FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

ウォーキング&来馬岳

今日は先週のルートを逆に周ります。

オロフレ峠から来馬岳の稜線は、木々の葉が落ちた方が視界を取れますが、爽やかな今のうちに逆ルートを歩いておきます。

実質的にはカルルス温泉から展望台までの自動車道の歩きがメインかと思います。




DSCF0049.JPG温泉入口の大きな駐車場に車を置き、直ぐにゲートを通ります。

気温は7度です。

身体が温まるまで寒く感じます。















DSCF0049.JPGカーブの多い峠道を行きます。

先週の下りで感じなかった傾斜が、登りでは十分足に感じさせてくれます。

















DSCF0049.JPG大曲りにある小さな滝です。

冬季にここからスキーで入る人も見られます。

オロフレ山はスキーに適した山ではないので唯一のルートかも知れません。














DSCF0049.JPGオロフレトンネルの手前に小さな明るいトンネルが4つあります。

先週は右側の一段高い所を下り、今日はガードの内側を行きます。

見た目以上に狭く歩きにくいです。

そして第3トンネルでビックリ!!仰天!!

歩道の真ん中で小さな切り株の破片かと思い、ストックで除けようとすると動いたのです。

それが↓↓↓↓






ミミズクでした。

画像では大きく見えますが、12センチくらいの子供です。

真ん中に居たのが突っついたおかげで車道側に寄ってしまいました。

ずっーと目をつぶったまま動きません。

撮影にも反応しません。

そーっと通り過ぎて再度撮ろうとしたら、キッという様な声を発し睨み続けます。。

どうしたらいいものか考えましたが、外に逃がすための行動を取って、もし車道に下りてしまったら大変なことになると考え静かに離れました。

多分、夜にトンネル内に入ってしまい、脱出できずジッとしていたのでしょう。

まさか人間が歩いて来るとは思わなかったでしょうね。



DSCF0049.JPGオロフレトンネル入口です。

ここから100Mの風除部分があり、935Mの本トンネルに続きます。

ここでちょっと寄り道をします。















DSCF0049.JPGここは本トンネルに入った所の真上になります。

駐車場からここまで6キロで1時間半で来れました。

羅漢岩を眺めながら小休止とします。














いい眺めです。

岩質が硬く、もろくなければ登攀対象のゲレンデとして認知されていると思います。














DSCF0049.JPGトンネルを行きます。

大きなトラックが来ると平衡感覚を失って一瞬、引き込まれそうになります。

一般ドライバーは突然の人影にビックリしているでしょうね。














DSCF0049.JPG境界線です。

ここから500Mで壮瞥側の出口です。


















DSCF0049.JPG先週と同じく1.2Km短縮できる近道を通って展望台に着きました。

今日も10台ほどの登山者の車が駐車しています。
















DSCF0049.JPG一人の登山者が1077方面に先行して登って行きます。

1077近くで折り返した先行者とすれ違いました。

















DSCF0049.JPG1077まではこのような一般的な登山道と木の幹が横断する道が続きます。



















1077の看板標識の裏に書かれている文です。














当1077M地点は、登別市内の山岳では最高地点である。
冬期山行きでは、来馬山からオロフレヒュッテ間の縦走路として冬山を愛する者の最適コースで、古くからスキーのトレースが刻みつけられてきた。
近年、宮崎らによって(1991年春)夏の1077M地点が踏破された。
ここは人跡未踏の地であることが全く手つかずのガンコウランの群生を観察できることでわかるものである。
此の様な広範囲に群生するガンコウランは、胆振地方では類をみないものである。この処女地は永久に保護されなければならない。
この地を守ることは、岳人たちのつとめである。 宗広記




