FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ14年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

しつこく雪と戯れオロフレ山



昨日は一日中、夜中まで雨が降り続いていた。

今朝起きてみると(4時台)小雨模様だったが、天気予報は曇りなのでとりあえずオロフレ山に向かう。





壮瞥ルート出合いになる、トンネル入口がかすかに見える。

視界は20mくらい。

沢の水が岩の間から出ていたが、残雪ルートとしてOKなので取付く。








1003P手前の夏道と壮瞥ルートの分岐辺りにテープを付ける。

過去に2回くらい視界無しの下山時、夏道方面に間違って足を運んだことがある。

帰路、浅い足跡だと暖気で融けてしまい見失うことがある。

ここからは間違って下りてもなんとでもなるが、なし崩しにすることは良くない。

どんな山でも残雪(雪渓)と登山道(夏道)の接点は見つけにくいものだ。

小岩峰の尾根は前回で終了。

夏道が露出していない斜面のトラバースが続く。












鉄パイプ基準で、60~70cmあった頂上の雪が無くなっていた。

右奥の板看板(75cm)の頭が出てきたので、その付近はまだ60cmの積雪がある。

中を取って頂上の積雪は30cmくらいにしておこうと思う。







頂上稜線上部は夏道がかなり露出しているが、登りも下りも東側の雪稜をルートにする。

ガリガリではないので歩きやすい。











雪壁ボルダリング

小岩峰尾根の退化した雪庇の壁(高さ3m)で、今週も遊んでゆく。

先週と違って軟らかい壁のため、左手のホールドが作れず難儀する。

ハング気味の×のほうは2回ともスタンスが崩れ落下。

抜け口の傾斜が緩くなった○のほうで成功。

力が入ったので、今日の登山で唯一息切れを覚えた。





市街地から見える頂上稜線が大分黒味を帯びてきた。

展望台ゲートが開くまであと一ヶ月あまり。

もう少しだけ静かなオロフレ山を楽しめそうだ。




| ホーム |


 ホーム