FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

来馬岳に熊出没?



今日の天気は昨日からの断続的な雨も上がり回復模様。

時折の小雨と霧雨の中をオロフレ峠に向かう。




オロフレ山

早朝登山の宿命で、いつものように下半身濡れて頂上着。

木々から落ちる雨垂れで濡れないための傘を、先日風で壊したので買い替え(今回は少し派手な色に)

ザックが写真では大きく見えるが小さめの25L。

今日も視界は全く無し。




梅鉢草。

先週からポツポツ咲き出していた。

春先に似た花が咲いていたので何故また今頃?と思っていたが別物だった。(当たり前か)

その他、立擬宝珠なども咲き出している。






登山道沿いは這弟切がメイン。



















下山時刻7時12分。

先々週出会った札幌ナンバーの夫婦と今日も小岩峰付近で出会う。















来馬岳

先週無かった熊出没看板が建っていた。

他の地域で山菜採りシーズンに建つ事はよくあるが、来馬岳では珍しい。

登山中に笹薮でガサガサ(単独動物の気配)は時々あるが、鹿なのか熊なのかは判断が付かない。
(今日は二度有り、一度目は鹿が飛び出てくれたのでスッキリだった。鹿君・・単独行動は止めて欲しいな!)




来馬岳の頂上も視界無し。

下山した頃に青空が少し出てきたが、それに比例して気温も上がってきた。

私と入れ違いに3組4人が前後して登り出したが、暑さに弱い私にとって真似が出来ない入山時間帯である。










オロフレ山 入山時気温15℃ 下山時気温15℃

来馬岳 入山時気温18℃ 下山時気温21℃

早朝から晴天であればこうはいかない。





入山時気温20℃未満のオロフレ山



本州は梅雨明け。こちらはエゾ梅雨?

今週の週間天気予報は毎日曇りマークだらけかと思ったら、突如晴れマークも混じったりと、最近の予報は流動的だ。


ガス模様の中、自宅を出る。





オロフレ山

オロフレトンネル内はガスで視界が無く、ホワイトアウト状態。

車ごと宙に浮いて走っているようで、出口まで遠く感じた。


トンネルを出て視界が開けたと思ったら、ダイオードの点滅が続いている。

路肩との境界に立っている紅白の下向き矢印の標識が、夜間でガスが濃いときは緑色点滅になるようだ。

四葉塩竃は茎の下から花が種になってきており、黄色の這弟切が勢力を増してきた。












雨に降られること無く頂上。

ただ、風が強いので木立からの水滴が横から吹きつけて来たり(冬だと地吹雪)、登山道に被さった草木の露で、下半身はびっしょり。(カッパの下を穿いているので問題は無い)














来馬岳

ガスの中を黙々と登って頂上。

先週ダニにやられたので今日は登山道に被さった草をストックで掃いながら。










太陽は出ていないが寒くないので昼寝をしようと思ったが、時折の強風が肌寒さを感じさせるので止めて下山。
















家を出るときの気温が24℃。

オロフレ山入山時17℃、下山時18℃。

来馬岳入山時18℃、下山時?(22℃くらい)


あれよあれよという間に7月も終盤・・・・。

あっという間に夏が終わってしまいそう!





先月6月13日(日)オロフレ山で・・・。




オロフレ山の喧騒を避けて超早朝登山をしているので知らなかったが、6月13日に遭難騒ぎ(病気・疲労)?があったようだ。


あの日は展望台ゲートの開通前で、予期しない道路歩きを強いられた多くの登山者がツアーを含め入山していた。


無雪期は技術的に何ら困難さが無く小学生でも登れるオロフレ山だが、様々な人がいると何かとアクシデントもあるようだ。



今週の山行きは7月19日(月)を予定。


花一杯のオロフレ山と花無しの来馬岳



最近の空模様は晴れ、曇り、雨が入り混じって一日が過ぎることが多い。

しかし昨年に比べ晴れ間が多いので、農作物にとっては頃良い天候と思う。




オロフレ山

頂上の上は青空で、薄い雲の波が周辺の山を包んでいる。

いつもはオロフレ山の上部だけが曇っているが、今日は逆の現象。

雲海ではないため、遠くの羊蹄山などは雲に遮られ姿が見えない。






登山道沿いは這弟切が頑張って咲き出しているが、四葉塩竃の勢力が強くまだ勝てそうにない。













今日も沢山の花が咲いていた。













来馬岳

頂上はまったく視界無し。

















今日のオロフレ山は入下山時気温14℃。来馬岳は入山時17℃で下山時22℃。


来馬岳を下山しているうちに天気が良くなってきたので、リフト降り場の板敷きで30分昼寝。
(朝早いのでスーッと眠れる)



暑さも一段落のオロフレ山と来馬岳



今朝は猛暑も一段落した霧雨模様の中、オロフレに向かう。


早朝の展望台(登山口)には、毎週1~2台の車中泊らしき車が止まっている。

今朝も2台在ったがほとんどの場合、私の方が早く入山している。





オロフレ山

霧雨の中、カッパの下だけを穿き傘を差して頂上に。


傘を差すのは時折木々の葉からバサッと落ちる雨垂れで濡れないため。

そして登山道に被さっている草露を押しのけて進むため使用している。





頂上稜線の登山道沿いにまとまって咲いていた十勝(千島)風露、四葉塩竃、岩弟切、蝦夷萱草。

来週以降は四葉塩竃と共に岩弟切あたりが一気に存在感を現してくるだろう。












来馬岳

頂上まで霧雨というより小雨に近い中、登ってきた。



下山して入山届けのノートを見ると、途中で引き返した人がいたようだ。







サンカヨウは例年咲いていなかった所に多く育っている。(今は花から種に)


昨年秋、地元山岳会が登山道脇の笹を刈った事が増えた要因と思う。














オロフレ山は下山時で17℃。天気は私が望む霧雨模様だったので登り易かった。

来馬岳は雨交じりだったが、炎天下の先週に比べ喉の渇きもなく順調だった。


昨年6月は4週続けて雨天中止しているので、今年は順調な夏山シーズンといえそうだ。






| ホーム |


 ホーム