DSCF0049.JPG1077からはルートの特徴になる竹薮、笹薮の道が続きます。




















DSCF0049.JPG右の1043を越してダウン、アップで来馬岳です。




















DSCF0049.JPG来馬岳頂上です。





















下山途中、トノサマバッタが足元から飛び交います。

20Mくらい飛ぶ中で、滞空距離3Mのバッタがいたので、良いアングルになるまで10回ほど追いかけ撮りました。

バッタに取ってはいい迷惑だったでしょう。











2週続けて同じルートを逆から入りましたが、所要時間は全く変わりませんでした。

山の紅葉はまだ早く、高温が影響しているのか、枯れ葉を背負った木々が多く見られました。

今年の初雪は遅いかな。

ウォーキング感

私のウォーキングは空身でスタスタ歩くのでなく、雨具、行動食、水を入れた軽めのザックを背負い、4KM/h平均で長距離を歩く事が多いです。

平地(舗装道路)を普通に歩くと5KM/h、急ぎ足で6KM/hですが、小休止、大休止を取ると結果的に平均4KM/hになります。

靴は柔らかい靴を使用して、足首をカクンとひねるのが怖いため、夏用登山靴との兼用です。


道路に平行している歩道を長時間歩いていると傾斜、段差さえ苦になることがあり、歩道の無い道路のほうが楽です。

近年、街中ではバリアフリー目的のフラットな歩道も多くなってきているようです。

歩道のない舗装道路では両側の白線の上も歩きやすいです。

新しいほど摩擦がなくスムーズに足をスライドさせることができます。

しかし、雨で濡れている時は滑るので危険であり注意が必要です。

路肩のある道路で草が刈り取られている時はほとんどその上を歩きます。

何故かは先日の通りです。

郊外だと犬の糞などは無く快適です。

しかし、公共工事予算削減の影響なのか、整備される回数が少なく伸びっぱなしの時期も長いようです。

山間の道路ではコケが生えている部分もありその上を歩いたりします。

車優先の林道は砂利、砕石を敷き詰めていることが多く、年数の経った道では露出した石が足裏に当たり歩きにくいです。



私が今まで歩いてきた中で感動的だったのは杉林の山道を歩いたときです。

杉の葉が落ちて積み重なった細い山道は、長距離の舗装道路を歩いて疲労した足と精神を共に癒してくれました。

自然界から与えられた弾力のある天然クッションの上を歩く爽快感は他に有りません。

北海道に杉林の山道は無いと思いますが、もしあれば歩いてみたいものです。

来馬岳&ウォーキング

以前から1077M方面に行きたいと思っていましたが、整備されていないらしいと聞いていたのと、来馬岳と1077Mの往復だけでは面白味がないと躊躇していました。

しかし、地元山岳会の方達が頂上から1077M方面の草刈作業を行って下さったようなので来馬岳からオロフレ峠(展望台)に降り、道々2号線を下って登山口の駐車場に戻るループになるルートを予定しました。

峠からカルルス温泉までの舗装道路の下りはきついと予想されますが、今日の気温は低そうですし、好天の中、家を出ました。


画像は昨日、別件で撮った分と今日の前半の部分が保存されていず、途中からのアップになります


今日のルートです。

予定時間は休憩を含み8時間を見ました。

来馬岳の登り2時間。(実際2時間)

来馬岳からオロフレ峠まで3時間。(実際2時間20分)

峠からショートカットの林道を経由して来馬岳登山口まで12.8K11.6Kを3時間。(実際2時間40分)






