FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

天候が安定し出したオロフレ山


今日の天気予報(3時間毎)は晴れ気味の中、午後に雪マークがひとつ?

これが下山中、見事に当たった。

30分ぐらい風雪が身体に吹き付けバリバリと凍り、冬並みだった。

その後は静かになったが。




快晴の中、壮瞥ルートを予定してオロフレに向かう。














出合の沢状斜面を直上して尾根に出る。

例年だと一枚の尾根(斜面)だが、今年は積雪量が少なかったのも影響してウネっている。











1003Pに着いて左前方を見ると、3人パーティーが頂上稜線下部を登っている。

9時のゲート開門後に登別ルート、大曲ルートから入ったとしたら時間的にありえない。

カルルス温泉駐車場に車が1台あったので、ゲート開門前に車道を歩いて入山したと思われる。

後で丁度、画像の場所で行き交ったので聞いてみるとやはりそうだった。




そして後続する2人パーティー。

羅漢岩稜線を歩いているとき、小岩峰基部にいたのを見ていたので、登別ルートから入山と推測。











頂上に着くと視界は無し。頂上だけスッポリ雲の中という、いつものパターン。

先行していた2人組みが見当たらない。

スキーで東斜面を滑降した跡があったので下のほうに居るようだ。

ただ、上がってくる気配がなく時折、会話している声と何か木を叩くような音が聞こえてくる。

雪稜沿いを下りながら、目を凝らしてずーっと下の樹林帯を見るが人影は見えない。

壮瞥ルートを下山しながら振り返って見ても下りている雰囲気が無かったので、泊まりかな?。


先週、踏み抜いた場所が危険なので、此処を通らないように木を刺しテープを付けておく。






















先週、今週と午前中は春らしく午後になると冬のような天気。

雪が腐れてくる時期にはまだちょっと早いようで、さすがに3月の山だ。




2週間ぶりのオロフレ山は春の気配


今日は天気が保障されているようなので壮瞥ルートに向かう。



壮瞥ルートにも登別ルートと同じようなアーチがあった。

昨年までは右手を登ることが多かったが、今年は積雪状態の関係でやや左にルートを取っている。

クラスト期待でツボ足で登ってきたが、踏み抜きがあるのでこの斜面を終え、尾根に上がったところでワカンを履く。






1003ピークから着雪の少ない羅漢岩と結氷したクッタラ湖。













小岩峰尾根のちょっとした下りで片足を踏み抜く。

焦るとアリ地獄になるので落ち着いて這い上がる。

垂直の岩に沿って出来た隙間が穴になっていた。(ベルクシュルント)

どう見ても3mの深さがあり、身体ごとスッポリだったら這い出すのが大変。(小岩峰で一度経験がある)






頂上稜線の登りに入ると、10cm厚さの表層でワカンが滑るのでツボ足に変える。

そして下を見るといつの間にか二人組が後続して来ていた。










久し振りに視界の利く頂上。

ひょっとしたら今シーズン初めてかも知れない。












頂上稜線を半分くらい下りると、ケルン平の向こうを登ってくる人がいる。(ズームなので近くに見える)

後続していた2人組みは1062コル(頂上稜線下部)で引き返し、小岩峰尾根に姿が見える。

この単独者も行き交った後、どうするのかなあ~と思いながら、帰路の羅漢岩稜線から見ていると、1062コルでUターンした。

二組とも大曲ルートから来たようだ。単独者が頂上に行くには時間が遅すぎると思っていたが・・・。





小さい山だが良い山だ。
















今日は午前中気温が高く、午後から急に冷えてきた。

このため往路に付けたトレースが、帰路崩れることなく使えて助かった。




登別ルート→壮瞥ルート


今日の天気は平地でまあまあのようだが・・・。



カルルス温泉手前から見るオロフレ山の本峰は相変わらず雲の中。

前衛の大曲尾根から羅漢岩稜線はスッキリなのだが。










クラスト期待で壮瞥ルートに入ろうと思ったが積雪多し。

3月3日に降ったのが、どう見ても固まってないようだ。

ラッセルが深そうなため、登別ルートに変更。








1062P下のいつも休憩する場所。

木に座ったり、寄りかかったり出来る。












頂上稜線に入ると視界はほとんど無く、右手になる雪稜のコンタクトラインを気にしながら登る。

頂上も視界なし。

ピッケル手前の鉄パイプはベルグラが張り付いている。








下山13分後に視界が広がる。

壮瞥ルートとの分岐に下りたところで、先週と同じように思案・・・。

現在12時50分。

帰路を羅漢岩稜線に取る。







ここまで雪量の少ないブッシュ帯では雪面が薄く、踏み抜きが多かった。

○印のところは例年氷化した雪壁だが、今年は段々畑のように起伏があり、上り下りし易い。










抜け口向こう側の草付き斜面が露出しているのは初めて。

例年は厚い雪壁になっている。











羅漢岩稜線を振り返る。

稜線歩きに入ると空はドンヨリになったがその分写真が綺麗に取れる。











1003Pから壮瞥ルート出合まで、やはり雪深かった。

取り付きを登別ルートに変えて正解だった。











しかしその分、車までトンネル歩きがあるわけで・・・。

丁度真ん中に標識があったのでカシャッ。














先週と今週で壮瞥ルートを往復したが、やはり積雪量が少ない。

このまま春になってしまうようだ。


次週は所用のため山行きは休みです。


| ホーム |


 ホーム