FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

エスケープ


朝、テレビからオロフレという音声が・・

NHK総合で、さわやか自然百景「北海道 オロフレ山系」7:45~8:00が始まるところだった。

ザックリとした映像で、主に来馬岳の氷筍(ひょうじゅん)をテーマにしたものだった。




最近、大雪が降っていないし、天気も午後から良くなるようなので壮瞥ルートに入る。

壮瞥側の駐車場に車を置き、取り付きのトンネル入口に向かう。










何とも今までにない景色で、いつもフラットな斜面が、段々畑になっている。

多目の雪が降ると凹んだ処の新雪で、深いラッセルを強いられそう。

今日はほぼクラストした、段々畑を越えて行く。








羅漢岩稜線のB沢右股の抜け口。

視界が無いので手前だけを写す。

雪庇が例年より薄いのが目立つ。










羅漢岩稜線を抜け、登別ルート、大曲ルートとの分岐に着く。

分岐を過ぎ歩いていると、突然後ろから「$*'*$!!」と声がしてビックリ!

(たぶん、こんにちは!だったと思う)

大曲ルートから登ってきた単独行者だった。






小岩峰尾根をスキーで先行する札幌から来た若者。













1062Pに着いた若者はスキーをデポして、ツボ足で頂上稜線に向かった。

私はいつものように、すぐ下で休憩と行動食を摂る。

最近オロフレ山で人に会うのが多くなったが、ほとんどの人が食しているところを見たことがない。

皆さん、何も食べないで頂上稜線を往復して一気に下山、という方が多いようだ。

よっぽど天気が良くないと、頂上や稜線は休める場所で無いが。(時刻的には昼をまたぐ)


頂上は視界なし。

積雪が10cmくらい減った感じ。












頂上稜線下部まで下りると登ってくる人が・・

2月6日に1062Pで一緒になり、頂上まで同行した壮瞥方面の方だった。

遅めの時間に登別ルートから入ったとのこと。









登別ルートとの分岐に着き、羅漢岩稜線の登りに来たところで思案・・・。

時刻は13時40分。

既に往路のトレースは消えている。

数十回も踏み抜きがあった羅漢岩稜線を帰路もラッセルはキツイ。

速やかに登別ルートにエスケープを決め下山。




1kmのトンネル歩き。

向こうから来る車に一度も会うことなく、出口まで車道を歩けた。

下山終了時刻14時30分。













今日の天気予報は夕方から晴れマークが付いていたので、午後から晴れるだろうと予想して壮瞥ルートに入ったが見込み違いだった。

晴れていれば、帰路のラッセルや踏み抜きは気にならないが、無理せずエスケープして正解だった。




今日もまた登別ルート


今週は穏やかな天気が続いていたが、昨晩から今朝にかけ自宅周辺で10cmの積雪。

オロフレ山はその何倍降ったろか?と思いながら車を走らせる。




カルルス温泉手前から、等倍と少しズームをかけて。



当然ながら今日はラッセル有りなので登別ルートに入る。

少し登ったところでスキー単独者(地元山岳会の方)が追いついてきた。

さすがにスキーの浮力はワカンの半分くらいで済んでいる。

私はジグを切ることなく直登ぎみに登る。(何故ならば斜上すると山足を上げるのがキツイから)





いつものように1062Pで行動食を摂って頂上稜線へ。
必ず1062Pで休憩するが、平均5~10分くらい。
それ以上だと体と手が凍えるので長居は出来ない。



頂上稜線下部にスキーをデポし、ツボ足で先行していた単独者が下りてきた。

私を撮っている様なのでこちらもカシャ。

頂上はここから100mくらい先になる。

ツボ足のトレースを利用させてもらったので楽が出来た。

それ以外に踏み抜きを避けた登りが出来るので助かった。



頂上の積雪はここ3週間ほとんど変わらず110cm。

写真の写りは晴れれば相変わらず「白飛び」で、うまくいかない。













壮瞥ルートは条件が揃わないのでなかなか入れない。

ビシッとクラストして欲しいものだ。



今日も登別ルート


低気圧が道東の方に集中したので、こちらは穏やかな3連休になった。




とはいえ、オロフレ山は雲の中で、そこだけ気温低めの冬山を維持している。

しばらく大雪が降っていないので、サンクラストを期待して壮瞥ルートに向かう。










しかし取り付いてみると例年より積雪量が少ない。

狭い沢が波打っている状態で完全に埋まっていないため、膝上のラッセルになる。

予定を変更して登別ルートへ。









出合いから後続していた単独者が稜線に上がってきた。

話してみると2年位前に会っていたらしい。











写真では広い頂上に見えるが、向こう側まで実際は20mも無い。

春の日差しには程遠く風が強いのでいつものように即下山。














来週の週間天気予報も落ち着いているので積雪増は期待できなさそう・・・。




穏やかなオロフレ山


今週は好天が続き、気温が高かったため、平地では積雪高さがグンと下がった。

たぶんオロフレ山も雪が締まっているだろう、と想像しながら向かう。





登別ルートは足首上くらいの埋まり方で、程好いクラスト斜面。

稜線に出ると青空が見えたが、すぐに灰色の空に変わる。

ただ風が弱く、気温も高めで、初春を思わせる空気感。


登ってくる途中、下のほうで人の声が聞こえていた。




1062Pで早めの行動食を摂っていると、単独の若者1人が追いついて来た。

その後、単独の中高年さんが到着。(写真)

若者は先週コメントをくれた『写真が好きさん 』で、今週、再トライで入山。

単独中高年さんは壮瞥側方面に居を構えている方で、同日、夏道ルートから入り羅漢岩稜線途中で撤退していたとのこと。

話を掘り下げていくと共通の知人や山岳会の話になった。

頂上の積雪は先週と変わらず。

ゆっくり休憩を取れる天気でもないので早々に下山。












ビバークをした場所を探しながら下山すると、それらしき穴があった。

好天が続いたせいか縮まっており、中を見ると地熱の影響なのか笹、草が露出していた。










先週の雪洞の中。

フラッシュが効いて綺麗に撮れていた一枚。















今日は深いラッセルもなく、1062Pから交替して登ったので頂上には11時39分に着いていた。

先週3時間30分掛かった下山が今日は1時間30分。

風も止み穏やかな中を下山できた。


この条件が続けば、来週から壮瞥ルートに入れそうだ。




| ホーム |


 ホーム