FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

景色は冬。空気は春のオロフレ山  3月29日(日)


昨日、友人からオロフレ山に連れてっての、Eメールが入りました。

以前から「時期を見て連絡くれればいつでもいいよ」と言っていたので本日同行です。

天気が午後から下降気味なので、頂上優先を考え登別ルートに向かいます。





カルルス温泉手前からのオロフレ山です。

先週、頂上稜線に見えた黒い部分(岩肌)が消えており、積雪があったようです。

羅漢岩各ルンゼも昨年同期に比べ、積雪が多い状況です。









急斜面を登る途中に見えた濃紺の青空も稜線に出ると、空には低い雲が西からふわふわと湧いてきます。

気温が高い上、スノーシューの爪も新雪に滑り、汗びっしょりの登りでした。











DSCF0049.JPG1062ピークで休憩と早めの昼食を取り、頂上への登高に入ります。

私の場合、頂上(休憩・昼食)という概念は基本的にありません。
















DSCF0049.JPG頂上の積雪は30cmで先週と変わりません。

太陽が天気予報どおり午後に隠れましたが、終始無風状態で視界はまあまあです。

カメラが趣味の彼に、道中を含め頂上でも思う存分撮ってもらい、下山は速やかに行います。














昨日の降雪で景色は冬に逆戻りですが、気温が高く(頂上0℃)、先週のアイゼンを利かせた快適なクラスト斜面は無しでした。

深いラッセルはありませんが、湿雪の重みを感じた登高で、着実に春に向かっている感じです。

来週以降、冬季オロフレ山のCloseまで、状況変化に対応しながらルートを選び、頂上に向かうことになります。



天気持ってくれー!!のオロフレ山  3月22日(日)


今日の天気予報は昼から雨。

標高が1000m違えば雨はないだろう、と思いながらオロフレ山に向かいます。

一昨日、下見した新ルートは次回以降になりそうです。




何度かアップしている、1003ピークに向かう途中からの絵です。

頂上稜線が顕著に把握できる好きなアングルです。











ここまでスノーシューで来ましたが、この下りはスノーシューの爪では歯が立たないので、アイゼンに履き替えます。

快晴気味の昨日を受けて、ガリガリの氷結斜面です。

鞍部は昨年、3月29日に登ったB沢左股の抜け口ですが、陰になった部分の雪庇がまだ後退していません。






歩いて来た羅漢岩稜線を振り返ります。

まったく埋まる事なくアイゼンの爪が、氷結面に食い込んでくれます。

左上に展望台駐車場が見えます。










すぐ右上が1062ピーク。左下のコルに下りて頂上尾根に取り付きます。

南東の風が強いため、いつもと逆の北西側斜面で昼食(行動食)を取ろうとしたら、このアングルに出会いました。(真ん中のドーナツはカメラのノイズです)

羅漢岩稜線から雲の動きを気にしながら来ましたが、予報どおり下り坂で雲が覆いかぶさってくる気配です。





一昨日と変わらない頂上です。

雪を伴った風が強く、即下山です。

今日は時間との勝負と思っていましたが、予想通りの展開です。











DSCF0049.JPG帰路、ケルンに固定したスノーシューを回収です。

昨日入った単独登山者のツボ足アイゼンのトレースが、羅漢岩稜線辺りから見え隠れしていました。

頂上稜線は踏み抜く場所が多いのでほとんどスノーシューですが、今日は間違いなくトレースを利用できるのでここにデポでした。









DSCF0049.JPG1003ピークから下りに入った所で、天候悪化に備え、登る時に付けたテープを回収します。

広めの下り斜面で視界が悪いといつも判断に迷う場所。

テープ一枚で躊躇することなく、真っ直ぐ下れます。
















今日は下り坂の天候に追われたような登高でしたが、全行程、登り下りとも氷結クラストで足元だけ見れば快適でした。




近年、オロフレ山も含めストックの登山者が多いようです。

昨日の単独者もそうで、登高条件が良いと問題ないのでしょうが、今日だとしたらオッソロシイ限りです。

いつも、「なぜ、アイゼン履いてストックなのかなあ~」と思いながら、オロフレ山の登山者を見ている私です。



初めての大曲ルート  3月20日(金)




