FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

登山者がドンと増えたオロフレ山



この一週間でどれだけ積雪が減ったかな?と思いながら快晴のオロフレ山に向かう。

オロフレトンネルを出た所で壮瞥ルートを見れば、雪渓はそれなりに残っている。

しかし、先週小さな竹薮で切断されていた2、3ヶ所は、行く手を阻んでいる可能性が大きいので予定通り夏道へ。





先週、壮瞥ルート下山後に展望台ゲートの残雪状況を確認していた。
そして今日と比べると50cm減で、融雪は思ったほど進んでいない。

          5月23日                     5月30日


ゲート開通
2010年は6月14日の予定
2009年は6月4日
2008年は5月29日


残雪はびっしり50cm~100cmの所があれば、0cmの所もある。
展望台(登山口)の手前、カーブの所が最大で2m。
道路は80%が残雪歩き。



展望台から登山道に入れば、夏道と雪道がミックス。
P1003下の夏道が消えている残雪斜面では、登り下りでちょっとした判断が必要。(3日も経てば問題無し)



頂上積雪ゼロ。(裏に少し残っている)
頂上稜線は80%が夏の道。



今週になって、羅漢岩稜線の登山道沿いに沢山咲いてきた小さな花。













帰路、ゲート近くまで来ると中高年女性10人組。(沖縄から7人、札幌から3人)

オロフレ山のシラネアオイ目的で来たそうだが、時期が早く非常に残念がっていた。(萩野里自然公園では見てきたそうです)

その分、雪と戯れて遊んで行くと云っていたが・・・






そしてゲート前に30人の団体さん。

ゲートが開通した後では登山者で込むため、道路歩き覚悟で来る団体さんも毎年多いが、今年は早かったよう。

今日は単独者3人とも出会っている。



「オロフレ山の春は人と供にやってくる!」ですね。







入山時気温 3℃(05時08分) 下山時気温 13℃(10時24分)

今日は陽気が良いので道草を食ったり、登山者と会話をしたりで、登りより下山のほうに時間が掛かっている。

早朝の残雪は凍っている部分もありガチガチで登り(歩き)易いが、帰りは埋まりはしないがグサグサになってきた。

残雪を楽しめた快適なオロフレ山は、そろそろ終わりのようです。



気温低めで快適オロフレ山



早朝、家を出る時は霧雨模様。

オロフレトンネルに入るまで霧雨とガスで視界不良。

しかし、トンネルを出ると壮瞥側は青空で、羊蹄山も見える好天。

トンネルを境に正反対の天気だが、オロフレ山は登別側になるようで雲の中。






壮瞥ルートに取り付く。

ブッシュが目立ってきたが問題なく入れる。

斜面は粘りの有る雪質で、キックした分だけステップが切れ、非常に登り易い。

沢状に入らず、雪渓が伸びている所を選び、左側斜面を直上。








夏の道!と、思っても30m先向こう側は雪がびっしり。
羅漢岩稜線下の登山道は無雪20%、積雪80%




頂上稜線の登山道は、無雪40%、積雪60%
ピッケルを刺し固い部分を確かめながら登った後、振り返って見ると船の舳先のような残雪




頂上パイプで積雪“0 看板標識付近では50cm。 どちらを取れば良いのか?
看板が「ずいぶん斜めだな」と思いそばで見ると、コンクリートで出来たポールが折れていた。
木板を取付けるボルト穴が、下のほうにも空いており、そこからポキッという感じで折れたようだ。





羅漢岩稜線、頂上稜線の登山道にショウジョウバカマが、結構多く咲いていた。

画像のショウジョウバカマは3年前頃から同じ場所に一つだけ咲いている。

頂上稜線の狭い幅の登山道の真ん中に咲いており、足の置き場所から少しずれているだけで生き延びられている。










今日は風が強い曇り空だったので気温が上がらず快適な雪渓の登り下りだった。

勿論、早朝というのが一番の利点ではあるが。


登別ルートは先週、下山で利用して終了。

壮瞥ルートは今日で終わりかな?

来週はゲートから展望台までの道路歩きを伴う夏道ルートになりそうだ。




積雪期も終盤のオロフレ山



今朝は天気予報通りの高曇り。

カルルス温泉に向かう途中の札内高原から来馬岳、オロフレ山がしっかり見える。






カルルス温泉駐車場で車を止め、羅漢岩を双眼鏡で覗く。


2週間前、オーバーハングしていたB沢左股の抜け口の雪庇が大きく後退している。


雪渓が切れることなく抜け口まで続いているので登れそうだ。





トンネル内駐車帯の向かいにあるドアを押すと、人一人が出られる隙間が開いた。



羅漢岩ルートの出合いは、この真上になる。









曇り空の早朝なので、暗い感じのするB沢左股。


抜け口は容易そうに見える。


風が少しあり肌寒く、いい感じである。


ただ、ウォーミングアップ無しに、即登りなのがちょっとつらい。(取り付きまで30分~1時間位歩くのが丁度良い)










