FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今冬2度目の頂上


昨日はたっぷり水分を含んだ雪が一日中降り続き、千歳空港では午後から欠航が相次いだ模様。

今朝、札内高原(標高200~300m)を通ると、積っている雪はそれほど湿っていない。

カルルス温泉を過ぎ、標高を上げるほど雪は乾いている。



今日は登別ルートへ。

例年は沢に雪がドッサリと詰まった年明けに入るが、くったらさんのブログを参考に打診的に入山をしてみる。




入山時気温-6℃ 下山時気温-5℃

昨年着けたテープを目印に沢から外れ、斜面に向きを変える。


全然クラストしておらず、20cmから膝上ラッセルの繰り返しで稜線へ上がる。


斜上は山側の足を上げるのに一苦労のため、ほとんど逆ハの字で直上。






写真は1062Pから。頂上は見えるピークのまだ向こう先。稜線はクラストしているようでしていなかった。

コンデジで撮った後、時間を見ると12時27分。こりゃ時間的に頂上は無理!と思ったら今日の日付の数字だった。

現在11時58分。

頂上に行って車に戻れるのは14時30分頃か。ラッセルきついけど天気も持ちそうだし頂上へ向かう。



頂上の積雪60cm。


冬季オロフレ山に入る前の11月8日、緑のビニールテープを20cm間隔で捲いておいた。

右横上に頂上板看板の頭がちょこっと見える。









下山しながら振り返って。

中途半端に付着している雪を踏みつけながら登った跡。

夏であれば自然に出来た急傾斜の岩に足を乗せながら登るが、今は空洞を造っているのみ。

















登る時はきれいなに整ったラッセル跡も、下山時は成り行き任せで足を運ぶのでグチャグチャ。



登別ルート出合着:14時43分

年明けの2週目頃には砂防ダムも埋まっているだろう。















冬山が始まって二度目の頂上だった。

年内は今のところ穏やかなオロフレ山であり、ウインドクラストの傾向が見られない。

来年はもう少し登り易い状況になってくれれば嬉しいのだが。






夏道は頂上遠し


この一週間、一気に冷え込んだ。(全国的に)

ただ積雪量に於いて、この地域の平地では多くもなく平年並みと思う。



さて、先日来不調だったコンデジが寿命のため新しいのを購入。

前のは9年ほど使用したが、ここ何年かの山での酷使に耐えられなかったようだ。


今日撮った写真は何故か紫色になってしまい、取説をしっかり読まなければ・・・





8時56分:カルルスゲートを一番で入り峠に向かう。














入山時気温-9℃  下山時気温-9℃

先週60cm以上あった展望台ゲート前は、自衛隊さんの除雪が行われていた。


そして地元山岳会の車が7~8台。
知った顔がちらほら。

1077峰方面に入るとのこと。

20~30cmの新雪が積っているので、スキーには絶好の条件。





道路歩きをしているとき、遠くからエンジン音が聞こえていた。



展望台に着くと、山に響き渡るごう音と共にスノーモービルが3台。



どうせなら朝一番で入ってくれれば、20cm以上のラッセルをせずに済んだのに。




展望台(登山口)周辺がクラストしていたので、夏道に入らず右斜面を直上したら、直ぐに笹薮ラッセルになってしまった。

画像に見えるのは小岩峰。

夏道を行かず右手のクラストしている羅漢岩稜線に上がったら、ハイ松帯に掴まってしまった。

今年はウインドクラストの発達が遅れているようだ。オロフレ特有の強風が少ないということか。

この場所から小岩峰まで、夏の登山道なら5分くらいのところ、30分かかってしまった。


小岩峰基部:12時05分。



ここで撤退。



足を捕られて苦労した展望台までのラッセル跡を忠実に辿り下山。






展望台からゲート前まで、スノーモービルで圧雪された道をテクテク戻ってきた。




誰もいない「祭りの後の静けさ」のような車デポ地着:14時16分。











夏道ルートの場合、引き返し点時刻を12時前後に設定している。

到達点は状況によって小岩峰、ケルン台、1062ピークコルと、それぞれ毎週違う。

夏と違い、冬のオロフレ山に飽きが来ない理由がここにあるのかも知れない。


夏道ルートで頂上に行けるのは年内1~2回くらいが平均なので、登別ルートに入れる年明けにならないと頂上は無理だろう。






例年並みの積雪になったオロフレ山


昨日(土曜)は、先週と似たような天気で昼頃まで雨が降り続いていた。

ただ風を伴っていなかったので山の荒れ模様はどの程度?


