FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

トレースのおかげで頂上へ  11月30日(日)-5℃→-8℃


今週は先週と似通った天気です。

何日か晴れが続いた後、昨晩から夜半まで強い雨が降っていました。

先週、山はドンと雪が積ってラッセルに苦しみましたが、今日は?と思いながら車を走らせます。





9時5分前にゲートが開いたので峠へ。

来春まで週一の9時出勤が続くことになります。












こちらは来春まで開かずの展望台ゲートです。

車が何度か行ったり来たりしている跡が残っています。

先週に比べ雪は増えておらず、新雪がサラッと乗っているだけです。









この展望台まで、先週の私のラッセル上に、昨日と思われる入山者(2人?)のトレースが見え隠れしながら残っており、圧雪されている上に乗るとスノーシューは埋まりませんでした。

先週、私が撤退した場所より上にトレースが伸びていれば嬉しいな、と思いながらU字状に掘り込まれた夏道に入ります。








ここ頂上稜線下のコルで、休憩(行動食)を取ります。(11時57分)

このピークに三角鉄板岩があり、その上の3つか4つのコブを越えて頂上があります。

トレースは頂上まで行ってるようで、ここまでも深いラッセルに苦しむ事無く、心の中で「ありがとうございます」・・でした。







頂上は積雪60cm。

一瞬、青空が出ましたが下山まで天気は悪く、いつものように風が頬を刺します。

とは言っても、厳冬期のような厳しさはまだありません。












昨日と思われる入山者のトレースを利用でき、頂上まで行くことが出来ました。

昨日は快晴模様だったので、良い登山日和だった事でしょう!



今日は下山時刻15時で-8℃です。

やはり14時を過ぎると気温が下がってくるのが行動中、体感されます。

明日に向け天気予報が上り坂だったので頂上に行きましたが、下り坂だったら時間的に撤退しているはずです。

時間に追われる夏道ルートですが、来週は好天を期待して・・・



ラッセル深しオロフレ山  11月23日(日)-5℃→-5℃


全道的に積雪が一気に進みましたが、こちら太平洋側の市街地は相変わらず少なめで、雪かきに汗をかくほどではありません。

昨晩は強めの雨が降っていたので、山はどうかなあ~ と思っていましたが、家を出て標高を100mくらい上がると5cm、10cmと増えて行きます。

カルルス温泉ゲートから上は除雪が入っておらず、道路の真ん中にワダチが一本の状態です。

積雪はバンパー下くらいなので止まったら終わり!対向車が来ないことを祈りながら登ります。
(車はFFです)




DSCF0049.JPG結局、展望台入口ゲートまで対向車なしでした。

車を道路の真ん中に止めたまま、ゲート側に駐車スペースを設けるため雪かきです。

終わった後に除雪車が2台通って行ったので"OKでした。













DSCF0049.JPGゲートから展望台(登山口)までは積雪30~40cmで、スノーシューの沈みは20cmくらい。
2.5kmを1時間20分なので、先週の倍以上の時間が掛かっています。

登山口からはU字型にえぐられた夏道に、雪がしっかり詰まっています。

判別できる夏道を忠実に、膝上ラッセルを交えながら登ります。







先週、全く雪が無かったキレット手前ですが、視界が無いのでコンタクトラインは見えません。

登山道を遮る、雪が付いた枝を掃ったり、くぐったりと、今時期特有の登りが続きます。











DSCF0049.JPG小岩峰を過ぎ、斜面トラバースを終えた所で11時。

このラッセル状況から、頂上まで行けたとしても下山時間を考えると、明るいうちに下りてくるのは不可能です。

ラッセルの疲労度も溜まってきたのでここで撤退。












DSCF0049.JPG帰路、P2の所で休憩(行動食)を取りますが、時折の風が強く、休んでいると冷え込んでくるので早々に下山します。



























今日は積雪10cmぐらいをツボ足で快適に頂上まで、を期待していたのですが甘かったようです。

昨年同時期は、晴れが続いた3連休に、一日目のトレースを利用し、2日目に頂上まで行っていました。

やはり、ワンプッシュでの頂上は無理だったようです。

しかし、昨年12月2日には減った雪の中、容易に頂上に行けていますし。

まあ~臨機応変に楽しみながら、冬季オロフレ山に通うことにしたいと思います。


雪が消えたのでカテゴリは無雪期オロフレ山です  11月16日(日)