大小の落石が雪渓上に転がっている。
このルートは斜度が少なく難しさはまったく無いが、ルンゼ特有の危険性は有り。



2年前(3月29日)に垂直だった抜け口もなだらか。




















5時20分:取り付き

5時55分:終了。

わずか35分の登り。



羅漢岩稜線に出る最短距離、最短時間のルートといえる。
時期限定であるが・・




下山は登別ルートの締まった沢を下った。






頂上は2週間前から見て、積雪減1m。
ズームしたニセコアンヌプリ、羊蹄山、尻別岳がきれい。






先週あたりで終了と思っていた羅漢岩に、今の時期入れるとは思いも寄らなかった。

羅漢岩稜線や頂上稜線の一般登山道が徐々に露出されており、積雪期オロフレ山も終盤である。





来馬岳北東面沢Aルンゼ



この一週間で遠くに見える山々には、黒っぽい部分が見え出した。

今日は時期的に最終チャンスと思う来馬岳北東面沢に向かう。





サンライバスキー場もさすがに一気に雪解けが進んだ。



北東面沢はコース右手から林道に入る。









早朝(5時25分入山)の林の中を歩くことはめったに無いが、なかなか清々しいものだ。


気温は3℃で寒さも感じなく、今のところつぼ足でも埋まらない。









30分ぐらいで林道から離れ、渓流沿いがルートとなる。

昨年は右に行ったり左の尾根に登ったり、ルートファインディングに時間を取られたが、今年は右岸を忠実に進む。


早朝とはいえ雪に締まりは無く、時々膝くらいまで埋まってしまう。

この辺りからワカンを履いた。



昨年付けて置いた赤テープを目印に、沢から離れる。



ここまで1時間30分。









Bルンゼ取り付き。


赤テープからここまでは、なだらかなうねりのある雪面を進み、Bルンゼ取り付きに下りる。


隣のC沢には昨年ほどのデブリは見られない。



ここまで2時間30分。


昨年登ったスッキリしたBルンゼを直登したいが、途中から一番長いAルンゼに方向を変える。




画像は09年4月29日撮影を使用







今年はBもAもルンゼの中央が滑り台のように凹んでいる。

何か大きな岩が転がり落ちた跡のような感じである。

これはオロフレ山方面から双眼鏡で覗いたとき、一筋の線になって見えていた。







中間地点から下を見る。

画像で見ると傾斜がわかりにくいが、ここで尻餅を付いて滑ると恐い。











終了点の稜線へ。














稜線からAルンゼを見下ろす。

レート全体で表面氷結した所はなく、5cmから20cmのザラメ雪。

ザラメの下に固い層があり、二回くらい蹴り込まないと足元が不安定な斜面だった。

そして、やはり潅木が多くスッキリしないルートだった。

ゆっくりゆっくりで、一時間の登り。



2月6日~7日の強風で飛んだと思われる頂上看板は、新しくなっていつ復活するのかな?













下山時刻10時30分。

カルルスゲートからの羅漢岩遠望。

オロフレ山本体は最後まで姿を現してくれなかった。












さすがにこの一週間で山の雪解けが一気に進んだ。

来週からのオロフレ山は融雪状況によってどこから入るか?です。






通行時間規制解除  5時50分入山



週半ばに2日間降り続いた雨が、オロフレ山域では雪だったらしく、オロフレ峠は通行止めになっていた。




金、土と晴れたので羅漢岩壁の雪も落ちたかな・・・


しかしカルルス温泉から双眼鏡で見ると、べったり張り付いている。


標高900m以上はいつものように雲の中。








新雪を含んだブロック崩壊が怖いので、来馬岳北東面と羅漢岩は止めて、壮瞥ルートに入る。




取り付きから少し上った所の沢も残雪びっしり。



例年のように顕著な凹凸になるのはもうすこし先。








羅漢岩B沢左股ルートの抜け口。


雪庇がオーバーハングしており、フリーで乗り越すのは無理みたい。


雪庇は4月に入ってから急速に発達している。








今年のGWの頂上は、標識パイプ(130cm)の頭が少し見えているだけ。


   2004年05月14日     2005年05月14日     2006年05月06日    2007年05月12日


    2008年05月03日          2009年05月03日          2010年05月02日



いつもコメントを下さる「くったらさん」です。

小岩峰尾根辺りで、直近のスキートレイルが出てきた。

登別ルートもしくは大曲ルート方面からのもので、頂上稜線三角鉄板岩の下部でつぼ足に、そして直ぐスキーに戻り頂上まで。

「頂上往復の登山者じゃないな」と思っていたら案の定、くったらさんだった。

白老方面へ抜ける予定とのことでした。






頂上稜線を下山中、東斜面を30mくらい滑落してしまった。
今日はキックが利くので、アイゼン無しで行動していた。
安易にグリセードをしたら、固くなった雪面でしりもちをつき、ルートを外れ左手の東斜面に落ちた。

身体を反転させ、ピッケルのピックを雪面にくい込ませ、なんとか止まった。
滑落中は以外と冷静で、成すべき2つの動作を考えながら滑っていた。

下を見ると、加速すれば止まりそうもない200m以上の斜面が・・
ピッケルは身体に結んでいなかったので、弾かれていたらと思うと・・・。
ただ、露出岩が無いので大丈夫なような気も。。。(これが羅漢岩だとOUT)

オロフレ山で2度目。(2度とも軟雪面の下山中、固雪面に変わった所で)

雪上訓練をリアルにやってしまった。


(カメラの白飛びがひどく見にくい画像ですが)

          滑った跡                      ピックがくい込んだ跡




来週あたりを予定している来馬岳北東面各ルンゼ。

さすがに来馬岳の沢も雪が多い。














残雪が多くても日当たりの良い場所は、9時10時になると雪が腐ってくる。

朝は早ければ早いほど快適な登山になる。

来週も早朝入山です。





| ホーム |


 ホーム