FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

ビバーク



オロフレ山の頂上から少し下りた所で、ビバークになってしまった。




1062Pで11時30分。

先週と同じペースなので、ちょっと風雪が強いが、躊躇無く頂上へ。

しかし、頂上稜線中間部から上が、やたらとラッセルが深い。

昼前頃から降雪が激しくなっていることを、あまり気に留めなかったことが災いになる。





頂上12時50分。視界は10mくらい。

積雪量は先週と変わらない。

トレースを見逃さないよう下山に入るが、直ぐに見失ってしまった。











腰の深さの雪を漕ぎながら下りると、目の前が一気に落ち込んでいる。恐くて下りれない。

「さっきこんな所登らなかったぞ」・・・(結果的に1時間で積雪が一気に増え、雪稜が変化していただけだった)

視界が無いので自分の位置が分からず、上り返したり、左右に行ったりするが、歩いた跡は直ぐ埋まってしまう。

・・・消耗するだけ。

急激な降雪の中、時間的に下山は無理と判断。



13時30分頃から雪洞を掘り出す。

道具はピッケルとワカン。

2時間ぐらいで1.5人スペースを作る。

しかし、入口が大きく崩れてしまったので、小枝を絡ませる。

役に立たなかったが。





雪が吹き込むので、小枝を差し、袋を掛ける。

ビバークの用意はしていないので、ヘッドランプ代わりにコンデジと携帯とライター。

ストーブ(ガス)も無いので魔法瓶のぬるいお茶だけ。

ザックの底にいつも眠っているセーターを初めて着る。









18時過ぎに雪洞が真っ暗になり、天井から時々水滴が落ちてくる。

入口が降雪で塞がっており、体温で結露が起きていた。

除雪を3回くらいやったが、切が無いので2時頃に横方面を掘って居住区にする。






本日朝、非常食を摂った後、6時30分頃外に出るが昨日同様の天気。

周辺を腰、胸のラッセルでウロウロしたが、埒が明かないので下が見えない斜面に突っ込む。

同じように腰、胸ラッセルで下ると三角鉄板岩を発見。(自宅にメドが立ったと電話する)

そうこうするうちに1062Pが見えてきた。(これが一瞬でも見えていれば・・)




30年ぶりにビバークを余儀なくされたが、この歳で14時間の座りっぱなしはキツかった。

火の無いビバークは初めて(2回目)で、温かい飲み物を取れればウトウトくらい出来るが、さすがに一睡も出来なかった。

灯りと暖房用に、太いローソクが一本欲しかった。




快晴かと思ったら・・



快晴の朝、久し振りにオロフレ山の全容を見ながら札内高原を走る。

天気予報は朝だけ晴れて、後は雪マーク。












登別ルートのいつもの斜面を一歩一歩。

足首からスネくらいのラッセル。

先週、先々週に比べパウダー質が無くなり、足跡も崩れないので登り易い。









稜線近くなって見上げる東側の空が蒼い。

今、10時00分。

しかし西側の空を見ると、何か灰色の空が迫って来ている。









稜線に着いた10時15分に蒼い空は終わり、いつものオロフレ山に戻ってしまった。

下(市街地)から見ると、灰色の雲がオロフレ山を包んでいるんだろうな、と思いながら行く。

ここから小岩峰、ケルン平、1062ピークまで強めの風と小粒の雪が身体に吹き付けてくる。







1062ピークでエネルギーを補給し、頂上に向かう。

ちょっとした急斜面では、ワカンキックステップが気持ち良く利く。

靴の2/3が刺さるくらいが登り易い。









頂上の鉄パイプ(130cm)が見当たらないと思っていたらダルマになっていた。

積雪は1m。

頂上の板看板標識は当然、埋まっていて見当たらない。












結局はいつもの上半身バリバリ凍るオロフレ山だった。

下山時刻は14時45分。

予定よりちょっと遅かったが、雪が徐々に締まってきたので、条件は良くなってきた。




今日も足腰強化週間のオロフレ山


今日も晴れが期待できないオロフレ山へ。




登別ルート出合からここ稜線抜け口までは乾雪の割に少し粘りのある積雪で、平均膝上ラッセル。

先週のようなパウダー状ではないため負荷が大きい。

ピッケルは先週のようにスーッと刺さるのではなく、ニューッという感じ。
来週辺りは、ムギューッという抵抗感が欲しいところ。

視界が悪いので帰路、降り口になるところにテープを付ける。

先週、頭を出してやったケルンがそのままの形で露出されている。

視界が無いときはこれが見えると現在位置を確認でき安心感を持てる。

小岩峰からここまでのラッセルが先週以上に深かった。






1062ピークまで来たが、頂上稜線はまったく見えず視界は50mくらい。

今、12時11分。

晴れていれば突っ込みもあるが、この吹雪とラッセルでは頂上到着14時頃になる。

下山終了時刻には日が暮れるので、速やかに撤退。




休憩は晴れて風がなければゆっくり取るが、風雪の強いときは改まって休むことは出来ない。

といってもエネルギー補給は必要なわけで、風除けに斜面を切って場所を作り、サッサと行動食を摂る。









稜線から登別ルート出合に向けて下りるが、既に登りのトレースは行方不明。
















年が明けてからオロフレ山で晴天日が無いためか雪が締まってくれない。

さて来週はどんな感じかな?




ラッセルのオロフレ山


遅ればせながら、おめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。


正月三が日を除いた前後、小刻みに降雪が続いています。

今朝、自宅そばから見える来馬岳の頂上付近は晴れているが、右奥のオロフレ山は大きな雲に包まれている。






登頂可能な最短ルートの登別ルートに入る。

取り付きの沢状はラッセルが深そうなので、左側斜面にルートを取る。










どこを登っても膝から股までのラッセル。

通常ルートに戻り、目印のアーチ横を通って稜線へ。

稜線に抜けると下りて来る山スキー4人パーティーに出合う。

地元山岳会の方たちで、私の後から右手尾根状から登り、私を追い越していた。

天気が思わしくないので下山に入ったところだった。




小岩峰基部の登りも雪が深い。

以前、岩に寄り過ぎシュルントに身体毎スッポリはまり、スノーシューが抜けなくなり苦労したことがある。

抜けた上の尾根はオロフレ山で一番風の強い所だが、クラスト無しでガッカリ。







1062P手前の広い鞍部まで来たが、今だかつて埋もれたことの無い、ケルンが見当たらない。

直ぐ見つかったので頭を出しておく。烈風吹き荒れればいつものように露出するだろう。

ここで12時00分。速やかに下山開始。







下山中、登別ルート出合いから少し登ったところにテープを取り付ける。

登りで左手に寄り過ぎないよう、シーズンオフまで毎年付けている。













クラストがミックスされないと、単独では時間的に頂上は難しい。

低山の悲哀か、今日も足腰を鍛えさせてくれる、ラッセルのオロフレ山1231mでした。




| ホーム |


 ホーム