FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今日は山行中止です


夜半過ぎの3時頃、屋根を強く叩く雨音で目が覚めましたが、起きた6時過ぎには止んでいました。
しかし、早足の雨雲が小さな青空を挟みながら次々と流れて行きます。

断続的な雨に当たりそうなので6月1日以来の中止にしました。


という事で、今日はカテゴリ・雑感内の「エスカレート」を改訂版として綴ってみました。




◆エスカレート

人はそれぞれ山を知った年代、性格、考え方で登山スタイルも違ってきますが、山は熱中すればするほどエスカレートしてゆくスポーツで、それが度を越せば道楽?になってゆきます。

低山から高山、近隣から遠方、夏山から冬山、容易なルートから難ルート、そして国内から海外へと・・・。



私の20数年ぶりになる登山復活の動機は健康維持のためです。
ウォーキングを毎日続けるだけの意思はなく、せめて週一登山で積年の運動不足を補おうと思ったわけです。

若い頃、10年続けていた山を止め、残っていた登山用具はウッドのピッケル、耐用年数をはるかに過ぎたナイロンザイル、登攀道具の金物類だけ。
新たに夏用、冬用の登山靴を揃え(昔は夏・冬・岩壁=同じ靴)、若い頃の経験を元に身近な山へと向かいました。

近郊のカムイヌプリ、室蘭岳、来馬岳、オロフレ山、稀府岳、伊達紋別岳、徳舜瞥山、ホロホロ山、羊蹄山を一年を通して登り、さて次は夜行日帰りで春の芦別岳本谷に行こうか・・・

しかし、それが終わったら次は、その次はと考えると、エスカレートの始まりです。

特に単独ではリスクの大きい山域やルートに目が向くと、その限界から必然的に山岳会への入会となります。
しかし、当然ながら昔のレベルに戻れるはずもなく、山岳会で繰り返す中高年相応の山行は果たして充実感を満たしてくれるのだろうか?

体力的、技術的、精神的に跳ね返されるだろう難易ルートを横目で見ながら、一般登山道や容易なルートを行く自分を思い浮かべると・・・。

私の場合はストレスが溜まってゆくだろうな!

そう考えたとき、最初の目的だった「健康維持の手段のためでいいんじゃないか」という結論に至ったわけです。


昔、山岳会に所属していた10年間は、高山植物に興味あらず、頂上や景色さえ二の次という山行を繰り返していました。

一昨年の春だったと思いますが、来馬岳を下山中、登って来る人に頂上の「シラネアオイは咲いていましたか?」と聞かれ「??・・・」という有様。
いまでは同じ場所に咲く、シラネアオイとサンカヨウの成長過程を、誰よりも目にしている私ですが・・。

冒頭に云いましたが山に対する考え方は人それぞれと思います。
当時、山岳会の大先輩に「年代相応の山ってあるんだよ」と云われたことを最近思い出したりしています。

私の場合、これからも【無理せず、エスカレートさせず、自分に在った「やまゆき」】を基本として行くことになります。




昨日、週間天気予報で今日の雨を境に気温が下がってゆくと出ていました。

来馬岳と橘湖  10月19日(日)


今日は全国的に好天のはずですが、こちらは朝起きてみると少し厚めの曇り空です。

来馬岳を下りたあと橘湖を予定しています。




DSCF0049.JPG雨こそ落ちてきませんが気温が高めで、空気も少し湿った感じです。

「休み木」と勝手に名を付けた、頂上手前2~3分の所にある斜面から水平に伸びた木です。

夏の炎天下や風が強い時など、頂上で休みたくない場合、ここで休憩を取ります。

大人が3人ぐらい並んで座れるスペースがあり、春先に足元の草を刈り取ってあります。






DSCF0049.JPG8合目くらいから視界は100m未満でした。




















例年、今時期に一度は行く橘湖に向かいます。

来馬岳はゲレンデ上部から頂上まで雲の中です。

紅葉は標高で200m下の登別大橋付近は真っ盛りですが、カルルス周辺は終盤になってしまいました。








DSCF0049.JPG前半は笹薮を刈った平坦な道です。

積み重なった落ち葉を踏んで歩きます。

















後半は軽い連続した登りが続き、登りきって少し下るとカルデラの橘湖です。

周囲約1.5kmのシーンとした中で、鳥の鳴き声だけが聞こえる、変わることの無いいつもの小さな湖です。













今日は来馬岳入山時が9℃、橘湖下山時が15℃と曇り空なのに暖かい日でした。

自宅前で雪虫を見て2週間くらい経ちますが、いまだに飛び回っています。

雪虫も初雪が舞い落ちる時期を間違えたのでしょうか・・・。




オロフレ山と来馬岳  10月11日(日)


