FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

オロフレ山は早すぎる春模様


平地では週半ばの夜に強い雨。そして昨日は快晴。

カチカチのアイスバーンになっていれば登りやすくて嬉しいな!である。

しかし、市街地から見る三角錐のオロフレ山に黒い部分が見える。(雪が融けたかな・・)



今日の朝は灰色の雲空模様。放射冷却成らずでカキーンとした冷え込みも無い。

ただ晴れて気温が上がり午後の下山時、グサグサの雪になるよりましかな、とも考える。





壮瞥ルートから入ると適度なクラスト。

ラッセルで苦しんだ先週と打って変わり、雪斜面の締り具合は春そのもので、圧雪になっていた。

尾根に出るまで昨日?と思われるスノーシュー跡をワカンで踏みながら登る。








木の廻りにこの融雪が現われると春が来てしまったか、である。














壁の雪も、雨と晴天で落ちてしまったようだ。















東壁の頭に着き先を見れば、5人パーティが小岩峰の肩を歩いている。

朝、カルルス温泉ゲートから先行していた車2台が、トンネル内駐帯に停まろうとしていたので、登別ルートから入ったようだ。










小岩峰を登って遊んでいる。

近年出会う、ストックを持ったオロフレ山登山者と違い、アイゼンとピッケル装備の5人パーティ。

小岩峰まで行って会話をすると、私が20代から30過ぎまで10年ほど在籍した山岳会の方たちだった。

私が会を離れてからの人達で、知っている人はいなかったが懐かしい想いが沸き起こる。


「どうしてストックじゃないの」「滑ったら止められないから」・・・さすが、私の所属した山岳会!


頂上稜線に入った所でワカンキックステップで対応できずアイゼンを履く。

しかし、一部の尾根は岩肌が現われアイゼンでガリッガリッ。こういうパターンは初めてのような気がする。



まるで3月末の様相。






昨日、市街地から撮ったオロフレ山と来馬岳。

ズームしているので本当はもっと遠くに見える。

上の画像の、稜線の黒い岩肌部分は赤線のあたりになる。









頂上だけが視界無し。ただ、風が無いので寒さを感じず厳冬期(2月末までを基準)らしさも無い。

多分、下から見ると頂上のみに雲が掛かっていると思う。(オロフレ山特有)

下山に入ると曇り空ながら視界は有るし、出合に下りた頃には青空も見えてきた。










2月末の雨とともに一気に融雪が進んだようだ。

ただ頂上の雪は風に吹き飛ばされていないため、頂上パイプ(130cm)が見えないほどに多い。

来週から、今年は早めの積雪期登山になりそうだ。




晴天!ラッセルのオロフレ山


昨日の日中は強い雪が断続的に降り続いた。

夕方に止んだが強風を伴っていなかったので、山は積っただろうなと想像。




入山時気温-9℃  下山時気温-6℃

家を出てからルートを壮瞥・登別どちらにするか、車を運転しながら考える。

カルルス温泉近くから見るオロフレ山は真っ白く光っている。

天気は良いが「今日はラッセルだぁ~!」ということで、最短の登別ルートに決める。








ルート出合から膝~股下までのラッセルで稜線抜け口の緩斜面へ。

いつもの1.5倍の時間を要した。

先週と違い天気が良いと多少時間が掛かっても精神的余裕を持てる。まして日没時間が遅くなって来るのが嬉しい。








頂上稜線を1/3ほど登り右下を見ると、思いも寄らないところに山スキー登山者がいる。


どこから入ったんだろう?・・後で聞いてみようと思いながら頂上へ向かう。










頂上稜線で両足踏み抜き2回。(胸まで陥没)
一回は体勢を戻すまで一苦労。

今週も頂上パイプは見当たらず。

ゆえに積雪はどのくらいなのか見当が付かない。

風も無く暖かいのでゆっくりし休憩してから下山に入る。






下山途中で、登って来る後続者と会話。(札幌の方)
入山ルートは
壮瞥側駐車場→展望台駐車場手前の閉鎖道路→1003P・・・羅漢岩稜線を見てルートを変更。
1062Pコルを目指して尾根・沢・斜面をクリア・・・頂上。

登路を引き返すとなると時間的にあまり余裕が無いので、下山を私と同行するよう勧める。
彼が頂上を踏んで戻ってくるまで旧三角鉄板岩で待つ。



彼が1062Pコルからの南西斜面にデポしたスキーを取りに行っている間、私はケルン平まで下る。

1062Pを捲く夏道近くをトラバースして来た彼とケルン平で合流。











帰りの疲労を考え、歩幅を小さくしたラッセル跡を忠実に辿りながら、小岩峰~分岐~登別ルート斜面~出合へ。

トンネル向こう側の壮瞥側駐車場まで送り、別れとする。





初冬から強風、烈風が少ない年だが、今だにそれが続いているようだ。

これから3月に入ると寒暖でクラストしてくるが、帰路には融けるのでどうやら今年は楽させて貰えないようだ。




オロフレ山と室蘭岳



今日の天気は良いんだか悪いんだかハッキリしない予報。



入山時気温-11℃   下山時気温-9℃

壮瞥ルート出合に昨日と思われるスノーシュー跡が残っていた。

少し楽が出来るかなと思ったが、浮力の違いやジグザグなのであまり利用せず、いつものように直線的に登る。










沢から尾根に上がり1003Pに向かう。

画像は振り返って下を見たところ(右下にオロフレトンネルがある)


