DSCF0049.JPG来馬岳から1043Mへのダウンからアップは笹薮、竹薮をきれいに刈り取った幅広の道を行きます。

しかし、地面から出ている根曲がり竹の切り口を踏みながらの歩きはなかなか大変です。

このルートは運動靴系を使用した場合、100%拒否されるでしょう。










DSCF0049.JPG来馬岳から45分ほど来た1043Mを過ぎた稜線上にこのような見晴らしの良い所もあります。

1077Mへも同じような竹薮の中の整備された道を行きます。
















DSCF0049.JPGこの岩とすぐ左上にも大岩があり、ここから一般的な登山道になります。

笹薮、竹薮を抜けた目印になるので引き返して撮りました。

ここから8分ほどで1077Mです。













1077Mに着きました。

岩の上に上っても展望は良くありません。

やはり積雪期に人気があるのがうなずけます。

なぜ、バケモノ山なのか宮崎コースなのかゆっくり調べたいと思います。









DSCF0049.JPG1077Mを過ぎるとこのような平地帯特有に似た道を行きます。




















DSCF0049.JPG小さなアップダウンを繰り返し、もうひと超えふた超えで1012Mに出るようです。

登別側から見える三角すいと違って、裏からのオロフレ山はあまり目立つ存在には見えません。















DSCF0049.JPGこんな道も結構多く見られます。





















DSCF0049.JPG峠の展望台です。

ここから下の斜面には針金のネットが何箇所かあり、土砂の流出と高山植物の保護・盗掘を防いでいるようです。

10台くらいの車に人は乗っておらず、登山者のものと思われます。

又、登山口には6月に無かった、屋根付きの入山届けの箱が設置されていました。(営林署管轄)

陽射しが暖かければゆっくり休憩したいところですが、風が冷たいので行動食を取り早々に下
ります。


DSCF0049.JPG展望台から1Kの林道との分岐です。

残雪期が効率よく、深雪時にラッセルで苦労して1時間かかり、ゲート側から入れば良かったと後悔した事もあります。

臨機応変に利用します。













DSCF0049.JPG現在は被った箇所も多いけれど、浅い感じですので問題ありません。



















DSCF0049.JPG林道を抜け2号線に出ました。

私は草付きの路肩を歩くことが多いです。

舗装道路の歩き始めは問題ないのですが、長時間の下りではだんだんと足の裏がヒリヒリしきます。

気温による靴内部の熱の差もかなり影響しますが、豆が出来る危険がある訳です。

つま先も油断せず、気を付けないと指に豆が出来ます。

そんな時、草付き地面に移動すると下半身も含めスーッと楽になります。
カルルス温泉までこのような歩き方をしながら下りました。



DSCF0049.JPGオロフレトンネルです。

935Mあり、登別側の風除部分も含めると1000M強あります。


















DSCF0049.JPG冬季トンネル出口ルートの出合です。

1月に入らないと沢が雪で埋まらず、取り付くことは出来ません。

実際は100Mほど上の土木現業所の建物横から入る事が多いです。












DSCF0049.JPGトンネルから500Mにある境界線です。

真っ暗でしたがフラッシュが利いたようで撮れました。

排気ガスは気になりませんが、セメント状の埃がきつく、帽子を口に当てながら進みます。

トンネル内は常時風が吹き抜けています。

冬季にかなり奥まで雪の吹き溜まりが両側にあるので何故かなと思っていましたが、これで理由が分かりました。

一度だけ壮瞥側から登り、下山を登別側に取り、トンネルを歩いて車まで戻ったことがあります。



DSCF0049.JPG登別側に出ます。

15分弱の辛抱でした。



















DSCF0049.JPGトンネル入口ルート出合です。

入口は小さな沢ですが、稜線に上がれるルートを何本か取ることが可能です。

オロフレ山に取り付く最短コースが取れます。(スキーはちょっと無理かな)

当然、この砂防ダムは雪の下になります。










DSCF0049.JPG何ヶ所かの小さなトンネルも含め、歩ける肩はセメント状の埃が積もっています。



















DSCF0049.JPG車で走るとかなりの勾配に感じていましたが、歩くとそうでもありませんでした。

つま先にも負担がかからないので安心して歩けました。

もっと急勾配の長い距離の経験もありますが、疲れたり飽きたりすると後ろ向きになって下ったことがあります。(もちろん車が少ない道路で)