今日は先週の逆ルートを予定していましたが、天気は早く流れる灰色雲の隙間から青空が見える程度です。

天気予報はOKなんですが、序盤12kmの道路登りで冷たい雨に当たったら厳しいので変更して通常ルートでオロフレ山と来馬岳へ。




DSCF0049.JPG駐車場(登山口)に7時着ですが、他に車は見当たりません。

春先に張った、立ち入り禁止のロープが多く見られます。

登山道も毎年U字形に掘られて行くのが目に付きます。














DSCF0049.JPG風が強いので頂上に着いて直ぐ下山です。

下山途中や下山して駐車場で出会った登山者に「頂上は風が強いですか」と何度か聞かれたほどです。

オロフレ山で一番風の強い場所は駐車場とP1062手前の鞍部、その次が頂上になります。

それにしてもオロフレ山はなんと夫婦組が多いことか。







DSCF0049.JPG車が10数台になっていますが、半分が登山者で他は行楽客のようです。

ここ数日の強風で駐車場から上部は葉が落ち、雪を待っている景色に変わっていました。















DSCF0049.JPGカルルス温泉ゲートからですが、紅葉はダメみたいです。

今年の8月は気温が低く、9月は高く、10月初旬は普通でしたがそれらが原因かもしれません。



継続して来馬岳に入ります。












6合目を過ぎた馬の背北側ですが、結構な北風で枯れた草がビュンビュンなびいています。

ここ近辺は冬が特に強風地帯で、時々耳たぶと頬が凍傷になる場所です。(薄く皮がむける程度)

今日は先着で頂上にいた方と話しているうちに頂上の写真を撮り忘れました。








オロフレ山の紅葉は展望台駐車場(登山口)から上部、来馬岳の5合目から上部は対象にならず、カルルス温泉からトンネル下までに見所があるのですが、今年はイマイチでした。

オロフレ山登山中に時々雪片が舞ってきたので、もう少し気温が下がると初雪が降ると思います。

昨年は10月14日に来馬岳でアラレ状の雪にあたっています。


来馬岳からオロフレ山  10月5日(日)


今日は来馬岳を延長するルートを取ります。




ルート

登山口→来馬岳→1007峰→オロフレ峠→オロフレ山→オロフレ峠→道道2号線→登山口

結果的に所要時間は8時間30分でした。











DSCF0049.JPGカルルス温泉に向かう途中、右手の太平洋から日の出が見えたので車を止め撮影。

時刻5時48分・気温4℃

















登山口から10分ほど登ると鹿の群れに遭遇しました。

一頭だけ見たことは何度かありましたが、7~8頭の群れは始めてです。

お尻が真っ白で全頭雌鹿です。

ここから右手の登山コースに向かうと、同じくらいの群れが前方におり、急斜面からこちらを見下ろしていました。






DSCF0049.JPG先週、木々の葉が青かったのに比べ、枯れて落ちているのも多くなっています。



















DSCF0049.JPG何ヶ所か背丈以上ある笹薮の登山道です。

来馬岳から約100mのギャップを経て1043。
1077峰の手前にも約100mのギャップがありますが、全体的になだらかなコースといえます。

1077峰でオロフレ峠側から来た登山者と話をしていて写真を撮るのを忘れていました。

頂上看板標識は長い足を切り取り再設置されていました。
詳しくは昨年9月24日の記録をご参照ください。





1012を過ぎ、オロフレ峠(登山口)の直ぐ上からです。

春以来のオロフレ山ですが、相変わらず登山者が多いようです。

昨年はオロフレ山に行きませんでしたが、現在9時49分、十分時間があるので入山です。









頂上尾根から見える来馬岳・1043・1077です。

不思議なことに対面のどこから見ても来馬岳のほうが高く見えます。

奥の二つは1000mに満たない山です。










DSCF0049.JPG無雪期の今は頂上まで1時間ちょっとで来れます。

今日も老若男女、小学生など40人くらい入山していました。

















オロフレ峠から来馬岳登山口まで約12km(標高差600m)の道道2号線を下ります。

硬い舗装を歩いていると徐々に足の裏がヒリヒリしてくるので、所々出てくる路肩の草付きを歩き鎮静化させます。

紅葉はトンネルを境に壮瞥側が登別側に比べ早いようです。








DSCF0049.JPGカルルス温泉ゲートに着きました。

あと1kmで登山口駐車場です。



















山は10月に入り少しずつ色付いてきました。

カルルス周辺の紅葉は一昨年が素晴らしく、昨年はそうでもなかった様に記憶しています。

さて今年はどうかな・・・。



| ホーム |


 ホーム