FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ひと月ぶりの山行き


週末(日曜日)に冷たい雨が一ヶ月も続くとは。

5月24日以来の山行きです。残雪期から春を飛び越え一気に夏山に。





展望台駐車場から羊蹄山方面。

晴天が続いているので日中には霞んでしまい、いつも見られない遠望が清々しい。












正面に樽前山、風不死岳。その間のずっと奥に夕張岳。右端奥に日高山脈。

日高山脈が見えるのは年に何回もない。












ケルン台地付近に桜がかろうじて咲いていた。
















シラネアオイはほとんど花が落ち実を付けていた。
しかし登山口から直ぐの所や、羅漢岩稜線の一部で変色ぎみがほんの少し。
この1ヶ月で一番最初に咲いたシラネアオイと、最後まで残ったシラネアオイを見ることが出来た。






来馬岳


5合目からの登山道沿いに何ヶ所か見えるサンカヨウは既に実が付いている。


今年は花が見られずじまいかと思っていたら・・・










ここ一ヶ所だけ見事に咲いていた。

昨年、一番大きい葉(直径30cm)があったところと同じ場所。

7枚くらいの花が普通だが、裏にある蕾も含めると20枚前後も。



シラネアオイはオロフレ山と同じく2、3ヶ所で薄く咲いているだけでほとんど実をつけていた。



現在、10時。

オロフレ山から見えていた日高山脈も気温上昇とともに霞んできた。







帰路、リフト降り場の板場でゴロンと一眠り(45分)してから登山口へ降りる。朝が早いと眠い。





ひと月ぶりの山はすっかり夏山。

オロフレ山は少し風もあり早朝なので涼しかったが、来馬岳は午前中とはいえ暑かった。

来週はもう7月。8月も一週を過ぎたら秋風も吹くだろうし、季節のサイクルが年々早く感じてしまう。


たどり着いたらいつも雨降り


明日も雨模様。例年この地方特有の天候ですが、今年は札幌方面も週末は雨続きのようです。

6月は明日次第で一度も山に行かずに終わりそうです。

私の登山スタンスでは「春秋の雨は 風雪よりも強し!」と、言うところかも知れません。






話は変わりまして、

「羆撃ち」 久保 俊治/著 2009/4/25初版

北海道の人なら知っている方も多いと思いますが、1986年にテレビ放送されたドキュメンタリー「大草原の少女みゆきちゃん」のお父さんです。

DSCF0049.JPG大学生時代からエゾ鹿、ヒグマの猟を始め、就職せずに生活の糧として猟師の道を選びます。

単独で山に入りビバークを繰り返しながら羆を追って行く張りつめた空気感と気持ちの昂ぶり。

五感を研ぎ澄ませながら崇高な自然と対峙してゆくときの繊細な描写。

猟犬として育てた北海道犬「フチ」と山を駆けめぐる羆猟。愛情溢れる信頼関係と悲しい別れ。

登山愛好者、特に単独の山行きが多い方には感じ入る一冊になるかと思います。






私の場合、

楽曲を聴くときはYouTubeの音楽サイトからがほとんどです。

特に私の好きなフォーク系を多く投稿している「uchitama」さんがお気に入りです。

彼女(彼)?の、曲とマッチした画像がいつも胸にしみてきます。

画像をクリックyou.JPG


オロフレ山の不思議


3日前まで本日の天気予報は雲/晴れマークだったが、一昨日から雲/雨に変わってきた。

早朝に家を出るとき雨は無かったが、札内高原からポツポツ始まりカルルス温泉から雨模様。





DSCF0049.JPGカルルス温泉付近は強めの雨だったが、展望台駐車場では風も伴ってきた。

風は先週ほど強くないので30分くらい待機。

しかし、気温5℃で肌寒く雨粒も大きくなってきたため、中止。














2008年3月2日に気付いた不思議を、2009年4月5日に同じ場所付近で再度見受けていた。

時期は1ヶ月違うが、それとは関係なく毎年発生していると思われる。

当日、T氏と同行していたので聞いたところやはり、地熱の関係じゃないか、という同一感想。

どこに行っても火山帯の山域のなかで、それほど不思議ではないかも知れないが・・・。








一昨年まで土、日のどちらか良天日を山行きにしていたが、昨年から日曜日に固定しているため確率が悪くなってしまった。

春と秋の雨中登山が苦手な “オロフレOnly” であります。



日和ってタケノコ採りへ


今週も先週と同じように、天気予報は土日だけが雨。

夜中、雨音は聞こえていたが、4時半に目が覚めると止んでいる?

早速起きて、フロントガラスに雨が少し当たる程度の中、オロフレ山に向かう。




DSCF0049.JPG昨日、室蘭土木現業所のHPで6月4日(木)に展望台ゲート解除を確認済み。(昨年は5/29)

ガスの中、展望台(登山口)に着くが視界が無い。(先々週と同じ)

雨混じりの強風で、車のドアを開けるとあおられそうになる。

2,3時間もすれば少しは穏やかになりそうだが、今の状態で突っ込んで行く気にはならない。

気温も低く強風雨。こういうときの早朝登山は考えものと思ってしまう。

吹雪の場合は行ける所まで行く気十分になるが・・・。





DSCF0049.JPGということで、時期的にも最後と思われるタケノコ採りに方針転換し、来馬岳に向かう。

オロフレ山ほどの風は無いが、小雨が降り続いている中、目的地まで登る。

竹薮(笹薮)の中、全身運動並の2時間半を費やしタケノコ採りに集中。

意外に雨中の方が疲れを感じないと気がついたりした。

時期的に遅かったのと好天続きだったせいか、少し固そうだが沢山収穫できた。


画像は一部の量。




来週、オロフレ山と来馬岳はシラネアオイがいっぱいかな?



| ホーム |


 ホーム