうちに北海道の野鳥のWEBサイトで検索します

猛暑だけど来馬岳

湿気を伴った気温の高い日が続いていましたが今日はカラッと晴れそうです。
朝方は涼しさを感じながら登山道に入りました。
草付きの中を歩くたびにバッタがバタバタと飛び跳ねます。
暑いとはいえ、足元はそろそろ秋の気配でしょうか。
自宅からカルルスまで車の窓を全開で走っていると、林の中から蝉の鳴き声がうるさいくらいでしたが、少し標高が上がるとこんなにも違います。


DSCF0002.JPG30分も歩くと気温上昇が体感されてきます。

第1リフト終点から見た加車山です。
オロフレ峠に向かう右手に見えるピークですが登山道は無く、積雪期(残雪期)に入るしかありません。
細い木立の密集している所が多いので、スキーには適さずスノーシューのルートです。










DSCF0002.JPG陽が射すゲレンデ内の登りは暑さでハーハーですが、5合目から木陰で風がある場所では爽やかで、秋が少し感じられます。
しかし、日当りの道になると真夏に戻ります。
それを繰り返しながら頂上まで20Mの所に来ましたが、ガーンと太陽が照っている頂上には行く気がせず、ここの木に腰を下ろし、しばしの休憩です。









ところで、今日もウグイスが鳴いていました。
春の鳥と思っていましたが、残雪期から真夏まで長期間活動しているんですね。
雨が降った先週より少し元気が無かったようですが鳴き声が聞こえるのはいつ頃まででしょうか。


DSCF0002.JPG頂上です。

今日のオロフレ頂上には終始、次々と雲が流れていました。


















DSCF0002.JPG7合目から6合目の馬の背の北側の道です。

画像では日当りが良くみえますが、実際は年中日陰の平坦な道で北風も強く、夏涼しく、冬寒い場所でもあります。















DSCF0002.JPGカエルがピョンと飛んできたので一撮。

雨の多い地域なので住み易いと思いますよ。
















↓↓クリックで拡大
↓↓クリックで拡大
第1リフト終点下を横断している林道の両側に咲いています。

マーガレットが終わる頃に咲き出しました。

少々、どぎつい感じがする花ではありますが、マーガレットと同じく集団で咲いています。







来週には夏の終わりを告げた、暑いけど涼しい山になっていると思います。
さあー、温泉にゆっくり浸かってから帰宅です。

晴れを期待して来馬岳

台風が逸れて天気回復かと思ったら予報通り曇り空です。

回復を期待して今日も来馬岳に直行します。


登山口から10分で小雨模様になり、傘を差して登ります。
風の無いこの程度の雨でカッパを着ると、内からも濡れ気持ち悪いので使用しません。
本当は坊さんが被るような大きな菅笠が理想的なのですが。(ザックも隠れるような)
第1リフト終点頃から結構な降りになってきましたが、とりあえずゲレンデ終点の
5合目手前まで行き雨宿りのため、第2リフト側へエスケープです。


DSCF0049.JPGさて、これは何でしょう?

UFOではありませんよ。

答えは次の画像です。

















DSCF0049.JPG答え:リフトの折り返しでケーブルを送り出す円盤です。


この下の狭い範囲だけは雨が当たりません。(風があると駄目ですが)

15分ほどで空が明るくなり雨がほとんど止んだので出発です。












DSCF0049.JPG暗い感じの頂上です。

7合目から又、雨が落ち始めたので頂上まで傘を差して登ってきました。

一息ついて下山です。















DSCF0049.JPG5合目からのゲレンデ内下りですが、視界はまったくありません。

来馬岳ではありえませんが、大きな山の平坦で足跡や踏み分け道がいくつもあるようなところでは登山道を間違え迷い遭難という条件です。














DSCF0049.JPG第1リフト終点下の林道に咲いている花ですが名前はわかりません。

名前の判らない花が増えていくばかりですが、知っている方はいづれ、コメントでお教え下さい。

6月から咲いていたマーガレットも数えるほど残っています。

さて、いつも通り温泉に入って汗を流してから帰宅です。



| ホーム |


 ホーム