ここ一週間は晴天が続き、山に積った雪も融けたようです。

また、昨日夜から夜半過ぎまで少し強い雨が降っていました。

今朝は雨こそ上がっていますが、どんよりの黒雲が空を覆っています。

中止にしようかと思っていましたが、9時近くになって雲が薄くなってきたので、しまい込んだ夏靴を出し、オロフレ山に向かいます。

天気予報は夕方に回復模様ですが、大体前倒しになることが多いので、昼頃晴れることを期待して行きます。




DSCF0049.JPG展望台(登山口)も珍しく風は無く、雨上がりの秋の山といった感じです。

気温は高く入山時で6℃でした。

















先週と同じ場所の画像で、キレット手前です。
視界は50mくらいです。

冬季は天候、積雪(ラッセルの頻度)などの状況から、進むか撤退するか、第一判断をする場所でもあります。











DSCF0049.JPG空気は湿っており、気温は高めで素手でも冷たくありません。

この後、下山時に3度ほど雨に降られましたが、臨機応変に傘を差して逃れ、濡れることはありませんでした。

山で風が無いということは何よりうれしいことです。












下山して車に乗り、オロフレトンネルを登別側に抜けると、青空が広がりかけていました。

入山から下山まで、すっぽりと覆われた雲の中で「天気悪いな」と思いながら行動していたわけです。











今年のスキー場オープンは、旭岳周辺を除いて雪不足のため、各地で遅れているようです。

オロフレ山は昨年、一昨年とも、11月16日前後以降、積雪が進み厳冬期に向かっています。

今週半ばから全道的に天気予報は雪マークですが、こちら太平洋側はその半分くらいです。

暖冬といわれる昨今ですが、今年の実体はどうなるのか、感心を持って見て行きたいと思っています。




冬季オロフレ山の始まりです  11月9日(日)


昨日、全道を通り過ぎた低気圧の影響で、下からは見えませんがオロフレ山も白くなっているはずです。

道央圏に遅れること1ヶ月、ようやく冬山の始まりになりました。





DSCF0049.JPG11月4日に展望台ゲートが締まったので、2.5kmの道路歩きから始まります。

入山時の気温は7時過ぎで-2℃。
キリッと空気が引き締まって良い感じです。

歩きやすいサラサラの乾雪の上にルートを取って歩きます。












DSCF0049.JPG展望台(登山口)は相変わらず強風で雪が飛ばされた景色です。




















まだ夏道が残っていますが1ヶ月も経つと急斜面となり、オロフレ山で唯一気を使う箇所になります。














うっすら雪化粧の山頂です。

高さ1m30cmの鉄のポールにベルグラが張り付いています。

頂上まで夏道の積雪は深くても足首ぐらい。雪質が良いのでスタンスも取りやすく、登りやすい状況と云えます。

逆に下山時は岩に薄く着いた雪で滑らないよう気をつけて下ります。






帰路、展望台からゲートまで舗装上の雪が融け始めており、靴の裏にダンゴとなってくっ付く、歩きとなりました。

今日は入山者に会わなかったので当然、車は私の1台だけです。

展望台ゲートが締まると、冬山モードと往復5kmの道路歩きとのためか、入山者が全くいなくなります。











カルルスゲートも11月26日に時間通行規制に入り、早朝に入山できるのはあと2回だけです。

それ以後は、雪が増えるほどラッセルで時間的余裕が無くなり、夏道ルートから頂上へ行ける回数が少なくなります。(逆に積雪量が多いと登別ルートに早く入れます)

明日からの週間天気予報は晴れマークが続き気温も高めなので、来週のオロフレ山は雪が増えているかな?・・です。




今年最後の来馬岳  11月3日(月)


11月2日

昨日、いつものように来馬岳に入りましたが、雨のため途中下山でした。



DSCF0049.JPG電光掲示板も冬モードになってきました。

私の車はまだ夏タイヤですが、そろそろスタッドレスタイヤに履き替える時期が来たようです。
















DSCF0049.JPG登り始めは小雨なので傘を差しながら登ってきましたが、第一リフト降り場に来ると急に雨が強くなってきました。

雨に濡れた手はかなり冷たさを感じ、風も少し出てきたので、横殴りの雨が嫌いな私は下山です。















早朝は雨でしたが、午後から青空が広がり良い天気。

初冬(晩秋)によくあることで、毎年今頃、変わりやすい天気に惑わされます。





11月3日

今日も天気はパッとせず雨模様。天気予報もコロコロ修正を繰り返している状況です。

自宅から雨具の上下を着てカルルスに向かいます。

いつもより遅い9時、傘を差しながら登りますが、昨日とは逆に第一リフト降り場付近で雨が止みました。




DSCF0049.JPG9合目近くに来るとザラメ状の雪が少し残っていました。

市街地が雨でも山は雪やみぞれになっているようです。

















DSCF0049.JPG
視界はありませんが、明るく感じるので天気は回復基調です。



















下山時、第一リフト降り場の板敷きに寄るとキリギリスが一匹。

そっと触っても足を少し動かすだけで、文字通り「虫の息」状態です。

そういえば今年は市街地や山でも蝉の声を一度も聞かなかったような気がします。

ゲレンデに沢山いるはずのバッタ類も昨年に比べかなり少なかったし、8月、9月の逆転したような天候に左右されたのかも知れません。





オロフレ山上空が明るくなり、左下の陰った羅漢岩に陽が差し、白茶色っぽい岩壁がサアーっと浮き上がりました。















来馬岳は今日で終了。次に行くのは荒天でオロフレ山に入れなかった時だけです。

オロフレ山の峠展望台(登山口)へのゲートは明日で締まる予定なので、登山者はほとんど来ない季節になります。

来週から約半年振りの冬季オロフレ山が始まりますが、昨年は11月4日で、頂上には2~3cmの積雪がありました。

例年通りの天候が通用しなくなった昨今ですが、今シーズンのオロフレ山はやさしく迎えてくれるかな・・・。


| ホーム |


 ホーム