FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

突然の冬季オロフレ山が始まった


先日の寒気で、札幌以北と山に雪がドサッと降った。

こちらの平地はアラレが一時的に降っただけで、雪は無し。

当日、オロフレ峠は通行止めになったらしい。


昨日、確認のため電話で聞いてみると、道道2号線は通れるが、展望台ゲートは来春まで閉じたとの事。

カルルス温泉ゲートについては、11月末に例年通り、時間規制をかけるとの事。


ということで、今日から冬季オロフレ山が始まることになった。

しかし暖気が来るらしいので、今回降った雪が根雪になるかは分からずです。





2台分のタイヤ跡は、旧室蘭土現のものと思われる。

融けた部分は凍っているので、あっち行ったりこっち行ったりを繰り返し展望台へ。









羅漢岩稜線。

登山口からの雪道は、昨日までに入った登山者によって踏まれている。

足跡の上は滑るので、スタスタと歩くわけには行かない。

これが早朝登山の辛いところで、下山時に陽の当たる所はシャーベットになると思う。

アイゼンは履くまでに至らない。


頂上稜線は、春終盤に似た山容。

今日は気温が上がり天気も良いので、かなり融けそう。










頂上稜線下部でトレースが消えてしまった!

2~4名くらいの足跡があったが、ここで引き返していた。

途中、深い所では楽させてもらったが、この上は自分で踏んで行った方がリズムが取れて楽。

トレースを付けてくれた方々へ心の中で「ありがとう」

深くて20cmくらい、平均足首で難なく頂上へ。



写真を撮って留まることなく即下山。













頂上は座ると展望が利かないので、いつものようにここまで下りて休憩。

後続している人がいたら確認しやすい場所でもある。

今のところ登山者は見当たらない。







羅漢岩稜線で単独者と出会う。

展望台から20分くらい下りた所で、ツアー登山者10名くらい。

展望台まで散歩と言っていた夫婦。

ゲートに着いたとき、山ガール二人を含んだ若者5人が出発するところだった。










突然の冬山始めとなってしまったが、来週も冬山であってくれればいいのだが。

一昨年は2週目に雪が消えて、3週目から本格的冬山になった。

自宅を出るとき、装備、服装、靴などを整えて出るため、ハッキリしないと両方積み込んで行かなきゃならないので面倒。





まだ寒さを感じないオロフレ山と来馬岳


今日まで天気は持ちそうな予報。

週間予報では、明後日あたりに雪マークがチラリ。

今朝は星も見えない暗い道をいつものように、自宅から峠展望台へと走る。




オロフレ山

いつも風が強い3ヶ所以外は穏やかだったが、まともな視界が無いまま頂上に。


キリッとした冷え込みも無い。


写真は頂上看板にピントが合ってなかったよう。





8時前に下りてきたが、登山者は無し。


ただ、道道へ出るまでに2台の車と対向したので、今日も多少の登山者でにぎわいそう。













来馬岳

カルルス温泉に下りて来たら、青空が見え出した。


オロフレ山にまとわり付いていた雲も切れ出し、来馬岳はスッキリ。


周辺は先週に比べ黄葉が濃くなってきた。





珍しく、登っている最中に、下山してくる単独登山者3人と出会った。

時間的に早発ちして登っている。

また先行していた3人組と頂上で一緒になる。

先週0人だったのに今日は6人も。










まだ山で本格的な寒さを感じていないが、来週の10月最終日は冬に近い空気となるだろうか。



穏やかな登山日和



週末に近づくに連れ、日曜日の天気予報は、雨→曇り→晴れに変わってきた。

家を出るとき、日の出前の空は晴天模様。





オロフレ山

丁度、日の出時刻頃の5時45分。


日の出と霞んだ羊蹄山を見る感じの、若い女性が一人。









珍しく風無しの穏やかな頂上。

いつものように写真を撮って直ぐ下山に入り、三角鉄板岩で休憩。
















来馬岳

7合目手前にある、くぐり抜けなければならない所。

かがんでザックがぶつかる高さで、一瞬だが腰に負担が掛かる。









写真を撮っていると近くで、ガサゴソ、バキッ(枯れ木が折れる音)が聞こえてきた。

クマか鹿なのか分からないが、頂上から2本くらい鹿道はある。

このあたりに食べ物など全然無いと思うのだが。











オロフレ山を下山した頃から雲がちな天気になったが、寒さも感じられず穏やかな登山日和だった。



オロフレ山とカルルス山



夏場当たらなかった週間天気予報が、秋になってから結構当たってきた。

今週は土曜後半から崩れ、日曜は雨、月曜は晴れの予報。


ということで今日を登山日とする。


オロフレ山に向かう途中、新登別温泉の道路電工掲示板にチラッと、峠通行止開通未定の文字が??

カルルス温泉ゲートと思ったら開いていたので展望台ゲートらしい。





展望台ゲートがやはり閉まっていた。

今日は来馬岳を止めて、オロフレ山とカルルス山(前回頂上を見過ごす)にする。










ゲートから展望台(登山口)までの道路は、山陰になるので陽がまったく当たらない。

日の出前に歩き出していることもあるが、ここに来て初めて陽を望める。









頂上看板が修理されていた。

今度は旧コンクリを補助にして、四角い鉄製の柱がガッチリと。




頂上稜線の上りはガスの中で、ここは風が強く寒いので即下山。




下山するといつもなら2、3台の車を見るが、当然ながら今日は見当たらない。

単独登山者に出会ったったが、その方も車道歩きを余儀なくされている。


正面の斜面を登ってカルルス山に向かう。






高度さがあまり無いアップダウンを繰り返しながら頂上に。

2年前まで近くの1077mが頂上だったが、国有林が何とかかんとかで、地元山岳会がこちらに頂上を移転したとのこと。

帰路、1077mの旧道に入ってみたが、腰までの濡れた笹が登山道を埋めていたので止めにする。

オロフレ山は登別市に位置しておらず、市内最高峰は来馬岳でもなく1077峰。

大きな岩がある地図上の最高点の方がしっくりいくと思うが?

展望台を見下ろせる場所に来たら、駐車場に車が十数台。

別に土砂崩れも無かった道路を、テクテクと車まで戻った。













普通ならば今月末、山に初雪が降るはずだが、果たしてどんなものか。

今日などは、風の無い日当たりの良い場所は、暖かく気持ちよかった。

しかし、今ブログを書いている最中外に出てみれば、今年初めて見る白い雪虫がふわふわ舞っている。

いつものように冬が近づいて来ている。




今日は中止です



日、月の天気が悪くなる週間予報が当たりそうな一週間だった。


そしていつものように日の出1時間前に目を覚ますと雨音が屋根を打っていた。

今日はダメだな、と思い二度寝をして起きると雨は止んでいた。

しかし山方面は雨雲が低く立ち込めており、天気は下り坂なのでやはり中止とした。

毎年、春秋に一度くらいあるパターン。




以前にアップした利尻山の写真ですが再度アップしました。

私のPC環境横の壁に額に入れて掛けてあります。(山渓のカレンダーから拝借)


南稜1200pから
仙法志第2稜
仙法志ローソク岩
南稜
大槍
バットレス
東壁

の輝き。

| ホーム |


 ホーム