FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今日もラッセルで良い運動になります


昨日の日中は天気予報通り、しんしんと湿った雪が降っていた。


山も同じ模様なら雪が増えただろうな、と思いながらオロフレ山に向かう。

峠に向かう道の両脇は、除雪車に跳ねられた雪の量が多い。

今日はラッセル日と判断し、最短の登別ルートに決める。






小岩峰の肩から稜線分岐を見る。



左・・登別・大曲ルート

右・・羅漢岩稜線(壮瞥・夏道ルート)









今日は取付きから頂上まで、見込み通りのラッセル。


頂上稜線もクラスト無くラッセル率90%


三角鉄板岩の下部雪壁で、もがきながら上がろうとして左足がズボ!息切れしたので心拍を下げている時にカシャ!






頂上は視界無しのため、今週も足元撮影。

先週のクラストした頂上と違い、しんしんと積ったような感じ。



ただ不思議なのは頂上稜線全体に薄めではあるが雪庇が発達していた。

2週間ぶりのオロフレなので、その間に出来たようだ。




羅漢岩のルンゼが例年だとそろそろ。



ルート出合に上がる出入り口が、ブロックで埋められたので、風除帯手前の窓から外に出て見た。

今日は気温が低く水滴も落ちていないが、暖気だと突き当りまで行くのがちょっと恐い。

来週、別ルートから下見をする予定。







今年は平地も山も雪が小刻みに降る。

今日は入山時気温-6℃、下山時気温-5℃で、ラッセルした雪も軽めだったので助かった。

頂上稜線の岩肌もすっかり雪に埋まってしまったが、4月に入る来週からはさすがに冬モードもそろそろ終わりだろう。





あれ!で来馬岳へ


荒れ模様の3連休。

昨日より今日のほうがましかなと思い、オロフレ山に向かう。




9時15分前にカルルス温泉駐車場に着き、ゲートが開くまで待機。(ここからゲートは見えない)

8時57分にゲートに来たら??通行止め!??

途中の電光掲示板は通常通行の表示だったが・・



室蘭土現にTELすると9時に通行止め(終日)を決めたとの事。


オロフレがダメなら来馬があるさ。


ほとんど客がいない。春になって雪質が落ちるとみんなニセコ方面に行ってしまう。




ここまでの登りは、見た目に近いが30分かかる。





ゲレンデ終了点の5合目からモナカ状のクラストを登ってきたが、9合目から結構な新雪が積っている。













第2リフト終了点から3人のスキー跡が先行していた。

頂上に着くと一人がせっせと雪庇下に雪洞を掘っていた。(昼食タイム用?)

帰路、7合目でも2人組が上がってきた。

2グループ共に女性が一人。ゲレンデ延長の来馬岳は女性向きの手頃な山のようだ。






下山時、馬の背で「明るいな!」と思い振り返ると一瞬、雲が切れた。

しかし1分でまたモノトーンの世界へ。


2組のスキー跡は既に消えかかっている。











今日のサンライバスキー場の気温を見ようとHPを開くと、本日で今シーズン営業終了だった。

雪はまだまだ沢山あるが、お客さんが少ないので止む無しというところか。



久し振り、厳冬期並のオロフレ山


朝起きて外を見ると吹雪いている!

天気予報は午後前から晴れマークが付いているのでいつものようにオロフレへ。

家を出てからオロフレトンネルまで吹雪模様。




トンネル内駐車帯に車を置いて登別ルート出合へ。

このカメラ特有の“白飛び”で、吹雪の外は光っているだけ。











沢に入ると風が弱まり視界も出てくる。 ただその分、飛ばない雪が積っており膝下くらいのラッセル。

稜線までの斜面は一部を除いてどこを登っても良いが、一番気に入っているラインの目印のアーチ。









1062Pの肩にワカンをデポし、アイゼンを履いて頂上稜線に向かう。

頂上へはクラストしている部分をなるべく選んで登るが、目先の視界が利かないためうまくは行かない。










頂上はまったく視界無し。なので足元を撮影。

登別ルートを上がった稜線で、大曲方面からのスキー跡があった。

小岩峰の肩でスキーからアイゼンに変わり、頂上まで延びていた。

今朝、カルルスゲートの少し上で、スキーの2人組が車道を滑り降りて来たので、彼らの跡か?

時間的に考えると昨日オロフレ山に入り、今朝頂上を往復し下りてきたようだ。





今日は小岩峰から頂上の間は、強風に吹かれながらの登高だった。

気温も入山時-9℃、下山時-6℃で真冬並みだったが、3月半ばのせいか緊張感は無かった。






オロフレ山から見るクッタラ湖


     2月21日:1062Pの肩から         3月7日:頂上から(全面結氷では無いらしい)


2月28日、3月14日(今日)は視界悪く展望利かず。

今年行ってみたいと思っていたが、来年かな?



風が無いと春の陽射しのオロフレ山


今週、平地で水曜日30cm、金曜日20cmの積雪。

今日はラッセル間違いなしと思われるため登別ルートへ。






先週、山岳会の人達がアイゼンで登った取り付きから稜線乗っ越しまでの斜面が、今日は膝ラッセル。



しかし先々週のように股下まで埋まらないので少しは楽な気分。








いつものように1062Pで休憩してから頂上稜線へ。

画像はオロフレ山で一番先に雪解けが始まる三角鉄板岩下部。

先週、全身スッポリ背の丈ほどの踏み抜き跡を頂上近くで見ていたため、今日は慎重に行動。

徹底してピッケルを刺し確認しながら登ったので踏み抜きは頂上まで“0”




頂上?・・・では無い。















頂上?・・・では無い。















頂上?・・・では無い。















頂上です。




オロフレ山に初めて登る人は疲れるだろうなと思う。









今日も頂上の鉄パイプ(130cm)を探したが見当たらず。














帰路、小岩峰尾根に戻る場所で振り返り、1062P直上のトレースを見る。


今日は終始ワカンを履いての登高だったが、頂上稜線の一部3mくらいの登りでキックが利かずアイゼンが必要だった。(面倒なので履かなかった)

おのずと帰路、クライムダウンを余儀なくされたが、ピッケルの食い込みが身体のバランスと安心感を与えてくれた。















今日は入山時-8℃、下山時-3℃だったが、風が途切れた日中の陽射しは暖かく、顔が雪焼けしたようでヒリヒリしていた。


来週はアイゼンでカリッカリッと登れることを期待!




| ホーム |


 ホーム