FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
まとめ

早朝登山の始まりです



昨晩は少しの雨と強風が吹いていた。

昨日、カルルスゲートの時間規制が解かれたはずなので早朝登山に向かう。

小雨模様で風はほとんど無い。





車道は強風のため小枝が散乱しており、オロフレトンネル近くに来ると、アイスバーン状態。

今週、夏タイヤに変えたので、神経を使いながら走り、トンネル内の駐車帯に車を置く。

そして登別ルートに取り付く。





画像は下山したときに撮ったもの。


いつものルートは笹が露出しているので、最左の沢を登る。

冬場は危険なので入らないが、今時期は快適に登れる。

しかし、新雪が溜まっている所以外はアイスバーン。

ストック使用ならアイゼン必携。
アイゼン無しならピッケル必携。

装備、服装は冬山仕様のままだが、先週までザックに入っていたアイゼンを今日から外していた。

かなりの後悔!と反省!

抜け口の稜線に着く。

小雪が降り始め、アイスバーンの上にうっすら雪が乗っかり出した。

帰路の下りは太陽が出るか、温度が上がって、カガトで踏み込みが出来ることを期待。








頂上は先週と変わらない積雪量。

登ってきたルート全体が完全クラストしており、U字形に深く掘られた、頂上稜線の夏道の上を歩かなければ、踏み抜きは一切無かった。










下山途中の沢の中に、垂直3mくらいの氷化した雪壁があったので少し遊んでゆく。

固くて蹴り込みは利かないので、ピッケルでカッテング(昔バケツを掘ると言った記憶が?)しながら階段を作って登る。

現在の時刻8時04分。

先週までは、自宅で山に行く準備をしていた時刻だ。












登別ルート出合から道路に下りると、少し緩んだアイスバーンの上に新雪が積もっている。

車を走らせ、時速20km?10km?くらいでブレーキを踏むとABSが作動する。

道路に雪が無くなる所まで慎重に下った。











今季、唯一アイゼンを使用しなければいけない日が今日だったとは。

昨晩の強風と低温の早朝登山を甘く見ていた。

アイゼンがあればスタスタと快適だったのに・・・。

低山とはいえ、1,231mのオロフレ山は警鐘を与えてくれる良い山だ。


5月1日(日)は山行きを休みます。





今日で9時入山終了



週始めの週間天気予報で金、土、日に雨マーク。

3日も雨は降らないだろうと希望的予想。

金、土は一日中、雨降りだったが、昨夕の予報で今日は晴れマークが出てきた。

夜半に雨が止み、今朝良さそうな天気の中、いつものようにオロフレ山へ向かう。





壮瞥ルートから入山。

さすが今の時期になると、平地の雨が山では雪に・・・は無かった。

とはいえ、雨が滲み込んで若干グサグサになった上にうっすら新雪も。

写真は小岩峰手前の羅漢岩稜線斜面に、顕著に現われてきた夏道。

先週、ブッシュに嵌りながらも歩けた、右上の稜線沿いは今季終了。


頂上の積雪は70cm。

右手奥にある板看板標識が出てくるのも、もうすぐ。












足跡は登りのもの。

視界が無いとき、左側をグリセードや尻セードをすると、ポンと飛んで滑落します。











十分にラインから離れてやる分には問題なし。

大して長さは無いですけど。












三角鉄板岩周辺も春になってきた。














1003Pから駐車場を見ると、向こうのチングルマのお花畑の雪融けが早い。

















時間通行規制解除が28日の予定なので、次週からはようやく山の基本なる早出、早着ができる。




低温気味の中オロフレ山へ



昨日は朝から昼過ぎまで雨が降っていた。

そして今日の朝は低温。

山はどうなのかなぁ~と思いながらカルルス近くに来ると、若干の新雪が道路脇に見られる。

車を走らせる途中、登別ルート出合を見ると、ブッシュの露出が多くなっており、そろそろ終盤の模様。





壮瞥ルートから入山。

すごく登り易い硬さのクラストで、靴のつま先、アウト、インのステップが小気味良く切れる。











2週間前に比べ雪融けが進んでおり、羅漢岩稜線、小岩峰の尾根沿いはブッシュ帯の踏み抜きが多いため、雪の多い部分を選んで歩く。

1062P経由の冬ルートは既に終わっていた。

あと一月半もすれば咲き出すシラネアオイ群生地の、1062Pを廻り込む夏道を行く。







オロフレ山で一番先に雪が融け出す頂上稜線の三角鉄板岩の下部。

岩混じりで斜度があるため陽に反応しやすく、市街地からもおぼろげに見える。

