FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

夏の雨のオロフレ山と来馬岳


昨日の夜は珍しく蒸し暑く感じられたので、多少雨が降っていても今日は入山と決めていた。

夜明け前のカルルス温泉近くの道路には、エゾ鹿、キタキツネ、テンなどが飛び出してくるので気を付けながら走る。




オロフレ山

頂上手前から下を見る

頂上周辺だけガスが無く、あまり絵にならない灰色一色の雲が、上と周りを囲んでいる。












チシマフウロ(千島風露)

何枚か撮ったがボケていなかったのはこれだけだった。












羅漢岩稜線に一ヶ所、低木に咲いていた花。調べてみたが名前は分からず。





羅漢岩稜線から頂上にかけ、登山道沿いには先週から引き続き、這弟切(ハイオトギリ)と四葉
塩竃(ヨツバシオガマ)のオンパレード。





下山した時の画像だが、入山時も同じように視界が悪く、頂上以外は霧に包まれていた。




入山時の気温17℃で無風。霧も暖かく感じた。












来馬岳

来馬岳頂上。

視界が無く背景も無いので、三角点の柱石に腰を下ろし横着な撮影。

登り始めて直ぐに弱めの雨が降ってきたため、傘を差しながら登った。

オロフレ山同様、風はまったく無かった。









来馬岳定番の山荷葉(サンカヨウ)左と白根葵(シラネアオイ)右の実が大きくなってきた。
登山道沿いにシラネアオイは多く見るが、サンカヨウは2、3ヶ所しかないので、実が黒くなって落ちるまで残っていて欲しい。







駐車場で犬の散歩中のホテルの方に出会った。ここ一週間くらい太陽を見ていないとこぼしていた。

今日は6月の1ヶ月間、山行中止にした(強風・雨・低温)とは違う、夏らしい雨の山行きだった。

今朝の北海道新聞に梅雨前線が異例の北上、太平洋高気圧が押し上げ。との見出し。

例年だとこの地域(太平洋側)はその中に入ることも多いが、内陸部(札幌方面)まで影響が及んでいるらしい。

海は夏が無く、山は短い夏で終わってしまいそう。
 



        

3連休1日だけ晴れてくれました


土曜から日曜昼頃まで天気予報通りの雨。

月曜(本日)も雨だとガッカリの3連休だったが今日は晴れてくれそう。



オロフレ山

今日の夜明け前は三日月と明るい星が一つ。なかなか良い感じで目立っていた。

コンデジでただシャッターを押しただけのため、手ブレで二個づつになってしまった。

今日は快晴と思いながら札内高原に来て見ると、オロフレ山のみに雲が被っている。

「相変わらずだなぁ~お前は・・」と思いながらオロフレ峠に向かう。






入山時気温10℃。

霧雨と風が少しあり寒かったが、羅漢岩稜線に入ると涼しさに変わった。

頂上稜線に入ると晴れているので、オロフレ山の標高900m~1,100mだけに雲。ということになる。

正面向こうの樽前山を雲が巻き込みながら流れている。







先週一気に咲いていたヨツバシオガマ【四葉塩竃】に混じって、今週はハイオトギリ(這弟切)が登山道沿いに咲いていた。

      