DSCF0049.JPG冬季夜間閉鎖ゲートに着きました。

冬季はゲートが開く9時に入りオロフレに向かいます。

ここから1Kで駐車場になります。
















今日は気温も適度に低くウォーキングを含めたのが正解の行動しやすい日和でした。

終了近くになると登った稜線も雲に隠れていましたが、ループのルートを完成でき満足でした。

標識残置テープ

登山ルートでよく見かける赤い標識ビニールテープ。
9月17日の来馬岳で全く無意味な残置テープを回収しました。
間違えようのない馬の背の一本道、大きな看板のある5合目入口、林道に生えているもうすぐ枯れるであろう、イタドリに結んだものなど全部で13枚です。
冬季なら多少、理解もできますが今の時期に何故必要なのでしょうか。

冬季に於いても絶対に残置してはいけない場所もあります。
それは以前、オロフレ山羅漢岩稜線のキレット手前のピークの頭にある潅木に5、6枚まとめて縛り付けてあったテープです。
私が登るときには無く、スキーの跡からここで撤退した人が残置したと思われます。
引き返し地点に何故、必要だったのでしょうか。

テープの2~3m先は岩壁で200mの高度で落ちています。
もし、オロフレ山に熟知していない人が、視界が全く無い状態で方向感覚を失い、このテープを発見して周りをうろうろし、雪庇を踏んだらと思うとゾッとしました。
テープが無ければ一歩一歩、慎重であろう行動が、有るがゆえに油断となり事故を誘発させることもあります。

荒天時には無意味な残置が他者には生死に係わることさえある事を認識して頂きたいと思いました。
テープは回収が基本ですが、残置する場合、深い配慮、思慮が必要であると考えます。


この画像の背面の上部が羅漢岩稜線で唯一危険な場所です。
冬季山行が始まったら撮ってアップ予定です。


標識残置テープ関連記事

雨に濡れても

明け方の雨音で目が覚め、今日は中止かなと思っていましたが、7時頃起きてみると止んでいました。

春から来馬岳に通っているわけですが、朝から本降りで中止したのは5月27日の1回だけです。
それだけ週末に激しい雨が降らなかったということにもなります。

少々の雨でも風が無いことを期待して家を出ます。



DSCF0049.JPG雨が落ちてくる気配が無いので登ってきました。

先週から始まったゲレンデの草刈が上の方まで進んでいました。

下部では刈り取られた草が枯れ、茶色に見えます。














DSCF0049.JPG5合目の手前、ゲレンデ終点です。

雨は降っていませんが完全にガスの中に入ってしまいました。

第2リフト方面の背の丈以上あった草もきれいに終わっています。

何本かのコースを全体的に押し上げながら刈り取るというより、1本ごとに作業を行っているようです。









↓↓クリックで拡大

頂上も視界はほとんどありません。
と、思ったら右の画像のようにサーっと明るくなったりもします。
先週には無かった三角点を囲んだ標識と杭が新たに埋め込まれていました。



