FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

快晴の来馬岳へ

10月最後の来馬岳に向かいます。

朝から快晴模様で気温もそんなに低くありません。




札内の高原から見た来馬岳とオロフレ山そして加車山がスッキリと浮かんでいます。















ゲレンデもシーズンを控え、今が一番スッキリです。
















DSCF0049.JPG頂上です。

木々の葉もほとんど落ちて頂上からの見通しも良くなりました。

何故か9月17日からあった丸い杭が抜かれていました。















DSCF0049.JPG下山途中の第一リフト終点でのんびりしました。

風も弱く小春日和で暖かいです。

靴を脱いでゴロンと横になりながらラジオを聴いていました。

「HBCの松永俊之マイライフ・マイミュージック」ですが、ほとんど毎週、山で聴いています。

そうしていると3組ほどの登山者がゲレンデの登山道を登って行くのが見えます。






DSCF0049.JPG板場から下のゲレンデを覗くと斜面に影が映っていました。

昔、ブロッケン現象に遭遇した経験が一度ありますが、それとはかなり違うかな。

















冬の到来が遅れていますが、そろそろオロフレ山に切り替える時期が来たようです。

次回からはオロフレ山に向かうことになると思います。


晩秋の雨

朝方から強い雨と風が吹いていましたが、9時頃になると雲の切れ間に青空も見えます。

雨が上がることを期待して来馬岳に向かいました。

しかし、雨が降ったり止んだりで午前中はスッキリ晴れる気配がないので中止にしました。

午後からは晴れそうですが、今年2度目の雨天中止です。

雪が顕著に降るまでの初冬のパターンで、登山には一番不向きな時期です。





登別大橋からです。

先週とは景色が一変しており、一週間で紅葉が真っ盛りになっていました。

正面の来馬岳は雲に隠れています。












来馬岳下部のゲレンデも霞んでいます。

来週は晴れていることを期待して旅館四季の朝風呂に入って帰宅です。














自宅のどうだんつつじです。

一日毎に葉の色が濃くなるのが分かります。

昨年はスズランのような花が、沢山咲いていたような気がしますが、今年は数個だったと思います。

今後はもう少し興味を持って観察してゆく予定です。









ブログを書いている今は晴れたり、曇ったり、雨降ったりの典型的な秋の気象です。

山にシャキッとした新雪が積もるのはいつ頃かな・・。

来馬岳から橘湖

秋に入って好天が続きますが、さすが朝晩は冷え込んできました。

今日は橘湖にも足を向けたいと思います。





DSCF0049.JPG頂上直下ですが紅葉する間なく葉が落ちています。




















DSCF0049.JPG頂上は羊蹄山方面から流れてくる黒っぽい雲で暗くなってきました。

視界は良いのですが雲の流れが速く天気もコロコロ変わります。















下山に入って直ぐパラパラと小粒のアラレ状の雪が降ってきました。

2~3分でしたが一応、今冬初めての雪です。

中腹まで何度か降りましたが、下ではにわか雨に変わってきました。










DSCF0049.JPG橘湖入口です。

最近、刈ったと思われる笹がどっさりと道に重なっています。


















DSCF0049.JPG幅広く刈った笹の上をガッサ
ガッサと踏みしめて行きます。

ルートの3分の2くらいは笹が敷き詰められていました。

珍しく今日は登りで登山者一組、下りでハイカー二組とすれ違いました。

ハイカーは少し歩きにくそうに見えました。










DSCF0049.JPG陽が差していないので夏に比べて寒々とした湖面です。




















DSCF0049.JPG紅葉はまだ早いのか終わりなのか、モミジも緑から黄色に変わる段階で黒くなっているのも多く見られました。


















DSCF0049.JPG何本かこの様に真っ赤に染まったのもあった程度です。




















季節の変わり目がやって来ました。

気象も変わりやすく一番、中途半端な時期です。

低山でも気の抜いた装備、服装は雨に打たれるとつらいものがあります。

冬山に向けて身体を慣らしてゆく時期が来たようです。


雨が止んだので来馬岳

昨日から今朝方まで雨音が止まず、今日は中止かなと思っていましたが、9時頃には陽も射してきたので来馬岳に向かいました。



中腹から上は紅葉が見られますが、下はまだ緑一色です。
















DSCF0049.JPG山に入ってしまうと紅葉は目立たず、所々でもみじの赤が見られる程度でした。

既に葉が枯れ落ちた木も多く見られます。
















DSCF0049.JPG頂上はナナカマドの赤のみが目に付く程度です。




















クッタラ湖と手前の橘湖が見えます。

橘湖までの紅葉が鮮やかだった記憶があるので来週にでも行こうと思います。














来馬岳の対面もまだまだ緑一色です。

| ホーム |


 ホーム