今日はガイドブックで、唯一紹介されている大曲ルートに初めて入ります。

スキーコースと云われているので敬遠していましたが、雪が締まった頃に一度入ろうとは思っていました。









下山後、撮った画像です。

路肩が広くなった道路隅に車を駐車し、雪壁を上がりスノーシューを履き、入山です。












緩斜面を30分ほど登り、少しキツイ抜け口を上がると、オロフレ山と1062ピークが目に飛び込んできます。

当然、初めて見る山容です。











広めのなだらかな尾根を行くと、左に急峻なルンゼを持った岩稜帯が現われます。

ただ、羅漢岩とは区別されており、昔から登攀対象にはなっていません。











岩稜帯尾根を挟んでの北側斜面を、ケルン台地まで一方向の、ひたすらトラバースです。

日陰の一部急斜面では順方向のスノーシューの爪・エッジが利かず(私のパイプ型スノーシューだからですが)、カニの横ばい歩きも交えます。












頂上尾根中間部の三角鉄板岩です。この通り2週間で融雪が急速に進んでします。
DSCF0049.JPGDSCF0049.JPG
















頂上まであと5分です。

後続者が見えます。

大曲ルートのトラバースに入ったところで、私のルートより下部斜面をトラバースし、追い越して行った単独者です。

頂上尾根に入った所で追いついたので、少し会話。

2週間前(晴天+烈風並の日)にも来たそうで、ケルン台地付近で頂上を行く私を見たが、風に勝てず撤退したとのことでした。


頂上のパイプを基準にして、昨年同期が積雪80cm。今年が30cm。

頂上は少ないのですが、毎度言うように標高1000m以下では昨年よりかなり多いです。













初めて大曲ルートに入りましたが、やはり、オロフレ山特有の潅木、喬木が多く、スキーがそれほど楽しめるルートとは思えません。

1062ピークからスキーが使用でないし、昨今多い、バックカントリーやスキー主体の登山者が入山しないのも分る気がします。

また、今まで大曲ルートの登山者を何人か見ていますが、ルートは一定していなく各自のルートファンディングで登高しているようです。


今週日曜日の天気予報は雨まじりのようです。

一応、壮瞥ルートを予定していますが、条件次第で、今日偵察してきたルートに入るかも知れません。




今週もオロフレ峠は通行止め!  3月15日(日)


昨日の夜、自宅の外は吹雪模様。

テレビの画面はひっきりなしに、道内各地の暴風雪注意報のテロップが。

天気予報では日が明けると回復基調ですが、オロフレ峠はダメかなと思いながら就寝。

朝、室蘭土木現業所の管轄に問い合わせると「今日は通行止めにします」とのこと。


今年4度目の来馬岳です。





昨日のスキー場は
【2009/03/14 サンライバ便り 】
【本日、悪天候とゲレンデ状態不良の為、お客様の安全を考え、クローズ致します。 】
だったようです。

今9時ですが、お客さんもまばらで貸しきり状態です。








ここ6合目を右手から回り込み、雪庇の上にある馬の背を行きます。

馬の背は2月22日のようにブロック状にカットされた部分も平坦になっており、ラッセルも無くスムーズに足を運べます。










今日の7合目から頂上までは、クラスト部分と20cmラッセルの混合斜面でいつものように直登です。

頂上の積雪は2月から変わっていません。

横長の頂上標識はピッケルの下辺りにあり、埋まっているのはここ数年で初めてのことと思います。







いつものように、頂上から少し下がった場所で休憩です。

冬季のオロフレ山と来馬岳で、息を整えるため立ち止まることは何度もありますが、昼食以外に休憩を取る事はありません。(身体が冷えるだけなので)

以前はビスケット類の行動食でしたが、最近はマーマレードをビッシリ厚く挟んだ玄米食パン2枚が昼食になっています。

その他消費期限の長い非常食が2種類、冬が始まってからザックに入っています。


帰路、馬の背を振り返ったところです。

雪庇は小さく、踏んでも短い緩い斜面に落ちるだけなので、遊び心でギリギリの所を。

2度片足が落ちかけましたが、転げる事も無く体制維持確保でした。









ゲレンデ上部に人はまばらでしたが、下部に来ると同じ服装の若者男女が約130人(スキー場HPから)

ソリやチューブに乗ってキャッキャッと喜んでいる姿は北国の若者ではありえなく。

座り込んで楽しんでいた女子に聞くと沖縄の○○高校の生徒。

近年、北海道のローカルスキー場では、修学旅行先として沖縄の子供達を呼び込む事業が盛んで、ここサンライバスキー場も集客に頑張っているようです。



冬季のサブ山来馬岳が今年4回(昨年2回)になってしまいました。3月残りの週末は何とか通行止めにならないよう願うだけです。

厳冬期を過ぎ積雪期に入っているわけですが、来馬岳、オロフレ山1000m以下では昨年より積雪が多いのが今年の特徴です。

昨年札幌で3月半ば過ぎに、117年ぶりの5日連続10℃以上ということがあったので、「雪解けは平地は早く山は遅く」を祈りたいものです。



快晴しかし強風のオロフレ山  3月8日(日)


