FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

今週の山行きは休みです

2012年9月29日(土)

今週は所用に付き山行きを休みます



休み及び中止のときにUPしています

“厳冬の利尻山”

東壁
バットレス
南稜
大槍
P2
ヤムナイ沢
マオヤニ沢
仙法志ローソク岩
仙法志第2稜

が美しい!
利尻山

秋の空気と積乱雲

2012年9月23日(日)

先週、雨マークが並んでいた週間天気予報は全然当たらないで好天続き。

しかし日中の暑さもそろそろ終わり朝晩涼しい。



2012-09-23_06-02-14.jpg
登山道は第二リフト降り場を回り込んでゲレンデ直登。
現在時刻は6時ちょうど。


2012-09-23_07-18-34.jpg
視界は無いが明るい曇り空。
たぶん下から見ると頂上だけに、雲が被さっていると思う。


2012-09-23_08-15-44.jpg
カルルス山に向かう途中の登山道を横断している大木。
来馬岳の7合目手前にも同じようなのがある。
しゃがんでくぐりぬける時に膝と腰がキッツーイ!(年齢と共に)


2012-09-23_08-33-40.jpg
人に出会ったことが一度もないと思う、カルルス山の頂上。


2012-09-23_08-47-22- 25
展望岩から。。
来馬岳頂上は雲が強い風に乗って、次々と通り過ぎてゆく。
室蘭岳方面は積乱雲がモクモクと。



今日は秋晴れの登山日和だったが、雲の流れが早く天気の変わりかたも早かった。
今年の秋は短いかな? 待ちわびる冬の到来はどうなるものか?

来馬岳・・だけ

2012年9月16日(日)

週間天気予報は今日から4、5日雨マークだったが、直前で今日だけ曇り/晴れに変わった。

頂上が雲に被われている来馬岳、オロフレ山を見ながらカルルスに向かって車を走らせる。



2012-09-16_05-44-52.jpg
ゲレンデ中間部から上部にかけての草刈りが終わっていた。(茶色の部分)


2012-09-16_07-18-16.jpg
6合目を過ぎてからポツポツ降り出したので傘を差して登る。
7合目から強い雨に変わったが、頂上に着く頃には小雨。
雨に濡れるより登山道に被さった草や笹で上半身もビショビショ。


さすが頂上に来ると風を伴った雨になっていた。
うーん、カルルス山はどうしようかな?
濡れた身体でカッパを着るのもイヤなので下山。


2012-09-16_07-54-58.jpg
6合目辺りから下はパラパラ雨で、遠くの向こうに青空も見えてきた。
細い登山道は枯れ草に隠れているので、好きなところを真っ直ぐ下る。




それにしても暑い日が続いている。
一雨ごとに夏は終わりを告げてゆくのかな?

休み(中止)

2012年9月8日(土)

今、青空が出ており凄くいい天気だが、天気予報は日曜日(明日)だけ雨で、午前中は強雨になっている。

天気予報を信じて明日は中止にしました。



休み及び中止のときにUPしています

“厳冬の利尻山”

東壁
バットレス
南稜
大槍
P2
ヤムナイ沢
マオヤニ沢
仙法志ローソク岩
仙法志第2稜

が美しい!
利尻山

9月に入った来馬岳とカルルス山

2012年9月2日

昨夜、就寝する時に小雨が降っていたが、今朝には止んでいた。
雨で濡れることはないだろう、と思いながらカルルスに向かう。



5合目の入口からは雨が降ってなくても傘の出番である。
一部登山道に被さっている草に付いている露や虫を傘で押しのけながら登る。
昨年まで年一度はダニに食われ病院に行ってたが今年はまだ無し。
2012-09-02_06-08-16.jpg


湿気を帯びた曇り空で視界はほとんど無し。
2012-09-02_06-47-06.jpg


カルルス山への登山道はまだ新しいため水分を含んだ時クッション良く足に優しい。
多くの登山者に踏み込まれ固くなったオロフレ山などは優しく無い。
2012-09-02_07-37-58.jpg


ガスっても晴れても林に囲まれひっそりした頂上。
2012-09-02_07-57-50.jpg


大岩とか展望岩とか、勝手に名付けている休み処。(定員1~3名)
2012-09-02_08-11-34.jpg


帰路、ゲレンデ中間部からは自由にルートを取って下る。
2012-09-02_10-07-46.jpg



来馬岳9合目辺りで1~2分間陽が射したとき、ジリジリと暑いなぁ~ と思ったが、それ以外はガスの中で涼しかった。

| ホーム |


 ホーム