FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

羅漢岩からオロフレ山の予定だったが・・・



今日は羅漢岩を絡めたオロフレ山・来馬岳を予定。

カルルス温泉駐車場に車を置き、車道を徒歩でオロフレトンネル上にある羅漢岩出合へ。

B沢左股から羅漢岩稜線に抜けオロフレ山頂上。

展望台からカルルス山・来馬岳を経てカルルス温泉駐車場へ。


・・・結局、B沢左股をクリアすることを出来ずオロフレ山はスルー。





ルート













カルルス温泉駐車場を5時出発。

日の出時刻の5時半頃だが、歩いている道路に陽は当たらない。

オロフレトンネルまで6km、標高差450m。








出合から見る沢はうっそうと木々が茂っている。

本ブログ右上の積雪期の画像とは大違い。











狭い沢に被さっている潅木をくぐりながら来ると、3mほどの岩が行く手を遮る。

3級程度の左側を攀じる。

何十年ぶりかの岩登り。








あまり記憶していないが、岩が狭まった上あたりで撤退。

画像では緩やかに見えるが結構斜度がある。

直ぐ抜けるシダ類と小指ほどの潅木が点在する草付き。

土壁は蹴り込んでもスタンスになりにくく、掴んでいる束の潅木が抜け、ズリッといくと5~6mはスベリ落ち、もんどりうったら致命的になりそう。

目の上2~3mは潅木が見当たらずこのまま登ると“子供が崖を登り、下りられなくなって泣きべそをかく”という光景になりそう。

クライムダウンできるうちに撤退が利口。

稜線まで50~60m。


オロフレトンネル内を歩き、旧バス停の林道から展望台へ。

カルルス山側の斜面を少し登って下を見ると登山者の車は6台くらい。

左側の車は登山道整備に入っている地元山岳会のようだ。






秋らしく青空になったり雲になったり。

その都度、身体も暖かくなったり寒くなったり。











来馬岳を下山するまでに3グループが草刈整備を行っていた。












道なり、テープの通りに歩いてきたら、旧1077頂上、新カルルス山頂上に出合うことなく来馬岳頂上に着いてしまった。

途中でおかしいなと思い引き返したが分からなかった。












やっぱり無理を出来ない年になっていたことを自覚。

ケガをしないようのんびり行かなくちゃ





ウォーキング日和



9月23日(今日)の天気予報は気温がぐっと下がり、曇りと晴れで雨の心配が無い。

ウォーキング日和と判断し、自宅を4時43分に出発。

コースは2008年09月15日とまったく同じ42.7km

写真内容もあまり変わりません。





04:43 自宅
05:38 青藍牧場 
06:01 自衛隊演習場 
06:29 登別カントリー 
07:19 ホテル岩井 
07:26 カルルス温泉駐車場
08:39 新登別温泉分岐
09:10 天然足湯
10:11 クッタラ湖展望台
10:48 クッタラ湖畔 
12:40 サンクス
12:57 登別大橋
14:10 青藍牧場
15:10 自宅

青藍牧場から2km行ったT字路(自衛隊演習場)手前。

今日の来馬岳とオロフレ山は、曇りがちの中スッキリ見える。

ウォーキング終了までこんな感じだった。







登別カントリーから3kmくらいの所。

この裏街道で何故かここだけ50mくらい、いつまで経っても舗装しない。

私が毎週通う道路ではないが・・・








今日はちょっとぬるめ。

最初誰もいなかったが、大阪から来たというライダーとちょっとおしゃべり。










足湯から上の道路に出ると通行止めの看板。

登別温泉街から車が行けなくなるので、湖畔の店は商売上がったりと思う。










展望台に着くと、熊出没の看板が。

5月に2回、親子熊が目撃されたと書いてある。

結局、熊の糞らしきものが湖畔前後の道路沿いに何ヶ所かあった。

車で走る人は分からないと思うが、歩いていると目に付くものだ。





土砂が崩れた下の方を見ると、簡単に復旧しそうも無い感じだ。

今日は歩いていて3回ほどすごく甘い匂いがしてきた。

この辺りもそうだったと思うが、コクワの実の香りなのかなと思う。

道路沿いのツルに山葡萄も生っていたので、クマは何処かで食べているだろうと思う。



観光客の車は2台あったが、開店休業みたいな雰囲気。












35kmを消化した後、ここからの直線3.1km、2度のアップダウンに足が重たい。

最後の青藍牧場から4.5kmの軽い下りは惰性で歩いているだけ。

工学院からの急な3.4kmの下りと岡志別公園からの2.6kmの登りは敬遠している。










気温が低く曇りでほとんど無風。

良いウォーキング日和だった。



来週からは冷え込むらしいが・・・



昨日は天気予報通り、夜半から朝にかけて雨。

今日は朝のうち晴れて夕方から雨の予報。

これらを信じ山行きは今日とした。





オロフレ山

夜明け頃の時間だが、暗くガスっている。(画像では明るく見える)



