FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今日から冬時間のオロフレ


この一週間は雨の日もあったが、比較的落ち着いた天候。

平地が荒れた雨模様だと山に雪がドカンと降るが、今週は積雪増にはなってなさそう。





入山時気温-4℃

札内高原から見るオロフレ山は、白く輝いた三角錐が良い感じ。

コンデジで撮ろうとしたら突然、先週と同じ状態になったので、今日も携帯カメラ。

先週、真っ白だった草原は12月真近とは思えない秋の色。








展望台に着いたのが10時21分。

カルルスゲート開門が9時なので、時刻的に仕方なし・・か。












1062P手前のケルンに着いたのが12時。

先週に比べ早いペースだが、早朝に入山できた先週と違い、時刻的に頂上はギリギリ。




ここで撤退。
















来週は早12月。

年内の夏道ルートは例年頂上に行ける確率が低いので、来週ものんびりゆっくり。





冬山が始まった!


土曜日の朝、カーテンを開けると外は真っ白の世界!

5cmほどの積雪なので、オロフレはかなり積っているはず。

明日(日曜日)のことを考え一応、室蘭土現担当の携帯に電話を掛け状況を聞くと、通常通行しているとのこと。


11月26日から峠は時間規制に入り、カルルスゲートの開門が9時になるため、早朝入山できるのは今年最後になる。





入山時気温-6℃ 下山時気温-3℃

道道分岐の駐車スペース周辺の積雪は15cmくらい。

昨年11月23日のように除雪しなくて済んだ。

先々週とは打って変わった景色になっている。










ゲートから展望台までの積雪は20~30cmで、サラサラの粉雪。

両脇の木々は湿雪の後に乾雪が舞ったようで、その分太くなってしまい重そうだ。











さすがに風の通り道。展望台駐車場に積雪は無く、薄い氷結面だけの姿である。














登山道に入るとラッセルは膝くらい。

そして所々、潅木が行く手を遮ってくるようになってくる。












デジカメのシャッターが下りなくなったので携帯カメラに変更


初冬のオロフレ山夏道コースの基本。

ピッケルを振って潅木の雪落とし
かがんでの通り抜け
四つん這いでのくぐり抜け


何十回と繰り返されることが、ラッセルにプラスされ消耗要因になってしまう。







ここまで3時間かかっている。

ゲート開門9時の来週以降なら、12時を過ぎている頃になる。このあたりで撤退だろう。



しかし今日はまだ時間の余裕があるし、天気も良くなってきた。(夕方から崩れる予報だが)


画像ではベタ雪に見えるが、雪は乾いている。



頂上稜線の登りを含め、登山口からラッセルの平均は膝くらい。


やはり、潅木帯の全身運動がジワジワと足にきているようだ。




「ラッセル交替!!」


と叫んでみるが、後続が居る筈も無い。








頂上は風無く穏やか。積雪15cm。


5時間25分も掛かってしまった。

先々週の雪無しで2時間なので、「さすがに冬山だ!」と妙に納得。

とはいえ、昨年12月14日が3時間30分だから、いかに冬山は諸条件次第で所要時間に差が出来るかが分る。





下山した頃には日が暮れてきた。


下山に3時間30分掛かり、展望台からの道路2.5kmは足が重たかった。





















冬のオロフレ山で一番、時間を要した日だった。

来年、似たような条件ならば、あと1時間以上は早く入山しなければと反省。


来週からカルルスゲート9時開門なので、「下山時予定刻から逆算し、折り返し点をどこにするか」の登山となる。




雨・・・中止


昨日の日中は雨だったが、夜寝る頃には星空が広がっていた。

翌日の天気予報は雨なのにおかしいな?と思いながら就寝。


そして今朝、外に出ると空は全面灰色雲に覆われ、雨がポツポツで天気予報どおり。

平地が雨、山は雪というパターンをちょっぴり期待していたが、気温が高いのでそれはありえなかったか、と思い山に向かう。






展望台ゲートに着くと雨足が強くなってきた。

でもそれは一時的なもので、止んだり小雨になったりするため、20分くらい待機する。

ラジオから聞こえる天気予報は下り坂を伝えてくる。


雪山直前の雨山は嫌いなので本日中止。









家に帰ってからの天気は、晴れ、曇り、雨を何度も繰り返す不安定な空模様。

近くから見える来馬岳とオロフレ山は、ずーっと雲の中である。



オロフレ山は今日現在、積雪ゼロと思われるが来週はどうなっているか・・・。

過去4年間の同時期は適度な積雪を踏み頂上に行けたり、ラッセル深く消耗の末、途中撤退もしている。

もし来週、雪が無かったら例年にも増して暖冬傾向になってしまう気がする。




今週からオロフレ山Only


展望台ゲートが11月4日から冬季閉鎖。

1月からの登別・壮瞥ルート解禁まで通うことになる夏道ルートは、往復5Kの車道歩きが加算されることになる。

オロフレ山下山後の来馬岳への継続は終了し、来年春までオロフレ山Onlyとなる。






気温が高く、入山時6℃。

ちょうど日の出の時刻。

画像で見るより、周辺は十分明るい。











7時ちょっと前。

展望台(登山口)は、いつになく風も無く穏やかである。












昨日と思われる登山者の足跡がペタペタ。



周辺1500M以下の山に積雪は無く、冠雪しているはずの羊蹄山は霞んで見え、上部は雲がかかっていた。












昨年、一昨年の同時期は、入山時気温が氷点下になっていた。

やはり今年は例年にも増して暖かいようだ。





雪でなく雨模様なので中止


夜半に目が覚めたら、雨音がピタピタ。

「今日はグーンと冷え込み、平地が雨でも山は雪が積る!」と思っていたが体感気温は高め。

天気予報通り雨模様なので、目覚ましのスイッチをOFFにして二度寝。

起きた頃に雨は止んでいたが、泥だらけの山道がイヤなので今日は中止。





自宅庭の灯台躑躅 (ドウダンツツジ)
自宅庭の更紗灯台(サラサドウダン)


【2008年6月2日】撮影


30年近く目の前に有りながら、まともに観察した事が無く「こんなに花が沢山咲くんだ!」と感心しながら撮っておいた。

しかし、今年は一粒も咲くことが無かった。(調べると1年おきらしい)








【2009年10月17日】撮影


伸ばしっぱなしでバランスの悪い木だが、毎年きれいに紅葉する。




今は既に、全ての葉は落ち切っている。








11月3日で展望台ゲートが閉鎖となる。

夏はハイキング気分で登れるオロフレ山に、ピタッと登山者が途絶え静寂なる時期が来た。





| ホーム |


 ホーム