FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

入山時気温4℃



今日も好天が見込まれる早朝、オロフレ、来馬に向かう。



オロフレ山 入山時刻4時20分 気温4℃

天気は良いが気温が低い。

頂上もヒンヤリして気持ちが良い。












四葉塩竃:3ヶ所だけに咲いていた。

来週以降、白山千鳥に代わり、登山道沿いにびっしり咲き出す予定。

四葉塩竃と白山千鳥は見た目が似ている。









紅花一薬草:この花は2ヶ所でしか見ることが出来ない・・・と思う。
















来馬岳 下山終了時刻9時53分

久し振りに来馬岳からオロフレ山全体を見たような気がする。

来馬岳の白根葵と山荷葉は終わり、オロフレ山のように週代わりで咲く花もない。













来週は早や7月。

6月のように好天が続くかな?

梅雨前線が上に押し上げられないよう期待したい。



涼しいオロフレ山と暑い来馬岳



6月に入ってから好天が続いています。

この地方特有のガスと霧雨が何日も続くような天候は今のところまだです。




オロフレ山

遠望は利かないが、穏やかな晴れの頂上。















登山道沿いに多く目立った岩鏡と白山千鳥             駐車場そばの珍車のお花畑





来馬岳

頂上直下のシラネアオイとサンカヨウはそろそろ終わり。














第二リフト降り場の板敷きで、仰向けになったら飛び込んできたケーブルを送り出す円盤。

この円盤が作る日陰で少し休んで、20分下って登山口へ。













早朝のオロフレ山は涼しいが、日が照りだす来馬岳は暑くなってきた。

今時期の午前10時半頃終了の登山で暑いと言ったら笑われてしまいそうだが・・・。




夏山の始まりです



展望台ゲートの通行止めは、予定より早めの6月8日に解除されていた。

3週間前は冬山装備で登っていたのが嘘のように、登山靴、ザック、服装が夏山モードになり、ピッケルの代わりにストックを一本手に持ち入山。




オロフレ山

朝が早いうえ霧雨なので、どのシラネアオイも花は閉じたまま。

既に終盤に入っており、白っぽく変色気味が多い。

先週辺りが最盛期だった様。








入山時、登山口に車が1台停まっていたが、仮眠していたようで私が1番乗りだった。

頂上は肌寒いので早々に下山。

下山中に合羽を着た3組の登山者と行き交う。私は傘を差しながらの下山。

登山口に着いた頃霧雨が強くなってきた。車の中で待機している人達が3組ほど。

次々と車が上がってきており、天気も回復しそうなので、今日はかなりの人出になりそうだ。




来馬岳

頂上直下の左斜面は、シラネアオイの群生。














右斜面はシラネアオイとサンカヨウの群生。

写真に入っていないが右手前の斜面に、サンカヨウが何十も花を咲かせている。

これだけのサンカヨウを見るのは、毎年来馬岳に通っていて初めてのこと。








今日はオロフレ山より来馬岳のほうが花盛り。














頂上着9時27分。

オロフレ山の冷たい霧と違い、気温が上がり始めたのかガスが暖かく感じる。














オロフレ山域も短い夏山シーズンに入った。

昨年のような猛暑にならないことを祈り、あまり好みでないが2ヶ月間の夏山を満喫したいと思う。




冬期オロフレ山が終了です



明日のオロフレ山行きは休みになりましたので、10~11年度を振り返ってみました。


今年度は冬の訪れが早く10/31に雪のオロフレ山となった。
シーズンを通して大荒れの日は少なく、通行止めになったら登るサブ山の来馬岳は1回だけだった。
積雪量は昨年度に比べ少なく平年並みで終わる。
しかしビバークに至った1/30~31は、あなどれないオロフレ山の一面を見せてくれた。

10/31(日)オロフレ山夏道ルート 早い冬山の訪れ
11/07(日)オロフレ山夏道ルート 頂上は雪だったが雪が融けたので無雪期扱い
11/14(日)オロフレ山夏道ルート 登山道は雪道
11/21(日)オロフレ山夏道ルート 寒暖で登山道は雪が有ったり無かったり
11/28(日)オロフレ山夏道ルート 本格的冬山ラッセルが始まる キレット撤退
12/05(日)オロフレ山夏道ルート 雨で積雪減。容易に頂上へ
12/12(日)来馬岳 荒天でカルルスゲート通行止
12/19(日)オロフレ山夏道ルート 小岩峰手前撤退
12/26(日)オロフレ山登別ルート 30m入って撤退
01/09(日)オロフレ山登別ルート ケルン撤退
01/16(日)オロフレ山登別ルート 1062P撤退
01/23(日)オロフレ山登別ルート 久し振りの頂上
01/30~31(日)オロフレ山登別ルート 頂上下でビバーク
02/06(日)オロフレ山登別ルート 先週撤退してた単独2人と頂へ
02/13(日)オロフレ山登別ルート 壮瞥ルート取り付き後変更して登別ルート
02/20(日)オロフレ山登別ルート 快適な冬山
02/27(日)オロフレ山壮瞥ルート 下山は登別ルートへエスケープ
03/06(日)オロフレ山壮瞥ルート 下山は壮瞥ルートを取る
03/20(日)オロフレ山壮瞥ルート 春の気配
03/27(日)オロフレ山壮瞥ルート 危険なシュルントを見る
04/17(日)オロフレ山壮瞥ルート 下山時の雪が重くなってきた
04/24(日)オロフレ山壮瞥ルート ステップが切れる快適な春山
04/29(金)オロフレ山登別ルート 今季唯一アイゼンが必要だった日
05/08(日)オロフレ山壮瞥ルート 最終の壮瞥ルート
05/15(日)オロフレ山夏道ルート 雪の中ショウジョウバカマが見え出す
05/22(日)オロフレ山夏道ルート 一気に残雪が解け出す



旧室蘭土木現業所のHPをみると、展望台ゲート解除は6/14予定になっているが、今年は早まりそう。


| ホーム |


 ホーム