無題.JPG今週末も天候が荒れ、金曜、土曜とオロフレ峠は通行止め。

室蘭土現によると、土曜の日中除雪作業は終了したが、日曜にかけて降雪があると、通行止めの可能性有りとの事。

























夜半から雲が切れだし、今朝は快晴模様。
室蘭土現に確認すると、通常通り9時開通との返事なので、カルルスゲートに向かいます。





壮瞥ルートに取り付きます。

画像は下山時に撮ったものです。

10歩ほどのツボ足の向こうは、スノーシューの跡がかすかに見えるだけです。
往復共に全く埋まる事無く、このラインでは初めてのことです。








今日は全行程の90%がクラストしており、全くラッセル無しの快適登高になりました。

新雪が飛ばされて出来た固めの雪面と、ガリガリの氷結面の2種類のクラストです。











1003ピークです。

昨年同日の同アングルと比べ、今年は積雪が多いのが分ります。












頂上尾根中間部の三角鉄板岩です。

ここまで夏道沿いを上がってきますが、雪下の岩と岩の隙間の空洞を踏むと底が抜けるので、ピッケルを刺し固い場所を選びながら登ります。










今年のクッタラ湖は氷結しないで終わりそうです。

氷結が始まったらスノーシューハイキングで行こうと思っていましたが来年におあずけです。











奥の頂上板看板とポールの露出長を見ると、先週と積雪量は変わりありません。

遠望に徳舜瞥岳とホロホロ山。














今日は快晴の登山日和と思いきや、西の風が半端ではありませんでした。

沢や東面側は問題ありませんでしたが、小岩峰からすぐ上の痩せ尾根で、何十年ぶりかで三点支持の耐風姿勢を取らされました。

それも、行き帰り同じ場所で、同じくらいの最大の風を。

ケルン台地や1062ピークの鞍部もかなりで、雪でも伴った吹雪だったら小岩峰基部で撤退していたと思います。

画像でアップしていませんが、例年に比べ、羅漢岩の各ルンゼ抜け口を除いて、雪庇の発達がほとんど見られません。
南、東の風が多かった今年を象徴しているようです。





一ヶ月ぶりのオロフレ山  3月1日(日)


頂上手前から引き返した2月1日以後、2/8.2/15.2/22と、峠の通行止めで入山できず、1ヶ月ぶりのオロフレ山です。

オロフレトンネルが完成する前の昔は冬期間全面通行止めで、カルルスから山スキーで道路を行ったこともありましたが・・・。





取り付きからの斜面を登り終え稜線に出ます。

左上の白い斜面は壮瞥ルート(羅漢岩稜線)で、コンタクトラインを下ると登別ルートと合流します。

ここまでほとんどクラスト斜面でスノーシューの爪がよく利き、埋まっても10cm未満です。

ピッケルがギューと刺さり込む圧雪層で、最近多かった「糠に釘」の新雪の層ではありません。





DSCF0049.JPG1062ピーク手前のコルにあるケルンは今日も露出しています。(絶対に埋まりません)



















頂上稜線下部付近まで来て振り返ったところです。左上は1062ピーク。

小岩峰尾根からの斜面に私のトレース跡があります。

画像では分りませんが、小岩峰基部で小休止している単独者が見えます。

目を凝らすと羅漢岩稜線にトレースが見えるので、壮瞥ルートから入ったようです。





頂上の鉄ポールが見えてきました。

頂上稜線の登りはウインドクラスト斜面で快適な登りでしたが、いつものように何度もズリ下がりながら越えた所が一ヶ所。(必ず息が上がります)










頂上を抜け、高度40mほど反対斜面に下った所から見た頂上です。

往復30分をみて下りましたが、20分で頂上に戻れました。











頂上からの帰路、10分ほど下ったところです。

左のトレースがハの字登り。(後続単独者のワカン跡も込み)
右がスノーシューを履いたまま腰を下げてのグリセード下降。

画像では分りませんが、スノーシューが滑るほどの斜度があります。







帰路、小岩峰基部から頂上方面を振り返ると、単独者が降りて来るのと、今朝ゲートの開門前に出会い、大曲りルートを予定にすると言っていた若者男女4人組の、頂上への登りが点となって見えます。(見えるような見えないような)














今日の頂上積雪は鉄ポールを基準にすると50cm。板標識看板も露出していました。昨年3月2日が90cmなので少ないわけですが、標高1000m以下から市街地にかけては例年より多い状況です。

新聞の地方欄に載っていましたが、本来の冬型の気圧配置とは違った2月だったようです。




| ホーム |


 ホーム