FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

30mでギブアップ


この2日間、道東ほどではないが、荒天に伴い一気に雪の量が増してきた。

今朝になっても吹雪が収まらないので、一応室蘭土現に電話して確認すると、9時にゲートを開ける予定とのこと。





新登別温泉からカルルス温泉まで、除雪車を時速30キロで追走。

センターラインをはみ出して除雪しているので追越が出来ない。









今日は登別ルートを予定。

トンネル内の駐車帯に車を置き、外に出てみると冷え込んでおり気温は-9℃。










取り付きから斜面を30m登ったところでギブアップ。

雪の層が一層で、ピッケルが底当たりせず、糠に釘。

腰上のラッセルで前に進まない。

やはり、年内新雪ドカ雪の登別ルートはちょっと早かった。





展望台ゲート前に来てみたが、予想通りの積雪で70cmくらい。

駐車スペースの除雪に1時間近くは掛かるだろう。

晴れていれば道路上に止めて置けるが、吹雪で見通しが利かずに追突される確立が高いので、それは出来ない。

今から来馬岳に向かうには時間が遅いので、今日は中止にする。








オロフレ峠が通行止めならすんなり来馬岳に入ったが、基本がオロフレ山なのでそうもいかない。

年内の積雪量としては帳尻が合う形となったので、年が明けたら例年通り、登別・壮瞥ルートに入ることになる。




今年も本ブログにアクセスして下さいました皆様方、ありがとうございました。

来年もよろしくお願い申し上げます。

2011年の登り初めは1月9日(日)を予定にしております。



さて、今日のオロフレ山は?


昨日は平地(市街地)で、5cmくらいの積雪があった。

オロフレ山はどれだけ降ったかなぁ~、と思いながら峠に向かう。




展望台ゲートで20cm。

くったらさんがやって来たので、2台分の簡単な除雪をして車をデポ。

展望台までの2.5km間は30~40cm。(写真)

カルルス山方面にスキーで入るくったらさんと、途中で別れる。





くったらさんが積雪の少ないスキールートを止め、道路に戻り、展望台近くで追いついて来た。

またスノーシューの単独者が追いついて来て、ここからカルルス山の夏道を上がっていった。









鹿が夏道をラッセルで先導してくれる。(役にたたないが)

登山口から膝ラッセルになったが、何故か道路のラッセルより消耗が少ない気がする。









これも鹿の足跡だが変に大きい。













B沢左股抜け口の上の急斜面。

この下り口で、鹿の足跡が忽然と消えていた。

前(崖)にも左右にも足跡が無い。

先ほどの鹿の足跡が大きかった訳は、ここで引き返してダブっていたからなのか?

熊の「止め足」のような習性があるのかな?




羅漢岩稜線の登山道はまだ使えるが、その分ラッセル、ラッセルになる。

小岩峰の手前まで行ったが、そこで12時10分。

曇天、視界不良の中、風が無いので行ったが、そこで撤退。

下山予定時刻は14時。





下山時刻14時17分。



気温は-4℃だが、ワカンのバンドを外す素手が直ぐに凍える。

朝、出発したときは-6℃で、展望台まで手袋を履かないで(北海道方言)行けた。

冬の午後は体感気温が低くなる。







去年同時期、くったらさんはカルルス山頂上に行っているので、如何に今年は積雪が少ないかが分かる。

さて、年内にオロフレ山の頂上に行けるかな?それとも年明け以降、登別ルートから行くことになるのかな?



あれー!通行止め?


今日は朝起きて外を見ると、天気予報通り、気温が下がっての風雪模様。




カルルス温泉ゲートに着くと、いつも鍵を開ける担当者と車が居ない。

途中の電光掲示板に通行止め表示が無かったので、土現に問い合わせると、9時に通行止めを決定したとのこと。

それではと予定を変更して来馬岳へ。

といっても、車で1分ほど走れば登山口に着く。




12月に来馬岳に入るのは初めてだ。

ということは、12月の私の登山日に通行止めが無かったことになる。

カテゴリを見ると、通行止めで来馬岳に入ったのは、2007年1回 2008年2回 20009年4回 2010年2回

今日の分は2011年分にする。





登山口からここ5合目までは足首くらいの積雪。

ゲレンデの緩斜面は問題ないが、急斜面では雪下にある氷結地面が滑り、登りにくかった。










頂上に着くと、後続していた8人パーティーも上がってきた。

彼らもオロフレ山の予定だったのが、来馬岳に変更になってしまった。

8合目から頂上までの急登も、氷結登山道の上に乾雪のため、一歩が滑る。

来馬岳の中途半端な積雪は登りにくい。

頂上は風が強く、身体が冷えてくるの早々に下りる。






下山時刻が12時30分で気温-6℃。

標高350mの来馬岳登山口の気温としては低いほうと思う。

オロフレ山域も少し厳冬期らしくなってきた。




変な冬です


完全に冬モードに入ったと思ったら、大雨が降ったりしてダメな冬です。

しかし今日の天気は雨から外れてくれたのでとりあえずOK。


先週、展望台ゲートで積雪25cmの雪かきをさせられたが、雨が雪を融かしてしまったようだ。

今日は数センチに減っていた。

車もすんなり入れてしまった。





陽が当たる道路は数センチの積雪とブラックアイスバーン。

バーンは恐くて足を乗せることを出来ないので、歩くのは雪の上。









展望台もスケートリンク状態。

強風が吹いていれば、身体の移動が自動的にできそうな感じ。

先週ここまで80分かかったが、今日は40分。








小岩峰手前。

冬の始め恒例の、登山道に被さった枝をくぐりながらの前進。

もう少し積雪が多いと、這って歩く場所も出てくる。

腰に悪し。






頂上稜線の登りで、時々ズボッと埋まったが、頂上はレインクラスト。

今日の写真はモノトーンばかりになっている。










下山時刻は14時前。

気温が下がらないので、樹氷(霧氷)が解けだしていた。

数センチの雪の道路歩きは、足がスムーズに運ばれ、軽くて楽だった。










先週と今週は季節感がまるで逆。

なんか、訳が分からない冬になってきている。




| ホーム |


 ホーム