1003Pから羅漢岩稜線ルート。















頂上パイプ(130cm)は見当たらず視界10~20mくらい。

1062Pから頂上まで風がきつく、顔面廻りはバリバリ状態。

ズボッと腰まで両足踏み抜きがあったりで、足元の状況が分らないのは辛いものだ。








下山に入ると往路のラッセルは風雪に埋められているため時間短縮が出来ない。

膝上ラッセルした小岩峰下部のトラバースも埋まっており、ガッカリの登り返し。

今、13時53分。ここで思案・・

風と視界不良で羅漢岩稜線は時間がかかりそう・・

よって、登別ルートにエスケープすることに決める。



雪崩防止柵工事をやっている、登別ルート出合。

稜線でうなりを上げていた風は、沢に入るとピタッと止んでいた。











約1kmのオロフレトンネルを登別側から壮瞥側に歩く。

通り抜けた車は1台だけだった。(真冬に人が歩いているのでビックリさせたと思う)

画像はほぼ中間部にある標識。











やはり壮瞥ルート(羅漢岩稜線)は好天が確保されてないと時間的に厳しい。

“行きはよいよい帰りは怖い。”

ただ、エスケープルートを取れるところが心強い。





室蘭岳

2月11日、室蘭岳手前の街まで、朝に送り、昼過ぎに迎えの用事が出来た。

一度、家に戻るより4時間あるので西尾根~夏道が登れそうだ。

4~5年前の冬、20数年ぶりに登った時以来。




白鳥ヒュッテ裏の樹林帯から左に西尾根、右に頂上が遠く高く見える。


しかし、実際に登るとそれほどの距離は無い。











朝一番に入山した先行者のスノーシュー跡をワカンで辿る。

樹林帯から西尾根の急登斜面、クラストした稜線など全てトレースされている。

見晴らしが良くなると、頂上付近や稜線ルート沿いに人影が見え隠れしてくる。








頂上から見えるオロフレ山、来馬岳は霞んでいる。


直線距離で来馬岳まで12km、オロフレ山まで17km。












久し振りの室蘭岳は相変わらず人の多い山だった。
しかし、中(ちゅう)というより高年登山者のほとんどが、長靴(マリンブーツ)を履いているのに驚いた。
軟らかい長靴に軽アイゼン、10本爪アイゼン、スノーシューなどを装着、又は無し。
作業ズボンにジャンパースタイルの、散歩中と見間違えてしまいそうな人も。

何年か前の春先に、アイスバーン斜面で滑落死亡事故があったはずだが・・・

そして、頂上から下山のため夏道に向かうと、右下方向から登って来る人が多くいる。
そばにいた人に聞くと冬道(スキーの登りルート)も一般ルートとして使われているらしい。
それではと方向を冬道に変え下ると、スキーと歩きで圧雪された道筋が水神社まで一直線に伸びていた。

昔、冬の室蘭岳を登るには幹線道路沿いの望洋台霊園からスキーを使って歩くしかなかった。
1987年のスキー場開設以来のアプローチ短縮と、近年の登山ブームが相俟って夏冬関係なく賑わっている。

もはや、冬の“室蘭岳南西面”は山岳という概念に、ほど遠い域になったようだ。




オロフレ峠通行止め→来馬岳


平地では昨日夕方から風雪が強くなっていた。

夜半には治まっていたが、今朝、室蘭土現にTEL入れると案の定、オロフレ峠は終日通行止めにするとの事。





積雪は大したことなさそうだが、地吹雪のため除雪作業は止めたようだ。














例年の如く、圧雪車で固められたコースの端を登ってきた。




現在9時12分。リフトは強風のためまだ動いていない。








ダイナミックスコースを登りながら下を見ると、ボードを背負った二人組が後続して来る。



ここは浅いキックステップで高度を一気に稼ぐことができるコースである。















馬の背に上がったところで追い越される。

元気の良い若者が連れの女性のボードを引きずりながらグイグイと登ってゆく。












頂上に上がるところ。


スノーシューはクラストした急斜面にフラットにして登るしかなく、女性は難儀している。


私は「ワカンキックステップ!?」で8合目から快調に直登。(今日は氷結している斜面が見られず適度なクラスト)






頂上標識看板が飛んで消えていた!

先行の若者は「昨日も頂上に来たが看板はあった」とのこと。












下山途中、7合目で30代5人組のボーダー。6合目で単独の中高年ボーダーとすれ違う。

時間的に第二リフトが動いてから、利用して登ってきたようだ。



馬の背の雪庇が崩壊し、ブロック状に雪崩ているところが何ヶ所かあった。

ボーダーの滑走ルートに掛かっているのため、これで少しは安全と思われる。






今期初めての来馬岳だった。

昨年は2/8、15、22と3週続けて通行止めになり来馬岳に来たが、今年はそうならないで欲しいなぁ~と願っている。







先日、YouTubeでオロフレ山山スキーの動画を見つけたので勝手にリンク。
楽天ブログはYouTube動画の直接埋込みNGなのがイマイチ。
管理者はsiraneaoi2 さんという方で、先週見たトレースは彼等だったようです。

小岩峰下トラバースから1062Pと頂上稜線へ

頂上稜線の登り

山頂から東南斜面滑走・・・雪崩に注意です!

東南斜面を滑り過ぎ、登り返して下山・・・雪崩に注意です!




| ホーム |


 ホーム