FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

紅葉が少しづつ


秋晴れと適度の雨でメリハリが利いた一週間。

先週に続き今日も快晴模様の夜明け前を、オロフレに向かう。


※1日遅れの更新です





オロフレ山

P1003付近から見る稜線裏の東の空は、夜が明けている時刻。














頂上手前から洞爺湖と、左向こうに噴火湾。

風も無く良い天気。













帰路、羅漢岩稜線から下を見ると紅葉が始まりかけている。
















来馬岳

オロフレ山をちょっとズームアップ。

前衛の羅漢岩は、木々の葉が枯れ落ちると灰色肌が目立ってくるはず。















オロフレ山域全体の紅葉が少しずつ進んできた。

ひと雨ごとに冷たさが凍みてくる時期だけに、週末だけは何とか晴れて欲しいなあ~ と思う。


秋晴れのオロフレと来馬


連休の週間天気予報が修正され、後半は少し崩れそうです。

しかし、今日、明日は秋晴れの絶好の登山日和になりそう。

晴れた夜明け前の東の空に、星が一つだけ大きく輝いている。(金星?)




オロフレ山

P1062手前のケルン平から見る羊蹄山がスッキリ。

登山口駐車場に車が2台あったが、先行している気配が無い。




対面の1077峰(最近はカルルス山と云うらしい)に入ったのかと思っていたら・・・





頂上にテントが2張り。

目的は分らないが夜を明かしたようだ。















来馬岳

ゲレンデは草刈り整備が終わり、シーズンを待っているところ。


歩く傍からバッタ類が気持ち良さそうに飛んでゆく。










苫小牧、日高方面の海岸線が、いつもより増してスッキリ見える。

今日は時間が経つほどに視界が良くなってくるようだ。













来馬岳の登りは少し暑かったが、爽やかな秋晴れの一日だった。

5合目から頂上まで、NHK9時からの日曜討論を、ラジオで聴いて登ったので飽きもこなかった。




今日は山行き中止


夜明けの1時間前に起きて外を見れば、シトシトと雨降り模様。天気予報では昼から晴れるらしいが、早朝入山が無理そうなので今日は中止とした。


7時頃に雨は上がっていたが、今からという気にもなれずやはり中止。





昼から妻に付き合って登別温泉地獄谷遊歩道の散策に出かけた。







大雪山旭岳は早初冠雪。

オロフレ山域はあと2ヶ月近くも待たなければならない。





先週より少し暖かいオロフレ山と来馬岳


夜明け前、起きて外に出ると空気が暖かく感じる。先週に比べ気温は高そう。

いつものように日の出時刻頃入山に間に合うよう、峠展望台へ車を走らせる。

ヘッドライトに飛び込んでくる虫類がめっきり少なくなってきた。





オロフレ山

入山時気温14℃。風弱し。

登山口は視界がほとんど無く、駐車場の端から端が見渡せない。





下山した時も同様の視界で、他車のバタンというドア開閉音が聞こえたが、車は見えない状況。




白色の梅鉢草も終了時期に入り、登山道沿いは青色の蝦夷御山竜胆が中心となっている。














頂上の視界は50m。

終始、ガスの中で、足元だけを見ながらの登山だった。














来馬岳

ゲレンデ終了点から上はスッポリ雲に覆われている。



青空に見える部分も本当は曇りで、カメラが悪いのか技術が無いのか・・・









登山口駐車場に車が9台。先行者が9人。



5合目で追いつくと草刈り機を持参していた。











地元山岳会による秋の草刈り作業とのことです。


お疲れ様です!いつもありがとうございます!


今日は頂上から1077峰方面の整備とのことでした。












来馬岳から下山中、第2リフト付近で雨が少し降ってきた。

そして登山口で、レインウェアを見事にしっかり着込んだ30名くらいのツアー集団。

カッパ無しの傘を差して下山してきた私の服装とはかなり違う感じ。




再来週の5連休は大きな山に中高年登山者がドッと繰り出すだろう。

時期的に初雪を含めた季節の大きな変わり目であり、天気が荒れないよう祈るのみである。


| ホーム |


 ホーム