FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今日は雨模様のため山行き中止


平日、好天が続いているなか、天気予報は土、日だけ雨マーク。

昨日の昼から降り続いていた雨は、今朝になって小雨模様になっていたが、昨晩から中止の予定だったので朝起きるのもゆっくり。

昼前に雨が上がったので、冬山装備の手入れを行う。





シモン(SIMOND)・スーパーD中期モデル(Super D, 4th.model)


3週間前からアマニユオイルを数度塗り、滲み込ませておいた。

ひとシーズン使うと、シャフトの下半分は白っぽくなり油気も無くなる。

山を始めた34年前に購入したもので、量産型のメタルシャフトに移り変わる直前の時期(時代)にあたる。

現在の私の登山スタイルであれば、十分に身を守ってくれる道具である。









冬用登山靴も先週で終了。

ゴアテックス用の防水スプレーをしっかり吹き付けて収納。

5シーズンを経たが、春先の湿雪にも十分に防水を保ってくれている。

厳冬期も厚手の靴下一枚で保温に問題はない。(オロフレ山の-15℃くらいの使用経験で)









最近は平日が晴れ続きで、週末になると雨模様が多い。

しかし、この地方特有の霧雨日が続くということが、今年は無い。

6月もこの調子だと非常に嬉しい気象状況といえる。



オロフレ山と来馬岳と白根葵


金、土と雨が降り続いたので山の雪もかなり減った模様。

壮瞥ルートも先週で終わり、今日から夏道ルートのオロフレ山です。




DSCF0049.JPG展望台近くの一番日当りの悪い道路。

中央部は1m以上の残雪。

毎年、最後まで残っている場所で、ここの雪が消えればゲート開通になる。














DSCF0049.JPG展望台ですが、視界は何mと言えない状況。

3年前、視界無しで展望台に車を乗り入れ、道路に戻ろうとして苦労したことがある。

車をぶつけてしまった人もいるらしい。













DSCF0049.JPG時折青空も顔を出すが、風が強いため早々に折り返し、三角鉄板岩で休憩する。



















猩猩袴は展望台までの道路脇にも見られ、登山道沿いには昨年より多く見られる。

ただ、頂上稜線の猩猩袴は既に枯れていた。












白根葵が1003ピーク付近で一ヶ所だけ咲いていたがピンボケ。

これは隣にいたつぼみ。













DSCF0049.JPG帰路、展望台方面を振り返って撮った画像。

今日の時点で2.5kmの車道は大部分がこのような残雪状況。


















来馬岳入山


来馬岳の白根葵。

昨年もオロフレ山より早く咲いていた。

6合目からの、馬の瀬後半部から夏道に下りると数ヶ所で。










画像は下山時に撮った馬の背。

登りは左の斜面に平行している夏道を。

下りは雪の上を靴を滑らしながら6合目まで。











頂上に苫小牧から来た中高年5人グループ。

雪渓を登る私のキックステップに追いて来るため、8合目付近で夏道との合流点を教えてあげた。














よく考えると来馬岳で猩猩袴を見たことが無いような・・・。

隣接した山なのに不思議な気がします。


オロフレ山と来馬岳  5月17日(日)


ここ一週間、低温の日が続いていたので、「まだ壮瞥ルートに入れるだろう」と、思いながらオロフレに向かう。

出合から沢斜面を見ると、なんとか大丈夫そうなので入山。





DSCF0049.JPG1003ピーク近くになると笹薮帯が多くなってきたが、雪渓の切れていない部分を選び登る。

低温続きと早朝のため、取り付きから全く埋まることなく、浅いキックステップで上がれる。














頂上稜線の南西面はすっかり雪が消えており、ここだけ夏山シーズンを解禁できる・・?














しかし、今歩いている羅漢岩稜線は残雪トラバース。

羅漢岩稜線から1062コルまでは、夏道と残雪道が1:3の割合で交互に出てくる。











小岩峰手前から。

羊蹄山だけに陽が当たっていた。(大きくみえるからズームしたかな?)

手前の樹木はこの辺りに何本か有る桜で、まだ固そうなつぼみ。









反対側から見た頂上。

遠くに駒が岳のシルエット。

来馬岳の各ルンゼの雪が残っており登りたくなるが、取り付きまでの沢筋両岸に積雪が無いと、遡行になるため入れない。










DSCF0049.JPGまだ時間が早いので来馬岳に。

ゲレンデは当然ながら積雪は無し。

















DSCF0049.JPGゲレンデ終了点の上から始まる登山道には残雪。




















DSCF0049.JPG6合目の馬の背から頂上まで残雪がビッシリ。

一度も夏道に合流することなく雪渓登り。

まったく埋まることなく登れる。

8合目付近からステップも浅くなり、ピッケルが欲しくなった。
(今日からストック使用)











DSCF0049.JPG9合目近くで頂上から鐘の音が。

先行者はいないので、どこから登ったのかな?

