FC2ブログ

プロフィール

オロフレOnly

Author:オロフレOnly
遠ざかっていた山を20数年ぶりに復活させ13年。春夏秋冬、週一で一つの山だけを登っています。また封印していたクライミングを2017年春から再開。

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

旧ブログ2007/6/27~2011/11/27 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

山行き中止

2012年10月28日(日)

朝起きてみると天気予報通り、下り坂の空模様で雨になりそう。
厳冬期の寒さより今時期の雨に打たれる冷えのほうが嫌いなので今週も中止です。


休み及び中止のときにUPしています

“厳冬の利尻山”

東壁
バットレス
南稜
大槍
P2
ヤムナイ沢
マオヤニ沢
仙法志ローソク岩
仙法志第2稜

が美しい!
利尻山

本日の山行きは中止というよりお休みかな?

2012年10月21日(日)

天気予報は日中晴れマーク。
家を出発してカルルス温泉に着くと雨。
展望台駐車場は車が揺れるくらいの風と小粒の雨が吹き付けてくる。
2℃の気温で無理して入山する気がしない。
西の空の雲が時々切れてくるので1時間も待てば晴れると思うが今日は止めにする。
過去ログをみても毎年今頃は休みが多いです。

2012-10-21_07-07-22.jpg

風が無く暖かなオロフレ山とカルルス山

2012年10月14日(日)

カルルス温泉ゲートに7時ころ着くと既に開いておりフリーだった。
今年5月からの土砂崩れ復旧工事が終わって24h通行可になったようだ。


2012-10-14_08-24-02.jpg
今日は風がほとんど無く、寒さを感じず頂上に着いた。


2012-10-14_08-33-46.jpg
頂上を少し下りてから周辺を見渡しても紅葉がほとんど見られない。
もともとオロフレ山自体に紅葉は無く、標高1000M以下に見られるのだが。


2012-10-14_09-48-42.jpg
カルルス山への登山道は笹刈りが行なわれていた。
先週は笹を掻き分けて進む場所もあったが、今日は濡れることなく登れた。


2012-10-14_10-19-28.jpg
カルルス山の頂上は林の中。


2012-10-14_10-55-28.jpg
帰路、この辺に来るとオロフレ山の全景が見られる。
展望台駐車場まで後15分くらい。


展望台ゲートに11月2日から冬期閉鎖する旨の看板が掛けてあった。

そろそろ道路事情も冬支度が始まってきた。

今日からオロフレ山

2012年10月7日(日)

春からずーっと日の出の時刻頃に起床して山に向かっていた。
が、日の出時刻が遅くなってきたので、早朝の来馬岳登山は止めオロフレ山に変更。
しかし未だカルルス温泉ゲートは19時~7時の夜間通行止め継続中のため、7時の開門を待ってオロフレ峠へ。



2012-10-07_07-21-20.jpg
先行一組、2番手私、3番手が準備をしている。一台は展望台からの見学者。


2012-10-07_07-43-56.jpg
5ヶ月ぶりのオロフレ山。
登る山は天候によって近くに見えたり遠くに見えたりするが、体調によってもそうなるのが不思議だ。


2012-10-07_08-29-16.jpg
頂上稜線下部で先行下山中の札幌のご夫婦に出会った。
ここ数年、夏場に何度か出合っていたが今年初めてになる。
ご夫婦は壮瞥側から来ているので、通行止めに関係なく早朝入山できる。
(通行止区間はカルルス温泉~オロフレ駐車公園)


2012-10-07_09-20-54.jpg
帰路1003Pから展望台駐車場を見下ろす。
下山中、6組の登山者と行き交った。


2012-10-07_10-28-46.jpg
オロフレ山を下りた後、カルルス山へ。
このすぐ上がカルルス山頂上。


2012-10-07_10-30-00.jpg
カルルス山頂上からの展望は全く無いが、入り口から唯一オロフレ山の頭が見える。


2012-10-07_11-07-54.jpg
カルルス山を往復して戻ると登山者の車が増えていた。
昼近くからでも登ることができる手頃な山所以か。



今週か来週中にカルルス温泉ゲート直ぐ上の決壊修復工事が終わり、24時間通行になるらしいが、追っかけ冬期夜間通行止め(17時~9時)になるので何とも・・・。

昨年までのオロフレ山+来馬岳
今年からの来馬岳からカルルス山 or オロフレ山+カルルス山。
この3パターンが無雪期の山行きに定着したと思う。



| ホーム |


 ホーム