今日の下山時刻は6時20分。

展望台駐車場から太平洋を望む。

札幌ナンバーの二人組が入山準備をしていた。














来馬岳

昨年7月6日と同じ場所にナデシコ科の「ダイアンサス」or「テルスター」と思われる園芸種が咲いている。

鳥が種を運んできて根付いてしまったようだ。












いつもの頂上。

天気が良いので今日もリフト降り場の板敷きの上で30分ほど寝てから下山。














来週であっという間に7月が終わってしまう。

昨年何度かあった風が無くぬるい雨の中の登山が今のところ一度もない。

6月から続いた週末の風、雨、低温が今夏の特徴となったまま秋に変わっていきそうです。



今日も涼しいうちにオロフレ山へ


暑いのが苦手な私は、涼しいうちに入山するため、超早朝にオロフレ山に向かう。



オロフレ山

日の出時刻:根室3時48分。札幌4時06分。

当然、展望台駐車場(登山口)は日の出前。

実際は見た目以上に明るく、足元も入山にまったく支障は無し。

気温は12℃。









P1062コルを過ぎ、頂上稜線を少し登った所から樽前山方面。

太陽は黒雲の中に昇っており、雲の切れ目から陽を射している。

雲が切れていれば暖かい陽がオロフレ山稜線を照らしている頃。









DSCF0049.JPG広場か道路のように見えるが、ローアングルから撮った頂上。





















頂上から少し下りた登山道とヨツバシオガマ


今日は標高1000mくらいから頂上までずっと両脇にヨツバシオガマ【四葉塩竃】が列を成していた。
先週は黄色の蝦夷カンゾウが存在感を示していたが一週間で様変わりしていた。

この他にも何種類かの花がこじんまりと、所々に見られた。
5月末から毎週来ていたらもっと多くの花が週代わりで見られたことと思う。
しかし、そんなに花に興味がある訳でなく、咲いている事に満足しているだけの私である。






来馬岳

DSCF0049.JPG来馬岳の頂上で岩見沢から来た方と少し会話。

来週、子供を含めた団体登山の予定で、今日はその下見を兼ねた状況確認との事。

正解です!
不特定多数の集団を引率する場合、絶対必要な段取りと思う。

3年ほど前に来馬岳で2、30人の団体ツアーが、登山道の無いゲレンデを登っていた。
別に危険は無いが、踏み跡のない草ボウボウの急斜面を登っていた。
典型的な下見準備不足だなぁーと思って見ていた。


陽射しは無いが、寒さを感じないので昼寝(朝寝AM10:15)を決め込む。

暑くて目を覚ますと陽が照っていた。しかし直ぐにガスが湧いて影ってきたので起きて下山。


30分ほど熟睡していた。











オロフレ山と来馬岳の二つを登ると6~7時間を要するが、朝を早くしているので昼前には行動を終了できる。

冬が始まるまでこのパターンを継続できればと思っている。




健康のため今日もオロフレ、来馬へ


7月に入り天気もまずまず落ち着いてきた様子。

今日の時間予報は曇りマークが並んでおり雨の心配も無いようだ。




オロフレ山

DSCF0049.JPG展望台駐車場に着くと旭川ナンバーが一台。

今日の下山時刻は6時20分だったが、旭川ナンバーは静かなまま。寝坊してる模様。

先週の下山時刻6時40分頃には7、8台の車があったが今日は他に無し。





視界は50m未満。右上の登山口からいつものように入山。





陽が射さずガスっているので非常に涼しく微風が気持ち良い。

頂上パイプの下に咲く紫色の花は頂上稜線脇にたくさん咲いていた。

いつもブックマークの「オロフレ山に咲く高山植物」で対照するが名前が分らない。

今週になって咲き出した花を何種類か撮ったが皆ピンボケ。どうも近づき過ぎるようだ。





これが少しだけましに撮れた「赤物」という名の花。

羅漢岩稜線登山道脇に一ヶ所「踏まないでくれー!」という感じで咲いていた。

直径5mmもあったろうか?













来馬岳


今週の来馬岳は目立って咲く花も無く、先週咲いていたサンカヨウも今日は実に変わっていた。














DSCF0049.JPG頂上で東京から来たという中高年夫婦としばし会話。

東京から来て何故に来馬岳?・・人の多い山は敬遠しているとのこと。
オロフレ山も予定に無いらしい。

明日、徳舜瞥山を予定。

オロフレ山の右横に浮かぶ姿を見せてあげたかったが、雲が切れてくれなかった。












さて、警察庁から2008年度の山岳遭難の概況が発表されました。

遭難者は1,567人で中高年が81.1%  55歳以上が全遭難者の64%
死者・行方不明者281人で9割強が40歳以上の中高年。
単独登山者が増加。
長野、富山、北海道の順に多い。





オロフレ山と来馬岳にしか行かない私でもその狭いエリアで無理をする傾向があります。

一応、気持ちだけでも反省しなければ・・・。



| ホーム |


 ホーム