そして今日。峠に向かって標高を上げていくほどに、除雪された雪がブロックの塊になって道路両脇に跳ねられている。





入山時気温-5℃  下山時気温-7℃

展望台ゲート前は案の定、どっしり重たい60cmの積雪。

積った後、気温が下がったので先週とは違い水分無くカチンカチン。

アルミのスコップも歯が立たず駐車スペースの除雪は不可能。

室蘭土現は絶対に除雪をしない。

例年、自衛隊さんが雪上訓練要のため機械で除雪してくれる頃だが、今年はまだのようだ。



1077峰に入る「くったらさん」が来ていたので、ゲートからここ取り付き点まで10分ぐらい同行。




道路歩きは全くラッセル無し。乾雪のドカ雪と湿雪のドカ雪でこうも違うものか。







登山口からの夏道はすっかり埋まっている。


潅木帯の隙間を縫うようにあっち行ったりこっち行ったりしながら登る。


右手の斜面はまだ笹薮周りがズボッと埋まる。(来週以降はOKだろう)







1062ピーク下のケルン。

これだけ埋まっているのも珍しい。今年は強風で雪が飛ばされていないようだ。(雪質が重たかったため?)













羅漢岩稜線斜面、小岩峰斜面、1062ピークの捲き道など、L字型に掘らさった夏道はすべてトラバース斜面に様変わり。

固い圧雪の上、ワカントラバースのため足首にかなり負担を感じた。



頂上稜線下の1062ピークコルまで登って時刻は11時50分。

頂上方面はゴーゴーという風のうなりが凄い。

晴れていれば突っ込むところだが、頂上に行ったとして下山終了時刻は多分日没16時頃になるだろう。



ゆえにここで撤退。  (下山予定時刻:14時頃)




帰路、吹雪に煙る羅漢岩。

厳冬の厳しさを見せている。




こういう姿が見れるからオロフレ山に通っているのかもしれない。







予定通り、下山時刻14時。


車は初めて幹線道路に駐車した。

吹雪くと通行に支障が出るかも知れないのであまり良い事ではないが・・・。













この1週間で昨年同時期より積雪量が多くなった。


本当は寒暖でバランス悪く積るのでは無く、乾雪が圧雪を繰り返しながら増えていって欲しかったのだが・・・。




12月の雨と雪


昨日(土曜)は夕方から就寝するまで、雨を伴った強風が吹き荒れていた。

普通なら山には雪がドサッと積っている筈。ただ気温が高いので?



雨が上がった今朝は暖かい。






入山時気温1℃  下山時気温-3℃

展望台ゲート前は、水分をたっぷり含んだ30cmの積雪。

以前の積雪に、どっしり乗っかた分の除雪に15分。



重い雪で、山へ入る前に息切れがしてしまう。







歩き出すとみぞれ状の細かい粒が降ってくる。

風が無く暖かいので、中から汗をかき、外から濡れるパターン。

ゴアのウェアは水を弾くが、ただ濡れながら2.5kmの平坦な道路を歩くのは馬鹿らしい。

そうなる事を予想して持ってきた傘を開く。冬山で傘を差すのはおそらく私ぐらいだろう。(夏、秋でも私以外見たこと無いが・・。)




羅漢岩稜線の平坦な夏道は、一部であるが斜面トラバースの道に変わっている。

来年に入るとこの辺りの潅木帯は埋まって、右上の稜線に沿って行く事になる。(毎年同じことを書いてる気がするがご勘弁を)










小岩峰基部着。11時55分。

下山に2時間かかるため、ここで撤退。

暖かかったのは展望台までの道路歩きだけで、登山口に入ると風を伴った細かい雪が、北風と供に吹き付けてくる。

気温が下がり始め、水滴が付いていた腕周りもゴワゴワと凍り出した。






登山口まで下りて来たが、足跡は既に埋まっている。


1003ピーク付近の尾根からの下りで、ちょっと手前を間違えて下りてしまった。

10mくらいだったが、ズボズボと埋まるのでおかしいと気付いた。


風があると浅いトレースは帰りに消えているので、今時期はボヤッと出来ない。



車はバリバリ凍っていた。


















明日から気温が下がるので、昨日の湿った雪と今日から降っている乾雪が層になりそうだ。

春先に多い寒暖の差が、初冬に来たというところか。


オロフレに通いだした頃、アイゼンの必要性を感じなかったが、3年前より年々使用回数が増えている。(寒暖の差による斜面のアイスバーン率が多くなっているため。来馬岳も含めて)





| ホーム |


 ホーム