下から見て、黒い部分が増えたら「融けたな」白くなったら「降ったな」と判断できる。







頂上の雪も30cmくらい減っていた。

今日(今)は強烈な風で、足を踏ん張っていないとグラつく。











羅漢岩B沢左股の抜け口。

この2週間で上部の雪壁も融け落ち、笹の壁になっていた。














GWウィーク前に時間帯通行規制が解かれるので、再来週以降は早朝入山ができる。

朝早いうちに快適なキックステップで登りたいものだ。帰路はズボズボ埋まるのだから。




夏は幼稚園児でも登れるオロフレ山


明日のオロフレ山行きは所用のため中止です。


今冬期のオロフレ山は例年になく入山者が多かったと思います。(日曜日の場合)

年々増えているようですが、決して私のブログを参考にして登っているのではなく、それは行き交った登山者との会話で分かります。

皆さん、装備、行動などは完璧で全く問題ありませんが、私のように毎週同じ山を登っているが故、甘くみると危険を伴う、という例を上げておきます。


滑落::意味のない行動で発生。
ビバーク::荒天を甘くみて発生。
雪崩::登ったルートが翌週デブリで埋まっていた。


夏道、壮瞥、登別、大曲ルートは悪天候以外、危険な場所に入らなければ全然問題なし。

羅漢岩の沢、ルンゼは困難さは全然ないが、落石、雪崩の危険度が大きい。




滑落 【2010年05月02日】
視界不良の中、実線をグリセード下降したのが原因。
雪稜を跳び越えて滑落。
記憶では15m尻滑り後反転、ピッケル制動15mで停止。


2010年1月10日撮影分

現場はここに似たもう1つ下の急な雪稜












          尻滑り                       ピッケル制動



雪洞ビバーク 【2011年01月30日】
急激な天候悪化(強風、降雪)のため頂上稜線から下山できず。
ピッケルとワカンで2時間掛けて掘る。
翌日腰ラッセルで下山に2.5倍の時間を要す。


雪洞入口














          吹込み防止対策                     16時46分



雪崩
羅漢岩B沢左股は雪崩が終わってから登っている。(落石は常に要注意)
Eルンゼは2010年04月18日に登った翌週、デブリで埋まっていた。
登別ルートで、左側の沢は側壁からの落雪と上部にある雪庇崩壊の危険があるため、春まで入ってはならない。

















     B沢左股 2010年04月25日              Eルンゼ 2010年04月25日





今季の羅漢岩ルートは、プロフィールの「無理せず、エスカレートさせず」の初心に還るため止めることにしました。

夏は幼稚園児も登ります。


4月ですねぇ~



昨日、今日ともに朝、窓から外を見ると日が当たれば融けそうな雪がとうっすら。

オロフレは新雪が積もったかな?と思いながらいつものように向かう。





オロフレトンネルに入るまでに、4つの覆道がありこれは4つ目。

これを抜けた右側の小さな沢が登別ルート出合。

正面の雪面の上が展望台(夏の登山口)になる。










今日の写真はこれが唯一まともで、他は白飛びが酷くてまともに写っていなかった。



新雪ラッセルの可能性が高いので今日は登別ルートから入る。

雪が吹き溜まった所は膝くらいあったが、吹き払われた部分はクラスト気味で快適にツボ足で登る。

小岩峰に着いて羅漢岩稜線を見ると単独者が歩いていた。

ズームをかけ4枚撮った中で、陽が陰った時のこの1枚だけ少しまともだったが、人は写っていなかった。




先週、テープを付けた場所の陥没穴は、ほぼ埋まっていた。

帰りに、分かり易いよう穴を広げておいた。


















1062Pの肩でいつものように休憩しているうちに、廻り込んでコルに抜けた単独者が先行していた。

Wストックとスノーシューでガシッ!ガシッ!と力強く登って行く。










頂上手前で下山してきた単独者と少し立ち話。

札幌から来た方で「オロフレ山は良い山ですね」とも。

首からぶら下げた重そうなカメラで写真を撮りながら下って行く。








帰路、羅漢岩稜線に向かう単独者。(スコップとピッケルがザックに括り付けてあった)

小岩峰尾根で追いつき、分岐で壮瞥ルートと登別ルートに別れた後の一枚。












今日の入山時の気温は-4℃。

先週、先々週とは逆で、昼から気温が上がり気味で雪も重くなってきた。

今年はガチッとしたクラストに当たっておらず、このままアイゼンを履かないうちに春になってしまいそうだ。



| ホーム |


 ホーム