FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

7月最後



週間天気予報にズラーッと、曇りマークが並んでいる一週間。

今朝も霧雨の中、オロフレ山へ。




オロフレ山

入山時、下山時共に気温は12℃で肌寒い登山だった。

頂上は10℃を切っていたかも。

頂上も含め行動中の視界は終始50mくらい。









登山道沿いは這弟切が真っ盛り。
















来馬岳

入山時が小雨で登るにつれ霧雨、そして頂上は薄曇で明るくなっていた。

写真では上に青空に見えるが、実際は明るい曇り空。


下山に入ると8合目あたりからガス霧雨と、下に向かうほど天気は悪くなった。






第二リフト降り場の手前の道に6月末から見られた狸の糞。

最初は羆の糞かと思ったが、一週間毎に増えており4~5回分と思われる。

ネットで調べて見ると「狸のため糞」というものらしい。

あと2ヶ所、5合目前後の登山道路にも先週から有り。







あっという間に7月の盛夏?が終わった。

炎天にバテルことが無いまま夏山が終了しそうな気配。



真夏の爽やかな登山日和



昨日の天気予報では雨マークがあった。

が、今朝起きてみると天気は良好の様子。




オロフレ山

頂上近くまで来て振り返ると、雲の流れがなかなか良い。

羅漢岩稜線が雲に霞んで影のように見える。











樽前山の左奥に夕張岳。

オロフレ山から見える確率が少ない山である。(というか晴れるオロフレ山頂が珍しい)











2週間ぶりのオロフレ山だが、四葉塩竃がまだ頑張っていた。

這弟切も負けじと割り込んで咲き出している。













来馬岳

穏やかな頂上。














今年、たくさんの花が咲いたサンカヨウの実があちこちに。

食べてみたが、酸っぱ味より苦味がちょっと強い感じ。














来馬岳のゲレンデの登山道は、夏と思えない爽やかな風が通り抜けていた。

ここ何日か気温が低かったが、それは山でも感じられた。




あれっ通行止め?



懸念していた梅雨前線が押し上げられ、ここ3日間くらい雨降りが続いている。

エゾ梅雨に入ってしまったのか?


昨晩は結構な雨量で降っていたが、今朝は霧雨程度なのでオロフレ山に向かう


ところが・・・





道道から展望台への分岐ゲートに通行止めの看板が!

土砂崩れでもあったのか?

どうしようか思案・・・。

室蘭建設部へ問い合わせるにも、現在4時37分、ちょっと早すぎる。

霧雨の中、舗装道路を歩く気になれず、オロフレ山は止めて来馬岳へ。


実際は歩行も違反なのだが・・。



これと同じ看板をくったらさんのブログで見ていたので、まさか・・・。

・・・自宅へ帰ってから確認すると『雨が続いていたため昨晩から通行止めにして今朝7時に開通させた』とのことだった。



来馬岳

ここから登山道らしい道が始まる。


毎年秋春の2回、地元山岳会が整備をしてくれるので登山道は快適。










頂上の視界は全然無し。

















さて、蝦夷梅雨らしきものはいつ明けるのか?

温暖化の影響で“北海道も梅雨が当たり前”にならなければいいが。



今日も涼しいうちに



夜中に強い雨が降っていたが、起床時刻には小雨に変わっていた。

よほどの強い雨で無い限り、登山口まで行き、そこで入山するかを判断している。


今日は登山口に着くと濃霧。雨も降っていないので入山。




オロフレ山

頂上は奥の板看板が見えないほどの濃霧。

パイプ下には千島風露。












基本的に写真は下山時に撮っている。


蝦夷カンゾウ、千島風露、四葉塩竃が頂上稜線登山道沿いに多く咲いている。










登山道沿い全体に、次に咲くのを待ち望む、這弟切が列を成している。













下山終了。濃霧ですぐそこにある車が見えない。

突然、人の声と車のドア開閉の音が聞こえた後、中高年女性6~7人が姿を現した。

聞けば福岡から来たグループということ。

夏のオロフレ山は濃霧でも危険性が少ない山だと説明してあげる。








来馬岳

濃霧で気温の上がらない涼しいうちに頂上へ。



しかし下山半ば頃から青空が広がり出し、気温もグングン上がり暑くなってきた。









帰路、車の中から。

白線の登り(第2リフト降り場→ゲレンデ終点まで)は普通に30分くらい掛かる。

来馬岳は晴れたが、オロフレ山を見ると標高1000m以上はまだ雲の中。











今日はグイーンと暑くなる前に終了。

さて来週以降の天候はどうなるかな?



私にとって登山日和



早朝、自宅を出るときは霧雨模様だったが、カルルス温泉を過ぎると空気は乾いていた。


オロフレ山

頂上周辺の視界は良いが、南東の太平洋方面は雲海の中。

その他の方向は山並みが霞んで見え、標高1000m下は切れ切れの雲海。




下山終了時、駐車場周辺1000m前後はガスにスッポリ包まれていた。




四葉塩竃が咲き出している。

蕾を持ったのがズラーッと並んでいるので、来週以降、頂上稜線登山道沿いを占領するだろう。










赤物::もう少し良い名前を付けてやればいいのに・・・。

登山道沿いに結構目に付いた。












来馬岳

登山口から見たゲレンデ下部はマーガレットが花盛り。













まったく視界無しの頂上。

















今日は太陽を見ることは無かったが、雨にも当たらなかった。

適度に湿気があったので、喉も渇かず私としては好みの天気だった。




| ホーム |


 ホーム