登山道の無い南側の尾根に、単独者の足跡(往復)が残っていた。

たぶん、あの人しか入らないだろうと想像。














オロフレ山標高1000m前後の積雪量以上に、来馬岳の積雪量のほうが多い年になりました。

壮瞥ルートは雪渓を遮断するブッシュが、来週には多くなると思われるため、今日で終了です。

来週から夏道ルートに入るので、車道の積雪量の変化を見ながら歩くことになります。




一気に融雪が進むオロフレ山  5月10日(日)


夜半に少し雨が降ったようだが、今日の天気予報は日中晴れの見込み。

登別側は明るい曇り空なのに、オロフレトンネルに入るとガスが湧いており、トンネルを出ると壮瞥側は視界100m。

しかし、晴れるのは間違いない空気感。



【ストロボが関係し、見づらい画像があります】


DSCF0049.JPG登別ルートの入山は先週が最後だったようで、今週は残雪が細くなっている。(帰路に見た稜線抜け口付近もブッシュ露出多かった)


















DSCF0049.JPG壮瞥ルートは登高に支障が無い程度に残雪が多い。




















【先週との比較画像です】

1週間で1mくらい減少

          先週(5/3)                        本日(5/10)


斜面トラバースが無くなった

          先週(5/3)                        本日(5/10)


登山道は夏道に衣替え

          先週(5/3)                        本日(5/10)



地肌が出ている登山道脇には、オロフレ山で一番早く咲くショウジョウバカマが沢山。(先週は一つも見かけなかった)














三角鉄板が消えていた。(先週は有った)
刻み込まれた文字から祈祷的な意味があり、何十年も風雪に耐えてきたのだが・・・。(斜面下を覗いて見たが見当たらず)
DSCF0049.JPGDSCF0049.JPG

















DSCF0049.JPG積雪ゼロの頂上。

笹薮の裏にはまだ雪面が広がっている。



















帰路、壮瞥ルート出合近くまで下った時、時間が十分有るので別な沢を登り返し展望台に上がってみた。

陽射しが暖かいのでゴロンと横になろうと思ったが、直ぐに風が出てきたので止めて下山。











展望台から100mほど車道を下って振り返る。

積雪は多いところで1mくらい。標識灯の頭が見えている。

ここから壮瞥ルート出合に向かって、分りやすい沢を下る。













一気に融雪が進んでいるため、来週以降、壮瞥ルートに入れない場合は夏道ルートに変更です。

そして、車道(2.5km)の雪が消えると、7ヶ月間の冬季オロフレ山も終了となります。





3週間ぶりのオロフレ山


今日の天気予報は曇り。本日を挟んだ前後1週間は晴れマークばかり。

「来馬岳北東面、オロフレ羅漢岩B沢左股の遠望が利き、気温が低ければどちらかに入ろうかな」と思い、日の出前に家を出る。

カルルス温泉で気温8℃。

来馬岳北東面は早々にあきらめ、トンネルで車を降り羅漢岩出合に上がってみたが、B沢中間部から上が見えず、こちらもあきらめる。

B沢は既に時期終了していたが、先日の季節外れの降雪に復活も有りか、で期待していた。



ということで、壮瞥ルートに入る。登別ルートもブッシュが目立ってきたが、まだ入れそう。




DSCF0049.JPG室蘭土現の建物横から入山。

気温7℃。視界50m。

くるぶし以下のツボ足で、斜面トラバースから緩やかな沢を登る。















DSCF0049.JPG沢から尾根に上がり、なだらかな斜面を少し行くと、目印にしている弓なりの木に出会う。

積雪の多い時期でも、R部分の高さ50cmほどは必ず出ている。















DSCF0049.JPGキレット(B沢左股抜け口)の手前。

この斜面下にある平坦な夏道も、積雪期に同ルートは急斜面トラバースになる。

右上から下ることも多いが、視界無し吹雪の時は振られるとキツイ。

今冬期はカチカチのアイスバーンになることが多かった。









DSCF0049.JPG羅漢岩稜線北斜面に続く夏道。

日当りの良いところはハッキリしているが、積雪の多い潅木帯斜面になり、目先の視界しか無いと、忠実に夏道を捉えることは出来ない。

今日も1062ピークの斜面で夏道をはずれ、少し上がったり下りたりしながらコルに着いた。

積雪がしっかりあると、ピークを経由できるので視界が50mもあれば問題ない。





頂上の視界30m。積雪は少し。右手の木板標識の下に地肌が見える。

残雪期になっても頂上の積雪は少なく、標高1000m以下に多い状況が今だ続いている。














今日は終始、視界30~50Mの小雨模様だったが、行動中に寒さは感じなかった。

来週以降、登別ルートはともあれ壮瞥ルートはまだ利用できそう。

それが終わると2.5kmの道路歩きを含む夏道ルート。

ゲート~展望台の積雪は昨年来確認していないが、例年より多いのは間違いないだろう。


| ホーム |


 ホーム