FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

今期初めての壮瞥ルート


今日の天気予報は日中晴れて気温が上がり夕方から崩れる模様。



入山時気温-3℃  下山時気温-2℃  頂上気温-4℃

札内高原から見るオロフレ山は珍しく雲が掛かっていない。


新雪もそれほど積ってなさそう。


今期初めての壮瞥ルートに入る予定。








壮瞥ルート出合から20cm程度のラッセル1時間で1003Pに上がる。

東壁の頭に黒い物が見える。あんな所に太い木があったかな?と思ったら動いたので人と分かる。

運転免許証は眼鏡使用だが、目はそれほど悪くないので山でメガネをかけることは無い。

後で聞くと登別ルートから登り、高い位置から写真を撮っていたとのこと。




ズームで撮ったのを家で見ると、結構ハッキリ写っているものだと感心。














小岩峰辺りから昨日と思われるスキーのトレースが見え隠れしていた。



頂上稜線から見下ろすと斜面に遊んだ跡がくっきり。

丁度、あのあたりでスキーを脱ぎツボ足で登ったようだ。






順光なのに何故か真っ白。

先行者は近郊の方で写真撮影から山に向かうようになったらしい。

私のブログを参考に登別ルートから入ったとのこと。

今後も写真目的でオロフレ山に来るというので偵察を兼ね、帰路のルートを壮瞥側に取る事を勧める。

壮瞥側の私の車でトンネル内の登別側駐車帯まで送る。





1月最後の厳寒期がこんなに暖かいとは!

帰路、標高1000m以下の斜面の下りは、重ための春に近い雪質だった。

平地では最近、一日毎の寒暖の差が極端だが、山はそうでもなくアイスバーンの箇所が例年より少ない。

コンデジはいつもなら家に帰っても冷えたまま結露状態で濡れているが今日は乾いていた。



いつもの頂上に戻ったオロフレ山


荒れることも無く穏やかな一週間。

カルルス温泉に向かう道路沿いも雪はそれほど増えていない。

風無く晴れであれば壮瞥ルートも考えたが、風が有り天気もめまぐるしいので登別ルートにする。



新しく購入したコンデジの利用が下手なため良い写真が撮れない。

暫くの間、枚数は少なめにアップです。





入山時気温-7℃ 下山時気温-7℃ 頂上気温-10℃

ルート取り付きから下部斜面2/3は圧雪クラストで、埋まっても足首ほど。

上部は膝ラッセルになったが雪に粘りがあるので足と取られること無く登り易い。

稜線手前の一瞬の青空はすぐ消える。


平地からオロフレ山を見れば、1000mから上は雲の中のいつもの遠景だろう。





小岩峰尾根辺りから風が強く、ケルン平も風に振られながら歩いた。

ただ吹き溜まり以外は圧雪クラストで、1062Pへの斜面も先週のようなラッセルは無い。

ここ1062Pの肩で風をよけながらいつものように行動食を摂り、頂上へのエネルギーにする。







1062Pコルで強烈な北西風を受け、頂上稜線は顔をそむけながらの登高になった。

頬と鼻の一部が2、3日したら薄くむけるパターン。


そして頂上に来てビックリ!

先週と打って変わり、いつもの平らなオロフレ山頂上に戻っていた。

3mほどの高さがあった雪稜は吹き飛び、頂上パイプが復活していた。

積雪は110cm。風の威力は怖ろしい!





今日は膝ラッセル20%、圧雪クラスト70%、アイスバーン10%。

やはり風が吹いてくれないと毎週のラッセルはきつい。

先週に比べ45分早く下山できた。

雪が頃良く締まって来たので来週から壮瞥ルートに入れそうだが、2月の間は晴天が約束されないと頂上は厳しいので、さてどうなるか?



オロフレ山にいつもの頂上が無い!


平地では小刻みに雪が増えており、冷え込みも厳しい日が続いている。

今日の天気は午前中晴れマークで、昼から悪そうだが大きく崩れることはなさそう。

山の天気は今日荒天であっても明日にかけて上り坂(気象用語に無い)だと精神的に楽。
逆に今日好天であっても明日にかけて下り坂だと不安要素となる。

アクシデントが有った場合を想定するからであるが。






入山時気温-10℃  下山時気温-9℃  頂上気温-12℃

登別ルートの取り付きから稜線に出るまでキツイ膝ラッセル。

先週のパウダーほどではないが、少しは軽いので助かる。


頂上だけ相変わらずいつものように雲を呼び込んでいる。







今日は唯一、ここ(小岩峰手前)とケルン平付近と頂上手前だけがクラスト。



先週の登りと下りの足跡が象足となって残っている。

特に風の強い場所なのでたまに見られる。




が、頂上では全く逆の現象が起きていた。









頂上稜線下部の急斜面で、久し振りに胸ラッセル。膝で雪を落としながら地道に這い上って登る。


オロフレ山頂上で見たことのない景色!

高みを目安に頂上に来たので、左側の雪稜に上がってから頂上でない事に気付く。

ピッケルを刺した場所辺りにある筈の頂上パイプ(1.3m)が見当たらない。


先週、頂上パイプの周り以外が盛り上がっていた。
この一週間で適度な風と多量の雪が北西側を一気に押し上げたようだ。






初めて見る頂上の変容に驚いた。

昨年は標高1000付近で積雪が多く、頂上は風で飛ばされて少なかった。

今年は上も下も積雪量が多く、毎週書いているようにオロフレ山特有の強風が吹いていない。





2010年”初オロフレ山


平地は年末から荒れた天気が続いていたが、最近は落ち着いている。

今時期としては積雪が多い状況。


山も多いかな?と思いながら2010年初のオロフレ山に向かう。





入山時気温-8℃ 下山時気温-7℃ 頂上気温-10℃

登別ルートから稜線に上がったところ。


ここまで1時間ちょっと。


パウダーの新雪ラッセル(平均膝くらい)









小岩峰尾根を下り終え、雪原から1062Pに上がる。



潅木帯はほぼ埋まっている。2週間前は木々の隙間を縫うように登っていた。









頂上ひとつ手前のライン。

風が弱いため新雪がそのまま積ったような山容。

見た目は良いが、ラッセルを強いられるだけである。

あそこを越え、10分で頂上。







頂上のパイプを目安とした積雪は80cm。


パイプ周辺だけがくぼ地のようになっており、頂上全体の積雪は実質100cmくらい。











小岩峰を側面から。

往路のラッセル跡は地吹雪で消えかかっている。












登別ルート出合で工事が始まっていた。

工事看板には雪崩防止柵工事と書いてあった。















冬山が始まってから感じていたが、今期はオロフレ山特有の強風の日が少ないようだ。

今日はラッセル95%、クラスト雪面5%。

来週以降もラッセル、ラッセルのオロフレ山になりそうだ。







DSCF0049.JPG
ドイツ映画祭2008...Nordwand「ノース・フェイス アイガー北壁」


3月20日以降主要都市で順次公開
(札幌以外は無理かな?)


“Trailer” をクリックで予告編




ドイツ映画らしい重厚な感じだが、はたして・・・。







| ホーム |


 ホーム