先週まで無かった登山ポストが新設されていたので記帳して入山。







頂上に着くとガスが瞬間的に切れ、羊蹄山の頭だけが顔を出した。

オロフレ山の頂上はガスがまとわり付いているため数秒後には視界数十メートル。

アップで羊蹄山を撮ろうとしたが遅し!晴れてはくれない。






登山口近くまで下山すると2組が登ってきた。

車と数が合わないので1組は画像正面が登山口の1077峰方面に向かったと思われる。















来馬岳

頂上に新設された幌別鉱山コースの看板。

冬季は雪の下に埋まっているだろう高さ。

山の看板標識は雪に埋まらないと長持ちはしないと思う。

利尻山北峰頂上の祠なぞ厳冬期は氷のよろいを被るせいかも知れないが、あの気象条件でよくまあ~飛ばされないものだと感心する。




スキーシーズンを控えて綺麗になったゲレンデ。

登山口まであと15分くらいの所から強い雨が降り出したので傘を差して下る。

登ってきて雨と共に引き返した二人組はずぶ濡れになってしまった。












各地の山がそうであるようにオロフレ山、来馬岳共に木々の葉枯れが目立っている。

昨年のカルルス温泉周辺の紅葉は見事だったが、今年はどうなのか?まだ分からない。




一晩で秋がやってきた!



今週の火曜日からガラリと季節が変わった。夜の寝苦しさがピタッッと無くなった。

真夏から一晩で秋の気候になったような感じである。


いつものように今日も日の出前にオロフレ山展望台(登山口)着。


そして登山靴を履く前に靴下を履こうとしたら片方が無い!前日、靴の中に入れておいた筈だが??

ウーン・・靴下無しで登山靴を履いた経験はあるが、オロフレ山は良いとしても来馬岳は無理だろう。

ということで自宅に戻る。(靴の保管場所のそばに落ちていた)


往復で1時間10分のロスになってしまった。





オロフレ山

現在、6時過ぎ。久しぶりの快晴。

左側に札幌ナンバーの車が1台駐車しており、先行者がいるようだ。










先行のご夫婦で、7月に2回ほど私の下山途中に小岩峰付近でお会いしている。

今年は6~7回くらいオロフレ山に来ているそうだ。









先ほど登り始めた団体さん21人のマイクロバスが右手に。

羅漢岩の下から突き上げてくる早い流れのガスが舞っている。

平地から見たらオロフレ山頂上は、雲の中になっていることだろう。











来馬岳

昨日、地元山岳会が登山道と標識の整備を行っていた。

6、7、8、9合目の標識も風雪に耐えられるように固定整備されていた。









頂上は冬季の烈風に飛ばされ行方不明になっていた看板に代わり、新看板が設置されていた。

来馬岳頂上の積雪は“本ブログ”左上の画像の通りで平均2m。

新設の柱が3mほどなので2/3が埋まると思われる。

また左手にも幌別鉱山方面の標識が新設されていた。







オロフレ山入山時気温13℃ 下山時気温14℃

2~3週間遅れで秋が来た。




今日は来馬岳を先に



9月に入っても晴れれば日中の気温は30℃超え。

今年だけのことなのか、来年以降も続くのか、ちょっと心配になってくる。


今日の天気は下り坂のようだが、早朝自宅を出る時点で曇り空。





オロフレトンネルを壮瞥側に出ると一体は濃霧でフロントガラスに雨が当たってきた。

展望台(登山口)に着くと、風を伴った細かい雨が吹き付けてくる。

気温17℃でびしょ濡れはゴメンなので来馬岳に変更。









来馬岳

雨に降られること無く頂上に。

ただ、雨の名残か朝露なのか、登山道の被った草で腿から下は濡れっぱなし。










登山口近くまで下山するとオロフレ方面に青空が。

ただ、頂上周辺は羅漢岩稜線(標高1000m)を境として大きな雲が覆い被さっている。













雨の心配もなさそうなので再度オロフレ山に向かう。




オロフレ山

ガスに煙られながらも雨に当たることなく頂上に着く。

丁度、団体さんが写真撮影に入る時で、この後シャッターを押してあげる。









下山途中、登ってくる何組かに出会ったので現在、山に入っている登山者は30人弱くらい。


ガスが絶え間なく流れており、数秒後には車が全く見えなかったりする。












今日は山の順を変えたので雨に降られること無く登ることが出来た。

例年であれば富士山に初雪がそろそろ。大雪山も半ば過ぎには初雪が舞う頃だが、今年はどうなるのか?



| ホーム |


 ホーム