DSCF0049.JPG下山途中はガスが湧いたり、飛んだりと天候がころころ変わります。

2、3分前は視界が50mくらいでした。
















第一リフト終点の下で草刈機を使って作業をしていた方がいたのでお聞きしたところ、全て人力で刈り取っているそうです。

専用の草刈自動車のようなもので行っていると思っていたのでびっくりしました。

小規模なスキー場なので可能なんだとも思いました。

今日は雨に当たりませんでしたが、時折吹く風で木々から落ちる水滴のためかなり濡れました。

濡れても平気で登れるもそろそろ終わりの時期です。

高山なら冷え切って疲労凍死の一番の要因です。

これから天気も下り坂ですし、丁度良い時間帯に登ることが出来ました。


台風過ぎて

台風一過、昨日はほぼ快晴の天気で日中はかなり暑くなりました。

今日は雲のほうが多い朝を迎えましたが、ひんやりするほど涼しい感じはしません。



DSCF0049.JPGカルルス温泉のゲート横からのアングルです。

頂上は隠れていますが、天気はよくなりそうです。
















↓↓クリックで拡大
スキーシーズンの向けてゲレンデ下部の草刈作業が行われたようです。

先週まで背の高さにあったイタドリの茎もバッサリです。

これから初冬に向け、上へ上へと刈り取られていきます。









↓↓クリックで拡大
夏場に比べてバッタ類の数と声が少なくなってきました。

足元の茶色の葉っぱに止まったのでカメラを向けましたが逃げません。

保護色パターンなのでそっとつまみ草の上に移動させてカシャッ。

普通なら素手で簡単に捕まえることは難しいのですが、季節的に弱っているのでしょうか。

キリギリスバッタの区別も付かないので調べてみましたが名前は判りません。

図鑑の表を見ると北海道に生息している種類が如何に少ないかが分かります。
子供の頃、殿様バッタとオニヤンマを取るのが子供の勲章でしたよね。


↓↓クリックで拡大
馬の背の北側登山道でこんな花が木に咲いていました。

焦点が合わず分かりにくいと思いますが、三角の紙風船みたいな花です。












↓↓クリックで拡大
そしてこの花を撮って、ふと右横を見ると1m先の木の枝に何とエゾシマリスがちょこんと乗っかっているじゃありませんか。

目を合わせたのが1秒から2秒。カメラを向けると下にサーッと降りて行ってしまいました。

残念!!。

私がここに来てから近寄って来る事は無いので最初から居たのでしょうか?





↓↓クリックで拡大
7合目から頂上付近までクモの巣が2、3mおきに次々と現われてきます。

手に持った笹の枝を上下に振り、巣を払い除けながら登って行きます。

先日の夜、虎杖浜の温泉で露天風呂に入っていると、クモが巣を造っている場面に出会い、10分ほど観察しておりました。

地形図(羊蹄山)で言えば頂上から八方に伸びた尾根を終わり、中心から等高線にあたる円周部分に糸を引いている場面でした。

その苦労を思うと大変申し訳ないのですが・・・・。


DSCF0049.JPG頂上はガスが沸いたと思ったら日が差したりという天気です。

先週、下山時、草刈機を担いだ3人と鎌を持った8人に出会ったので、登山道が整備されていると思っていましたが変わらずでした。

来馬岳には登山道がスキー場コース・幌別鉱山コース・オロフレ峠コースの3本がありますが、峠方面の登山道の草が刈ってありました。









DSCF0049.JPG綺麗に整備されています。

近いうちに入ってみたいと思います。

















↓↓クリックで拡大
スッキリした登山口周辺です。

下山途中、3組4人の登山者に会いましたが、夏の来馬岳では多いほうです。

ゲレンデ上部と頂上直下の急登がきつく何度も登る人は少なく、その反面オロフレ山に多くの人が入山しているようです。

しかし紅葉の季節が近づくにつれ登山者も多くなると思います。







DSCF0049.JPG朝と同じアングルですが、きれいに晴れてきました。

頂上に比べ気温もグングン上昇中で今日も日中は夏、夜は秋というところでしょう。

9月の来馬岳

昨日の昼間は残暑という感じでしたが、さすがに夜は少しでも風があると寒いくらいでした。

大雪山方面は早ければ中頃に初冠雪、という季節になりました。

今日も飽きずに来馬岳に向かいます。



↓↓クリックで拡大
カルルス温泉の数キロ手前ですが、3年前頃から温泉入口まで、新しい道路工事がゆっくりと進行しています。

一部は舗装も終わっていますが、開通はいつ頃かよく分かりません。

実は先日のウォーキングの時、温泉からの帰路、ショートカット目的で歩いておりました。

旧道よりアップダウンやカーブが少なく、開通したら快適な道路になりそうです。

来馬岳上部、オロフレ山は雲の中です。



DSCF0049.JPG頂上からの視界はありません。

風が無いので空気が暖かです。

風があると身体が一気に冷え寒いので即下山しているところです。
















下山の途中、8合目下で草刈機を担いだ3人が上がって来ました。

その後も8人ほどの方が鎌を持って続いて来ます。

秋の草刈作業を行う地元山岳会の方々と思います。

毎年の登山道整備、お疲れ様です。
この場を借りて心からお礼申し上げます。

| ホーム |


 ホーム